FC2ブログ
Calm breathing
独学ピアノの記録
レッシュホルン氏の練習曲(オムニバス・エチュード3巻、1曲目)
2015年01月17日 (土) 15:49 | 編集


プロフィールのところで、ルーチン教本の達成度がまだゼロになっているやつのため、アップすることにした。
なんか、色々と弾き貯めは貯まってきているのだが。

しかし、これは全音第3課程くらいの練習曲集なため、そこそこ時間がかかった。もはや復習感覚ではないな・・・
かなり右手の小指を使わせられる曲だった。でも、流れが美しく、かなり好きな曲だった。

最近は、自分で弾いた上での教本研究もしてみたいと思うようになった。そこで、近いうちに前サイトから、バイエル全曲、ブルグ25全曲、ソナチネの音源を持ってきて感想など書こうと思っている。教本の進め方とか、色々と興味あることが多く。

例えば、昔の王道は、
バイエル→ブルグ25&ツェルニー100を61くらいまで→ソナチネ&ツェルニー30
もしくは、
バイエルかメトードローズ→ブルグ25&ピアノのアルファベットABC→ラジリテ→ソナチネ&ツェルニー30
だったのが、最近、ツェルニー20というダイジェスト版が出て、ツェル100が弾かれなくなってきた代わりに、ポリフォニー(プレ・インベンション、アンナ・マグダレーナなど)や、全調のスケールを初期から取り入れることが多くなってきたという。

昔の王道、最近取り入れられていっているもの、その他の教本の検証など、「全て自分で弾いてみること」で、試してみたいと思っている。もちろん、一度には出来ないから、少しずつ、それ自体を楽しみながら、である。

とりあえず、全調のスケールをはじめてみた。
黒鍵アレルギーは、そのあたりをやってきていないところからはじまっている気がするからである。
いきなり4オクターブのスケールを弾くのではなく、初心者向きに、1オクターブから書いてあるというバスティンの本を買ってみた。

なんだか、することが一杯になったが充実したピアノ生活になっていきそうだ。
・・・時間が欲しい!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Template by 【投資信託のことなら】投信Web /

Powered by .