FC2ブログ
Calm breathing
独学ピアノの記録
フランス組曲4番 メヌエット
2014年11月15日 (土) 11:54 | 編集


フランス組曲は6番まであり、1つの組曲に付き、6~8曲が入っている(計41曲)。そのため、全部やろうとすれば、そればかりすることになってしまうために、長調から1つ、短調から1つ選んですることにした。気に入った4番と2番を選択。これで合計14曲。
まずは4番をやるが、4番は7曲入りで、どうせ一度には練習できないから、易しそうなものから弾いて穴埋めしていく。まずは、メヌエット。次は、エア(Air)の予定。
今回のメヌエットは、暗譜は面倒だったが、それはバッハ全般に大体共通していることだ。それを抜きにすれば、割と弾きやすかった。

現在の進行状況。
今のところ、ツェルニー100番を12まで、アンナ・マグダレーナの2と17と18が完成していて、インベンション4番は撮りなおしのための弾きこみをしている。忙しいときのために弾き溜めしながら、徐々にアップしていく予定。

それから、ルーチン教本に1冊追加。「ルモアーヌ こどものための50の練習曲」。第2~3課程のものだが、フランスの作曲家で、好みのためにツェルニーに飽きたら交互に弾くことにした。最近、易しめの練習曲が楽しい。
コメント
この記事へのコメント
どうも。

フランス組曲、初めて聴きました。難しそうですね。
あ、この曲いおりんは弾きやすかったんですね。さすがです。
全部弾かなくてもある程度弾いておけば、時間がたってまた弾こうと思った時に始めやすいですよね。

ツェルニー100番もはじめられて楽しみですね。
結構良い曲あるんですよ、100番。あんまり知られてないけどw
15番、34番あたり好きです。練習も楽しかった記憶があります。
2014/11/15(土) 22:02 | URL | シュナ子 #-[編集]
シュナちゃん
これは最初は、音があちこち飛ぶから指が覚えにくかったけれど、覚えてしまえば、ミスはそんなにしない曲でしたね。
なんか、ソナチネに一度とりかかっておけば、またソナチネを後からやっても始めやすいというのに似てますね。フランス組曲も、フランス組曲の傾向があるというか。

ツェル100は、以前にやたら流行ったことがありましたねw一部で。
以前、31番で飽きてやめたから、後半の曲は特にあまり知らないということもあって気になってました。
今、前より余裕を持って取り組めば、100番はバラエティに飛んでいて面白いですね。
シュナちゃんが15番好きと言ってたこと、序盤では難しいと思った曲だったから覚えてました。
2014/11/15(土) 22:22 | URL | Kyo Yukinagi #-[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Template by 【投資信託のことなら】投信Web /

Powered by .