FC2ブログ
Calm breathing
独学ピアノの記録
プレ・インベンション 32番 2番
2015年02月19日 (木) 23:09 | 編集


C.G.Neefe Canzonet (C.G.ネーフェ カンツォネッタ)
A.Rowley Miniature Fugue 2. (アレック・ローリー 小フーガ2番)
プレ・インベンション巻末の弾く順番、3曲目と4曲目。

フーガやカノンはとりわけ、主旋律が左手側に移動するために、弾き分けと聴き分けが難しい。譜読みにも時間がかかりがち。こういうのは慣れの問題と思うから、どんどんやっていこうと思う。
コメント
この記事へのコメント
こんばんは~^^

1曲目は何だかほのぼのしていてRPGゲームの「村」みたいな雰囲気の曲ですね(しょーもない感想でごめんなさーい(^。^;))
小学館の偉人伝漫画で若き青年ベートーベンが「ネーフェ先生、初めて作曲したので見て下さい!」「ふむ、ベートーベン君なかなか良いよ!」って言ってるシーンがあって名前だけ知ってましたが実際に曲を聴いたのは初めてです。こんな可愛らしい曲が残っているんですね~。

2曲目もまたまた知らない作曲家でしたが比較的最近の人なんですね。近現代の曲っていう感じはしなくて素朴なバロック音楽みたいでかっこ良かったです。

リンクの件、貼らせて頂きました!
これからもちょくちょく訪問させて頂きます。よろしくです~ヽ(*^^*)ノ
2015/02/21(土) 23:31 | URL | ゼロシン #SCcZ2HBI[編集]
ゼロシンさん
こんにちは。

> 1曲目は何だかほのぼのしていてRPGゲームの「村」みたいな雰囲気の曲ですね(しょーもない感想でごめんなさーい(^。^;))

のどかな感じの曲を聴くと村思い出しますね。音を変えて弾くのも良さそうです。

> 小学館の偉人伝漫画で若き青年ベートーベンが「ネーフェ先生、初めて作曲したので見て下さい!」「ふむ、ベートーベン君なかなか良いよ!」って言ってるシーンがあって名前だけ知ってましたが実際に曲を聴いたのは初めてです。こんな可愛らしい曲が残っているんですね~。

その「先生」の一言とこの曲の印象が違っていて笑ってしまいました。
ベートベンの先生だったのですね!

> 2曲目もまたまた知らない作曲家でしたが比較的最近の人なんですね。近現代の曲っていう感じはしなくて素朴なバロック音楽みたいでかっこ良かったです。

そうですね、普通にバッハの時代の人かと思ってしまう曲ですね。
プレ・インベンション、知らない作曲家・曲が多いのですが、そのぶん、色んな曲に触れることが出来て退屈しないです。

> リンクの件、貼らせて頂きました!
> これからもちょくちょく訪問させて頂きます。よろしくです~ヽ(*^^*)ノ

こちらこそ、よろしくお願いします。
2015/02/22(日) 09:47 | URL | Kyo Yukinagi #-[編集]
2曲目の小フーガを聴いて驚きました!
私この曲幼いころに確かに弾いた記憶があります!
当時まだプレインベンションという本自体なかったと思うのですが、何かの曲集に入っていたのかなあ?
こんなところで思いがけず再会するとは!
アレック・ローリーという人 私も知りませんでしたよ。
割と最近の人なんですね。バロック時代の音楽を模して作った初心者用のポリフォニー練習曲というところなんでしょうか?

Kyo Yukinagさんの演奏は2曲とも安定感があって心地よく聴けました♪
2015/02/24(火) 07:36 | URL | 私はタワシ #5eVrhZok[編集]
タワシさん
「曲に再会」、いいなあ、と思いました。

プレ・インベンションの無い頃に、この曲の載った楽譜があったのですね~
今でこそ、プレ・インベンションという楽譜が人気出てますが、その前には、ほとんど知られてなかった曲に目をつけてある楽譜、どんなのだったのだろう、と検索してみましたが分からす。
もしかしたら、プレ・インベンションの編集者である日下部憲夫氏編集のピアノ小曲集(現在は在庫切れ)だったのかな?とか想像しました。

> 割と最近の人なんですね。バロック時代の音楽を模して作った初心者用のポリフォニー練習曲というところなんでしょうか?

そうみたいですね。模したらダサくなることも多いですが、この曲は完成度高いですね。だからプレ・インベンションの中に採用されたのだろうけれど。

> Kyo Yukinagさんの演奏は2曲とも安定感があって心地よく聴けました♪

ありがとうございます。
2015/02/24(火) 17:27 | URL | Kyo Yukinagi #-[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Template by 【投資信託のことなら】投信Web /

Powered by .