FC2ブログ
Calm breathing
独学ピアノの記録
クリスティアン・ペッツォルト作 メヌエット ト短調 と 「弾けそう感」
2015年03月02日 (月) 20:44 | 編集


バッハ アンナ・マグダレーナのためのクラヴィーア小曲集 3番 クリスティアン・ペッツォルト作 メヌエット ト短調

これも、かなり有名なメヌエットだと思う。これも、2曲目の「ト長調メヌエット」同様に、最近までバッハ作曲だと思われていたのかな、確か。

短調は長調と比べると弾くのが苦手である。嫌いとは違う。なんとなく感覚に合わない。ひとそれぞれ体内リズムがあるという話し聞いた事があるが、自分の体内リズムと何か違うかのような感覚的問題。たぶん、得意な調・不得意な調なんかも感覚的にあるのだろうな。この作曲家には、この調の作曲が多いとかがあるように。そんな感じで、イマイチしっくり来にくいのが僕にとっては短調なわけだが、この曲はバロックなだけまだいい方か。(ちなみに、アレグロ、長調、古典が一番弾きやすい。逆に、苦手は、テンポ遅めのロマン派短調。)嫌いとかではないので、こんなふうに曲集をやっていくなかで弾いていくのはいいものだ。

さて、タイトルの「弾けそう感」について。最近、やたらバロックにはまって、ずっとバロックばかりを聴いたり弾いたりしていたせいか、ふと、シンフォニアを聴いてみたところ、以前は、分かりづらかった多声の旋律が、はっきり聴こえるようになっていた。以前は無かったこの感覚!これは弾けるんじゃないかと思った。まず、聴けなければ満足に弾けないと思う(英語でヒアリングが出来ないとしゃべれないようなもの)。聴けても弾けない場合は、指がまわらないとか動かない場合だが、自分のテクニックの許容範囲はメトロノームの速度などでおおよそは確認済みだ。それで、特にはっきりと聴こえてきて、弾いてみたく思ったものにチャレンジしてみようと思う。3月は忙しいから仕事が落ち着いてからだけれど。「トンプソン1」みたいな導入教本まで弾きたくなるように、易しい曲も好きなのはたくさんあるけれど、弾ける曲が広がっていくことは純粋に嬉しい。
コメント
この記事へのコメント
こんばんは~
お久しぶりになりましたがこの曲きれいですよね。
私も以前はピアノを開けたらまず日課のようにこの曲を弾いていました。
Yukinagiさんは優しい音が好きなんですね。スタッカートや装飾音からそんな感じが伝わってきます。

私はこの曲、結構長い間バッハだと思って弾き続けてきましたよ・・・^^;
2015/03/18(水) 00:43 | URL | ゼロシン #SCcZ2HBI[編集]
ゼロシンさん
こんにちは。
ゼロシンさんはブログで割とバロックを弾いておられると思ってましたが、この曲はとりわけ気に入られていたのですね。

> Yukinagiさんは優しい音が好きなんですね。スタッカートや装飾音からそんな感じが伝わってきます。

昔は刺激の強い曲や変わった曲が好きだったのですが、最近は、ピアノや音楽に対し、刺激より癒しを求めるようになってきました。そのあたりの影響もあるのかなと思います。

> 私はこの曲、結構長い間バッハだと思って弾き続けてきましたよ・・・^^;

まだバッハ表記のままの楽譜も販売されていますね。バッハの時代はバロックが主流だったということに加えて、バッハも当時、他の作曲者(ベーム氏とかにしても)の影響を受けて作曲していたこともあり、アンナ~に入っている曲は違和感のない統一性があるように思います。
2015/03/20(金) 09:49 | URL | Kyo Yukinagi #-[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Template by 【投資信託のことなら】投信Web /

Powered by .