FC2ブログ
Calm breathing
独学ピアノの記録
ミヨシ・メソード5と、「あの日のシンバルの音」
2018年06月27日 (水) 13:23 | 編集



ミヨシ・メソード続きをyoutubeにアップしながらも、記事に出来ずにいました。単に時間が足りなかっただけですが。
5巻の要となるのがこの練習曲シリーズです。各調の構成音になじみながら指の運動性を高めるという目的のこの練習曲シリーズ、いわゆるハノンみたいなものなんですが、美しいのです!指の運動曲が美しいのですよ!!さすが三善先生!
それで、とても時間をかけて1曲ずつ弾いていたのですが、録音は6曲いっぺんにしてしまいました。が、2曲ずつ紹介していきます。
指の動き的には同じパターンが続きますから、黒鍵を押すときの指の動きが難しくなったりもしますが、こういうのバッハなどに応用が利く「インチキめいた」指使いなんですね。
個人的に、ハ調の自然で淡い色使いをイメージする曲(うすい虹のかかった朝の海)、古城と松と夕焼け、日が沈む直前をイメージするイ短調の曲です。

さて、ピアノを開始して今月末で10年になります!
表現することの楽しさ、深さへの興味は尽きず、今後ピアノをやめることはないと思っています(忙しかったり、気分が乗らない日はあったとしても)。

最初は、指の運動的な感覚だったピアノ、それはそれで楽しかったけれど、ブルグ25で人によって大きく演奏が違ってくるということを知って、と書いたことがありましたが、ん?それってブルグ25じゃなくて、もっとずっと前に気付いたことあったよなあ・・・となぜか最近思い出しました!そのことについてちょっと書きたいと思います。

「あの日のシンバルの音」

ジャーーン!!!
大きなシンバルの音が会場に響き渡った。流れるような静かなフルートの時が止まる。
それを追うように駆け抜けるクラリネットの旋律は、再び時を現在に掻き戻す。それにシンバルがまた追い討ちをかけるように鳴り響いていく……

「なんだこれ!」
A中学吹奏楽部員の一人として会場の後ろで立ち見していた僕は、ただただ衝撃を受けた。そして、A中の負けを確信した。最初のほんの数小節での実感、いや体感だった。その後は、悔しくもなく哀しくもなく、ただただ、そのK中の演奏に聴き入った。高い調和の取れたその演奏の迫力は、吹奏楽経験の中で、今までに聴いたことのないものだった。

「うん、A中は完敗。」
もはや、同じ課題曲を演奏しているとさえ思えなくなった。聴いているとどんどん世界観に引き込まれていく。
演奏終了後にはちょっと笑ってしまった。厳しいA中学吹奏楽部にとって他校の演奏を聴いてニヤけているとか許されないことだったが、幸い会場は暗いから誰にも見られなかった。
その後も他の学校の演奏をいくつか聴き終わり、しばらくすると、結果発表の時間となった。

会場にアナウンスが流れる。
「金賞、K中」
そりゃ当たり前だろう。そう思った。
そして、A中は、奨励賞という、いわゆる参加賞だった。

部員達が会場の外に出る。皆泣いていた。悔しい、悔しい、金賞を狙っていたのにと。
「いや、金賞ねーだろ」と内心思ったのは事実だったが、さすがに口にしなかった。
多分、皆で頑張ってきたから、大望を抱くし、また悔しかったのだろう。
A中吹奏楽部は、部活動の花形で、最も人気があり、最も厳しい部活動、先輩後輩の上下関係が厳しいことでも有名であった。ちょっとでも何かあると呼び出されて説教をくらう。初期新入部員は100人近くもいたが、最終的に十数人に落ち着くことになる、そんな部だった。

そんな試練を乗り越えてきた仲間と皆が泣く中、僕はひとりだけ泣かなかった。
あのシンバルの音の時点で、A中の負けを確信し、K中の演奏を崇拝するかのごとく聴き入ってしまったからというのもある。僕の悪い癖で、極めて択一した芸術表現は崇拝してしまうところがあった。
そして、みんなと一緒に頑張ってこなかった(元々マイペースでそれを崩せる性格ではなかった)からというのももちろんあった。

そんな僕が、その上下関係厳しい部に所属したままでいられたのは、いくつかの理由があった。
1.入部時、3年の先輩に従兄弟がいた。一目置かれている従兄弟だった。美少女で有名で、数学の成績がすこぶるよく、地区の模試でひとりだけ満点ということもあったという。
2.音楽経験者は運動部並みの厳しい練習内容や上下関係が嫌になり辞めていった中、僕は譜読み係だった。
3.女性の先輩方に気に入られていて、皆が集まるミーティングでは、何を言っても言わなくても、先輩達の「キャー、ゆきなぎカワイー!」で、終わることが出来ていた。
この3に関しては、そういうのを望んでなかったので別に嬉しくはなかった。「カワイー」という形容詞が気に入らなかったとかではなく、その「カワイー」が他の形容詞であったとしても、自分の内面を自分でつかんでいる部分により、手放しで賞賛されるような形容詞にそぐわない違和感だけがあったのだった。ただ、「誰も自分を見てはいない」、とだけ感じていたのが当時中学生の自分だった。
でも、その「カワイー」コールのおかげで、全体から護られた形になり、怒られたり呼び出されたりもなく、適当に休めたというのは得なことだったと思う。逆に、同級生に「調子のるなよ!」と言われたりとか、同級生に呼び出されるということは先輩達が卒業準備に入った後にあったが、行かなかったことはある。呼び出す人というのは決して一人ではしない。

まあ、そんな理由で厳しい部にいられたわけだが、その後2年生で辞めることにした。もうすぐ3年生で部活で自由を謳歌という時期に辞めるということはありえないことなのだったが、自分のパート(ホルン)の同級生と仲が悪く、なによりもう、部に魅力を感じなくなっていた。3年になって下級生に対し偉そうにすることには当然興味がなかった。

同級生にまともに音楽経験のある人はいないに等しく、才能ありそうな人たちは、こぞって先輩達のしごきにより辞めてしまっていた。ひ弱な文化部体質は、運動部的なしごきには耐えられないのだ。では、入部時にあれだけの部員が入るのはなぜか、それは歓迎演奏として入学式に披露するのが吹奏楽部だけだからというのがあり、目立っていたからというのが一つある。それと、下の学年ほど根性はなくなっていっているわけで、以前は運動部的でも成り立っていたのだろう。実際に入学時は先輩達の演奏が良かったから、それで自分も吹奏楽部を選んだという経緯があった。しかし、2年レギュラー当時には個人的に、同級生らと一緒に演奏しながらも、何の感動もイメージも沸かない合同演奏だと感じていたのだから。

そのようにA中の吹奏楽部内部で得るものは少なかったわけだが、あのK中の演奏だけは強烈な印象が残っている。「同じ課題曲なのに、こうも違う演奏が出来るのか!」そのようなことをピアノを始めてからピアノで実感するのはブルグミュラー25の曲の聴き比べからだったが、吹奏楽部の生演奏という場で強く実感していたというのは経験上実になっていたと思う。

今、練習している「トマスアーンのソナタ」の、天上から響いてくるようなインパクトある出だしから始まる曲に、なぜかあのときのシンバルのインパクトが被る。最初にチェンバロで聴いたことも大きいだろう。ピアノを始めて10年目、今の曲に取り組みながら、演奏で自分の音楽を創っていきたいという思いが強くなってきている。



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
コメント
この記事へのコメント
三善先生の音楽を聴きながら引き込まれるように文章を読みました.

K中の演奏の迫力と一体感が浮かんでくるようでした.
2018/06/27(水) 17:20 | URL | あやしいおじさん #-[編集]
エピソードがどれもゆきなぎさんらしい、と思いながら読ませてもらいました。笑
K中、人間関係も良い状態を作れて良い練習ができてたんでしょうね。
どんな思いや考えを持ってる時でも、良い演奏に素直に心が動くからこそ、大人になった今でも音楽を楽しく続けられるんだろうな、と想像しました。

先輩の女性陣との関係は物凄く狂おしく羨ましいです( ;´Д`)
でも、副産物が色々大変だったでしょうね。。
お疲れ様でした。
男の嫉妬は、本当に鼻で笑いたくなりますね。笑
鼻で笑ったら鼻にパンチが飛んでくるから本当に笑うとまずいですが。
2018/06/28(木) 08:43 | URL | モル作 #-[編集]
おじさん
聴いて読んでいただき、ありがとうございます。
K中の演奏、しっかりインパクトとして残っているところを描写したかったから伝わって嬉しいです!
この手の描写はほんとに楽しいです。
2018/06/28(木) 23:46 | URL | ゆきなぎ #-[編集]
モル作さん
> エピソードがどれもゆきなぎさんらしい、と思いながら読ませてもらいました。笑

中学のときからキャラ変わってないようです笑

> K中、人間関係も良い状態を作れて良い練習ができてたんでしょうね。

全くそんな感じですね!ピアノの連弾でも仲が悪い同士では上手く出来そうにないですし。

> どんな思いや考えを持ってる時でも、良い演奏に素直に心が動くからこそ、大人になった今でも音楽を楽しく続けられるんだろうな、と想像しました。

芸術的に美しいもの、素晴らしいものに吸い寄せられてしまいます。他の人の演奏や色んないい曲に惹かれるのも情熱が続くことになっていますね。

> 先輩の女性陣との関係は物凄く狂おしく羨ましいです( ;´Д`)
> でも、副産物が色々大変だったでしょうね。。
> お疲れ様でした。
> 男の嫉妬は、本当に鼻で笑いたくなりますね。笑
> 鼻で笑ったら鼻にパンチが飛んでくるから本当に笑うとまずいですが。

その先輩エピソード、書くのに抵抗がありました。現実で実際に副産物出てたわけで、それこそネット上だど面倒な人が来る可能性ありと考えたからです。しかし、そこを省いたら「ゆきなぎ」が一貫性のないキャラになるか部の厳しさが伝わらなくなるかなので書かざるを得ず、でした。
2018/06/29(金) 00:10 | URL | ゆきなぎ #-[編集]
本当だ、上って降りてる(笑) 単純な動作かもしれませんが、綺麗な曲ですね!吉松さんにはない魅力を感じます。

ピアノ歴10年、おめでとうございます!私は8月で丸5年になります。「自分って才能ないなぁ」と日々思いながらここまで来ましたが、きっと何年たっても「才能ないなぁ」と思っても練習し続けるのでしょうね。でも、きっと練習を続けられることが才能なのでしょう。



「ゆきなぎカワイー!」

↑羨ましす(^◇^) 私なんて「キモイー!」と言われ続けてましたよ、おかげで友達もできずに・・・その頃に精神を病んで、大人になって症状が固定されちゃったんだろうと思います。仕方がないのですが、もっと青春時代を謳歌したかったですね(笑)
2018/07/01(日) 09:30 | URL | 大竹真人 #-[編集]
大竹真人さん
返信、遅くなってすみません;

> 本当だ、上って降りてる(笑) 単純な動作かもしれませんが、綺麗な曲ですね!吉松さんにはない魅力を感じます。

これが6調6曲続きます。ハノンみたいな感じですが、ハノンと違って音楽的ですね。
吉松さんとか、すぎやまさんにもピアノ教本や練習曲があったら嬉しいですね笑

> ピアノ歴10年、おめでとうございます!私は8月で丸5年になります。「自分って才能ないなぁ」と日々思いながらここまで来ましたが、きっと何年たっても「才能ないなぁ」と思っても練習し続けるのでしょうね。でも、きっと練習を続けられることが才能なのでしょう。

ありがとうございます。
恐らく、ピアノされてる方で元々の才能があると自分で思う人は、ごく少数かもしれませんね。
練習を続けられることが才能、そう思います。

> 「ゆきなぎカワイー!」
>
> ↑羨ましす(^◇^) 私なんて「キモイー!」と言われ続けてましたよ、おかげで友達もできずに・・・その頃に精神を病んで、大人になって症状が固定されちゃったんだろうと思います。仕方がないのですが、もっと青春時代を謳歌したかったですね(笑)

キモイーとか、言うほうは軽い気持ちだろうし、言ったことも忘れてるだろうけれど、言われたほうからするとイジメだし覚えてますよね。イジメという言葉が軽くてまた好きじゃないんですが、イジメは犯罪だと思います。立派な侮辱罪です。
2~3年前だったか、ピアノでコンクールに出てて、将来の夢はピアニストと言っていた綺麗な女の子が「クサイ」とか言われてイジメられて自殺したニュースがありました。大竹さんもそうですが、芸術が好きな人は繊細で傷つきやすい心を持つことが多いかもしれませんね。
2018/07/04(水) 11:36 | URL | ゆきなぎ #-[編集]
ほんとに美しいですねこれ!映画とかのBGMでうすーく流れてても良さそうな。これが指の練習曲とは・・・!
これなら、全調移調練習でも行けそうな気がします!

>古城と松と夕焼け、日が沈む直前をイメージするイ短調の曲です。

松があって、ちょっと和風な映像いいですねぇ~ゆきなぎさんの文読んで、荒城の月の前段階みたいな景色が浮かびました!

>さて、ピアノを開始して今月末で10年になります!
表現することの楽しさ、深さへの興味は尽きず、今後ピアノをやめることはないと思っています(忙しかったり、気分が乗らない日はあったとしても)。

おめでとうございます!!!
力強いお言葉、安心しました!

>「あの日のシンバルの音」

最初、短編小説かと思いましたが、これ、実話なんですね!?

吹部でホルン奏者でいらっしゃったとは!じゃあ移調譜バリバリなんですね!羨ましい。てか、ピアノの前に音楽経験あって羨ましいです!

それにしても、さすがゆきなぎ先生、私小説も行けるんですね!現実か物語かわからないくらい瑞々しい映像が浮かぶ文章で、しばらく混乱してましたw
ゆきなぎさんの過去エピソード、ほんと面白い!
2018/07/04(水) 20:17 | URL | くだダヰナ #-[編集]
わたしもちょうど10年です。
文章にひき込まれました。小説みたい。
ゆきなぎさんは表現者なんだな~と思いました。
ピアノを弾く人みんながみんなそうではないと思っています。

2018/07/05(木) 14:34 | URL | ねこぴあの #-[編集]
くだダヰナさん
> ほんとに美しいですねこれ!映画とかのBGMでうすーく流れてても良さそうな。これが指の練習曲とは・・・!
> これなら、全調移調練習でも行けそうな気がします!

BGM,いいですね!
ハノンの全調はやる気がしませんが、これは、調が変わるとどんな感じになるのか気になるところです。
実際全部弾くとなると大変そうですが。

> >古城と松と夕焼け、日が沈む直前をイメージするイ短調の曲です。
>
> 松があって、ちょっと和風な映像いいですねぇ~ゆきなぎさんの文読んで、荒城の月の前段階みたいな景色が浮かびました!

なんか、三善先生の曲、荒城の月っぽいイメージが浮かぶのが割りとあるように思います。
日本の作曲家だけに、実際に日本の風景がイメージにあるからかもしれません。

> >さて、ピアノを開始して今月末で10年になります!
> 表現することの楽しさ、深さへの興味は尽きず、今後ピアノをやめることはないと思っています(忙しかったり、気分が乗らない日はあったとしても)。
>
> おめでとうございます!!!
> 力強いお言葉、安心しました!

ありがとうございます!
最初の時ほど、何が何でも今日仕上げて録音する!的な勢いはないけれど、生活の一部になっていますから、何かない限りやめることはなさそうです。

> >「あの日のシンバルの音」
>
> 最初、短編小説かと思いましたが、これ、実話なんですね!?

そうです。

> 吹部でホルン奏者でいらっしゃったとは!じゃあ移調譜バリバリなんですね!羨ましい。てか、ピアノの前に音楽経験あって羨ましいです!

バリバリとかいうほど覚えてません;練習もそれなりに部活として、という程度で、まわりの人々は楽譜も全く読めないし、実際の演奏も・・・申し訳ないけど・・・というレベルなのでそこまでやる必要もなく。先輩後輩の関係が厳しいだけで、吹奏楽部の演奏レベルが高いわけでは実際になかったですからね;

> それにしても、さすがゆきなぎ先生、私小説も行けるんですね!現実か物語かわからないくらい瑞々しい映像が浮かぶ文章で、しばらく混乱してましたw
> ゆきなぎさんの過去エピソード、ほんと面白い!

元々、私小説のほうが得意だと思います。設定とかいらないから笑
内容的には個人の思い出に過ぎないことを面白いと思ってもらえるとか、書いてよかったです。
2018/07/07(土) 09:58 | URL | ゆきなぎ #-[編集]
ねこぴあのさん
> わたしもちょうど10年です。

そうですね、同じ時期にはじめたのでしたね!
互いにピアノの充実、嬉しく思います。

> 文章にひき込まれました。小説みたい。
> ゆきなぎさんは表現者なんだな~と思いました。
> ピアノを弾く人みんながみんなそうではないと思っています。

ありがとうございます。
文章を書くのは小学校の頃から好きだったので、当時大量に書きまくってました。
最近は何も書いてなかったけれど、時にはブログでちょっと何か書くということもいいかもしれないと思いました。
2018/07/07(土) 10:13 | URL | ゆきなぎ #-[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Template by 【投資信託のことなら】投信Web /

Powered by .