FC2ブログ
Calm breathing
独学ピアノの記録
トマス・アーン ソナタ №4
2018年10月20日 (土) 15:34 | 編集


一応録音したので貼っておきます。
この、マイナーなソナタの作曲者は、
トマス・オーガスティン・アーン Thomas Augustine Arne
1700年代のイギリスの作曲家でイギリスの愛国歌「ルール・ブリタニア」の作曲者として最も著名だそうです。

これ、めちゃくちゃ苦労しました。地味に難しいです。演奏効果は激しく低い曲ですが。
最初は、Youtubeにあったチェンバロとのイメージの違い(半音の違いが気になる)。
次に、トリルの苦労。トリルが出来たと思えば……最後まで、どうでもいいところでミスる、譜面の追いそこない(これもそれで後半ミスってます)。
完成したと言えません。しかし、これをやっていたため、他のは、姪のレッスン予習とレパートリ維持以外は全然出来ずという状態でした。なので、とりあえず、これをアップしておきます。
原曲のチェンバロとは全く別の曲のようになりましたが、それはそれでいいかと思っています。
ピアノ音源のない曲を弾くことについて以前に書いたときに、後押ししてくださった皆様、ありがとうございました!自分の中で曲のイメージをつくっていくいい勉強になったと思います。

まあ、そんなこんなで、自分のヘタさ加減に色々と諦めた最近(前回の記事参照)ですが、別にネガティブな気分ではありません。ピアノをやめてしまうというわけではないし、それなりに好きな曲を弾いていきたいと思っています。上達を全く諦めたというわけでもありません。
ただ、ピアノを子供のときからやっていたからといって、全員がホロヴィッツ氏みたくなれるわけでもなく、またショパン・コンクールに出場した小林愛実氏のように4歳でソナチネを弾きこなせたりするのはごくごく一部の人で、才能の差は最初から絶対にある。それが現実だと思っているだけです。
それでも、ピアノへの関わり方は人それぞれ色々あって、自分の場合は、教える楽しみというのも今現在ありますね。姪が上達していくのが自分のこと以上に嬉しいという。時々、「弾けない、くやしい。」と言って泣く3歳の姪。「じゃあ、今日はやめておこうか?」と聞くと「弾く!」と小さいのにすごい根性を見せてくれてます。

ちなみに、ピアノ始めた初期の頃は超絶技巧への憧れが強くて、アルカンの「鉄道」が弾きたいと思っていたことがありました。あと、ブラームスのハンガリー舞曲(連弾のが多いが、ソロ楽譜あり、超絶技巧で、キーシンとかが弾いている)。あと、もし自分がめちゃ上手かったらアルカンをコンプリートするだろう。
もう、これは姪にやってもらうしか!(いい迷惑w)

皆さんは、思うように弾けたら弾いてみたい曲とかありますか?
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
コメント
この記事へのコメント
聴かせていただきました!
なかなかいい曲ですね〜♪
確かにチェンバロとはかなりイメージ違うけれども、ピアノならではの魅力も感じました。
いつものゆきなぎさんの演奏同様、感情過多に陥ることなく。かといって表現が足りないと思うこともなく、いいさじ加減で、よどみなく弾いてらっしゃるので、苦労の痕跡はほとんどわかりませんでしたが。。。(後半のミスも、意識を集中させてないと気がつきませんよ〜)

地味に難しく演奏効果の低い曲・・・確かにそういう曲もありますよね。
でも発表会で弾くとかならともかく、自分一人で気ままに弾く分には、曲のコスパなんて考えることはしないです。

> ピアノ音源のない曲を弾くことについて以前に書いたときに、後押ししてくださった皆様、ありがとうございました!自分の中で曲のイメージをつくっていくいい勉強になったと思います。
→私も、後押しした人たちのうちの一人ですが、そう思っていただけてよかったです。
私自身音源のない曲を結構弾くことが多いですすが、そういう経験を積む中で。楽譜を見てイメージがわくまでの所用雨時間が短くなってきていると感じます。実際に思うような音が出るかは、また別問題ですが(汗)

一つ前の記事も読みました、すごく共感できるところが多かったです。
私もしょっちゅう、行き詰まり(限界)を感じてますよ。独学ゆえの限界、MY楽器の限界、そして何よりも才能の限界・・・
だけど、どんな環境でも、ピアノを、音楽を楽しむことはあきらめないぞ、と、強く思ってます。
そして実際楽しむことができていると思います。

ゆきなぎさんの場合は、自分で楽しむのに加えて教える楽しみ、喜びもあり、羨ましいです。
そういえば・・・姪っ子ちゃんとは対照的だという、甥っ子ちゃんの方は、その後どうです?
2018/10/22(月) 07:39 | URL | 私はタワシ #5eVrhZok[編集]
ゆきなぎさん、こんにちは
かつです!

作曲者名も作品名もはじめて聞きました。
バロックと古典の中間ぐらいでしょうか?
クラシカルな雰囲気ただようの素敵な曲。miyoshiメソードでポリフォニーの旋律を練習してきたゆきなぎさんだからバランスよく弾けているんじゃないかなと思います。
2018/10/23(火) 02:46 | URL | かつさん #-[編集]
返信遅くなります
皆様、コメントありがとうございます。
少し多忙のため、土曜日に返信します。
2018/10/25(木) 11:46 | URL | ゆきなぎ #-[編集]
タワシさん
返信遅くなってしまい、すみません。

> 聴かせていただきました!
> なかなかいい曲ですね〜♪
> 確かにチェンバロとはかなりイメージ違うけれども、ピアノならではの魅力も感じました。

聴いて頂きありがとうございます。
なにやら、ピアノのほうが音がだいぶシンプルに聴こえてしまい、アラが目立つ感じがしましたが、別曲と割り切って弾いてみました。

> いつものゆきなぎさんの演奏同様、感情過多に陥ることなく。かといって表現が足りないと思うこともなく、いいさじ加減で、よどみなく弾いてらっしゃるので、苦労の痕跡はほとんどわかりませんでしたが。。。(後半のミスも、意識を集中させてないと気がつきませんよ〜)

そうそう、よく苦労して弾いているように見えない聴こえないと言われてます。
ある程度弾きこんでからでないとアップしないからかもしれませんが、これも同様に聴こえたようで、本人が思っているほど、ダメではなかったようで良かったです。

> 地味に難しく演奏効果の低い曲・・・確かにそういう曲もありますよね。
> でも発表会で弾くとかならともかく、自分一人で気ままに弾く分には、曲のコスパなんて考えることはしないです。

なんか、演奏効果の低い曲は、ボロが目立つ気がするんですよね;笑
モーツァルト、バッハ・・・
まあ、そういう曲ばかり好きな傾向にあるので、気にしていたらキリがないですが。

> > ピアノ音源のない曲を弾くことについて以前に書いたときに、後押ししてくださった皆様、ありがとうございました!自分の中で曲のイメージをつくっていくいい勉強になったと思います。
> →私も、後押しした人たちのうちの一人ですが、そう思っていただけてよかったです。
> 私自身音源のない曲を結構弾くことが多いですすが、そういう経験を積む中で。楽譜を見てイメージがわくまでの所用雨時間が短くなってきていると感じます。実際に思うような音が出るかは、また別問題ですが(汗)

楽譜を見てイメージがわくまでの所要時間短縮、そうなんですね!それは希望が持てます。

> 一つ前の記事も読みました、すごく共感できるところが多かったです。
> 私もしょっちゅう、行き詰まり(限界)を感じてますよ。独学ゆえの限界、MY楽器の限界、そして何よりも才能の限界・・・
> だけど、どんな環境でも、ピアノを、音楽を楽しむことはあきらめないぞ、と、強く思ってます。
> そして実際楽しむことができていると思います。

その言葉も、経験からの力強さを感じます。
他の方の返信にも書いたところですが、ベストな環境でピアノを弾ける環境にある人とかごく一握りですし、誰しもがホロヴィッツとかのようになれるわけでもなし。自分も、これからも音楽に向き合って楽しんでいきたいと思っています。

> ゆきなぎさんの場合は、自分で楽しむのに加えて教える楽しみ、喜びもあり、羨ましいです。
> そういえば・・・姪っ子ちゃんとは対照的だという、甥っ子ちゃんの方は、その後どうです?

そう、甥の方は今、時間的に教えるのが難しい状態にあります。甥がピアノと他の習い事に行っている間に姪を教えるという形になっているので。なかなか時間がかみ合わないこともあり。でも、甥はプロが教えているからいいと思います。ピアノはあんまり真剣にやってくれないそうですが嫌いではないということなので、演奏聴かせてもらって動画に撮りたいものです。恥ずかしがって嫌がるので難しいらしいですが笑
2018/10/27(土) 12:35 | URL | ゆきなぎ #-[編集]
かつさん
こんにちは。返信、遅くなってしまい、すみません。

> 作曲者名も作品名もはじめて聞きました。

ですよね。チェンバロ作品としてもかなりマイナーと思います笑

> バロックと古典の中間ぐらいでしょうか?

まさに、そんな感じですね!

> クラシカルな雰囲気ただようの素敵な曲。miyoshiメソードでポリフォニーの旋律を練習してきたゆきなぎさんだからバランスよく弾けているんじゃないかなと思います。

弾いていてもごまかしがきかない感じ(そのあたりもバロックや古典の特徴がありますね)で録音にたどりつくまで大変でした。シンプルに聴こえて、全体のイメージをつかむまでも大変でしたが、バランスよく聴こえたということで良かったです。
なんとか録音はできたので、ポリフォニーの世界をもっと体感するためにも、またmiyoshiメソード弾いていこうと思います。
2018/10/27(土) 12:41 | URL | ゆきなぎ #-[編集]
お久しぶりです!
演奏、聞かせていただきました。知らない作曲家の作品との出会いになりました。装飾音なのでしょうか?繊細で難しそうですね・・・。ゆきなぎさんのお持ちの雰囲気にとても合っていて、すてきな演奏だなぁと思いました。

最後の、思うように弾けたら弾いてみたい曲・・・、私はストラビンスキーのペトルーシュカですかね~。あとラヴェルも!アルカンの鉄道、こういうの私も好きです。お互い、グルーブ感や、打楽器的な要素が、好物かもしれませんね^^

姪っ子さんを上手に育ててくださいね!私の夢も託したいと思います(笑)。
2018/11/03(土) 13:19 | URL | ina-kibi #FmSL4M/k[編集]
耽美な感じは全然失われてないし、むしろピアノの音色とゆきなぎさんの力とオーラで増してる気がします。あと、ピアノだと哀しい感じもしていいですねぇ(*´ェ`*)

>これ、めちゃくちゃ苦労しました。地味に難しいです。

いや、地味どころか、明らかに難しいでしょこれw この装飾音の多さ!ヤバいですね。自分には全く弾ける気がしないです・・・ゆきなぎさん、よく手攣らずに弾けますねー

>(半音の違いが気になる)

半音違うだけで全然雰囲気変わりますよね!
自分も使おうと思った音源がなぜかまさかのバロックピッチ!?で、どうしたもんかか迷ってますw

>原曲のチェンバロとは全く別の曲のようになりましたが、それはそれでいいかと思っています。

そう思います!
原曲に肉薄すべく再現を目指すのも大好きですが、敢えて違う味付けを模索するのもほんと楽しいですよね!

>それでも、ピアノへの関わり方は人それぞれ色々あって、

ですね。前回は「キーボードでも個性」の話、本当にありがとうございました!そういう風に見てくださる方もたしかに存在するとわかって救われました!個性って自分ではなかなかわからないものですし。ほんとありがとうございます!

>時々、「弾けない、くやしい。」と言って泣く3歳の姪。「じゃあ、今日はやめておこうか?」と聞くと「弾く!」と小さいのにすごい根性を見せてくれてます。

おおお~すごい!3歳で既にそこまで!
羨ましい。自分も泣くぐらいの粘り強さが欲しいです。これは姪っ子ちゃん、これからも諦めることなく続けてくれそうですね!

>ちなみに、ピアノ始めた初期の頃は超絶技巧への憧れが強くて、

そうだったんですか!?それはけっこう意外でした。そういえば以前、音ゲーがなんとかって言ってらっしゃたのは、それつながりですか!?

思うように弾けたら・・・そうですねー・・
やっぱりバトル曲とかですかねw 指動かないんで、当分非バトル主義ですがw、言われてみるとやっぱり自在に指が回るのには憧れますねw
2018/11/03(土) 18:20 | URL | くだダヰナ #-[編集]
 こんにちは。ゆきなぎさんのブログ記事、気になる過去記事を含め、幾つか拝読させていただきました。
 子供の頃エレクトーンを習っていた事や、大人になってからソナチネアルバムやバッハのインヴェンション、FFやドラクエなどを弾いているところなど、私と共通しているところが多く、勝手に親近感を覚えてしまいました。
 ゆきなぎさんの記事は自分の練習や演奏を冷静に見つめて言語化しているところがすごいなあと思います。
 最新記事の動画は装飾音をきちっと入れていらっしゃいますね。端正な曲想も聴いていて伝わってきました。
 思うように弾けたら弾いてみたい曲は…うー、色々ありますが、ショパンの前奏曲『大洋』かな~…ゲームのラストバトル系もバシッと決められたら格好良いですね!
 では!またお邪魔いたします☆
2018/11/04(日) 16:37 | URL | やぢま #yoUxGug6[編集]
ina-kibiさん
お久しぶりです!コメントありがとうございます。返信、遅くなってすみません。

> 演奏、聞かせていただきました。知らない作曲家の作品との出会いになりました。装飾音なのでしょうか?繊細で難しそうですね・・・。ゆきなぎさんのお持ちの雰囲気にとても合っていて、すてきな演奏だなぁと思いました。

この曲、チェンバロ音源しかないマイナーな曲なんですが、元がチェンバロ作品のためか、装飾音だらけでした。
最初は、いっそ装飾音を省略しようかと思っていました笑
でも、そうしたらとてもしょぼく聴こえてしまったので、時間はかかっても付けました。
合っていましたか!そう言って頂き嬉しいです。

> 最後の、思うように弾けたら弾いてみたい曲・・・、私はストラビンスキーのペトルーシュカですかね~。あとラヴェルも!アルカンの鉄道、こういうの私も好きです。お互い、グルーブ感や、打楽器的な要素が、好物かもしれませんね^^

ペトルーシュカ!それ、ハオチェン・チャン氏(辻井伸行さんとヴァン・クライバーンで同時優勝したピアニスト)が弾いていて、よく聴いてました。CD持ってます。ラヴェルも同様です!
しかし、アルカンの鉄道好きなんですね。アルカンは好き嫌い分かれると思いますが、あの迫力に病みつきでした。グルーブ感と打楽器的な要素、なるほどです!

> 姪っ子さんを上手に育ててくださいね!私の夢も託したいと思います(笑)。

はい、大事に育てて頑張ってもらいます。
将来、自分が弾きたかった曲を弾いてくれたりしたら感動ものだと思います。
2018/11/07(水) 09:30 | URL | ゆきなぎ #-[編集]
くだダヰナさん
返信、遅くなってしまい、すみません。

> 耽美な感じは全然失われてないし、むしろピアノの音色とゆきなぎさんの力とオーラで増してる気がします。あと、ピアノだと哀しい感じもしていいですねぇ(*´ェ`*)

ピアノで弾くと、哀しい感じ、なるほどです!ピアノで弾くことで変化はあっても失われてないものもあるということで、チェンバロ楽譜ものはピアノでは比較的いいのかもしれませんね。今まで、バッハやスカルラッティくらいしかチェンバロ楽譜をピアノで弾くことはなかった、とはいえ、それが可能というかむしろメジャーになっているわけですし。

> >これ、めちゃくちゃ苦労しました。地味に難しいです。
>
> いや、地味どころか、明らかに難しいでしょこれw この装飾音の多さ!ヤバいですね。自分には全く弾ける気がしないです・・・ゆきなぎさん、よく手攣らずに弾けますねー

ポリフォニー&装飾音の難しさを知っていれば明らかかもですね^^;
装飾音だらけで、最初はどっか削ろうかと悩んでました。でも、削ると何かつまらない曲に聴こえてしまい、長くかかっても全部削らないことにしたのです。

> >(半音の違いが気になる)
>
> 半音違うだけで全然雰囲気変わりますよね!
> 自分も使おうと思った音源がなぜかまさかのバロックピッチ!?で、どうしたもんかか迷ってますw

半音でこんなに印象が変わるのかと思いますね。
やはり、他の音源でもそういうことありでしたか。

> >原曲のチェンバロとは全く別の曲のようになりましたが、それはそれでいいかと思っています。
>
> そう思います!
> 原曲に肉薄すべく再現を目指すのも大好きですが、敢えて違う味付けを模索するのもほんと楽しいですよね!

そうですね、合う味付けを探索するのも楽しい。
新しい音でやると、最初は耳に違和感あっても、やっているうちにクセになることもありますしね笑

> >それでも、ピアノへの関わり方は人それぞれ色々あって、
>
> ですね。前回は「キーボードでも個性」の話、本当にありがとうございました!そういう風に見てくださる方もたしかに存在するとわかって救われました!個性って自分ではなかなかわからないものですし。ほんとありがとうございます!

そう言ってもらえてこちらこそ嬉しいです。
他者の演奏は、いつもそういう聴き方をしているけれど、自分のことは分からないというあたりが、とよく思っていたので。

> >時々、「弾けない、くやしい。」と言って泣く3歳の姪。「じゃあ、今日はやめておこうか?」と聞くと「弾く!」と小さいのにすごい根性を見せてくれてます。
>
> おおお~すごい!3歳で既にそこまで!
> 羨ましい。自分も泣くぐらいの粘り強さが欲しいです。これは姪っ子ちゃん、これからも諦めることなく続けてくれそうですね!

そう思います。ピアノには、出された課題をきっちり弾くということは、当然必要なので、それを持っているとなると強いですね。課題は、その後の創造性や歌心かなと思いますが、3歳なので小さすぎてまだどうこう言って分かる時期ではないですし。

> >ちなみに、ピアノ始めた初期の頃は超絶技巧への憧れが強くて、
>
> そうだったんですか!?それはけっこう意外でした。そういえば以前、音ゲーがなんとかって言ってらっしゃたのは、それつながりですか!?

意外でしたか笑
音ゲー感覚だったのは、確かに最初そうでした。ボタン押せた→クリアみたいな感覚、最初ありましたね。それはそれで楽しかった。今も、やっぱり打楽器的に超絶技巧を弾けたら楽しいだろうなあと思いますね。

> 思うように弾けたら・・・そうですねー・・
> やっぱりバトル曲とかですかねw 指動かないんで、当分非バトル主義ですがw、言われてみるとやっぱり自在に指が回るのには憧れますねw

ああ~バトル曲はどれも大概難しいですね。でも弾けたら楽しそうですね。実はそれが超絶技巧への憧れにも関連しています。バトル曲に超絶技巧が必要なものありますから。
2018/11/07(水) 09:57 | URL | ゆきなぎ #-[編集]
やぢまさん
訪問とコメントありがとうございます。返信、遅くなってしまいすみません。

>  こんにちは。ゆきなぎさんのブログ記事、気になる過去記事を含め、幾つか拝読させていただきました。
>  子供の頃エレクトーンを習っていた事や、大人になってからソナチネアルバムやバッハのインヴェンション、FFやドラクエなどを弾いているところなど、私と共通しているところが多く、勝手に親近感を覚えてしまいました。

やぢまさんが、FFの曲、ドラクエの曲、それからモーツァルトを弾かれていたのでこちらこそ親近感を覚えていました。
FFやドラクエの曲を弾いてみたいと思ったのがピアノを始めた大きなきっかけの1つですし、モーツァルトははまって、元々モーツァルト専用サイトにしようかと思っていたことがありましたから。エレクトーンも習われていたのですね!
過去時期まで読んでいただきありがとうございます。

>  ゆきなぎさんの記事は自分の練習や演奏を冷静に見つめて言語化しているところがすごいなあと思います。

たぶん、解決してからしか書けないのでそうなってるのかなと思います。
解決前は自分の中でぐだぐだです笑

>  最新記事の動画は装飾音をきちっと入れていらっしゃいますね。端正な曲想も聴いていて伝わってきました。

すごく苦労した装飾音です。仕上げるまでぐだぐだの時期が続きましたが、バロックらしい曲想に仕上がってたようで良かったです。

>  思うように弾けたら弾いてみたい曲は…うー、色々ありますが、ショパンの前奏曲『大洋』かな~…ゲームのラストバトル系もバシッと決められたら格好良いですね!
>  では!またお邪魔いたします☆

ショパン前奏曲「大洋」、いいですね!特にショパン好きというわけではないけれど、この曲、過去の弾きたい曲リストに入っていて、コピーしてたので同意です!ラストバトルは本当にカッコいい曲多いけれど、どれも超絶技巧ばりに難しいのばかりですよね。
こちらこそ、また訪問させていただきます。
2018/11/07(水) 10:11 | URL | ゆきなぎ #-[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Template by 【投資信託のことなら】投信Web /

Powered by .