FC2ブログ
Calm breathing
独学ピアノの記録
認知特性テストをやってみた
2018年06月13日 (水) 12:46 | 編集
認知特性テストをやってみました。
医師のつくった「頭のよさ」テストという本に掲載されているテストです。
けもネコさんがやっておられて、興味を持ち、本を買いました。
で、早速テストをやってみた結果、

①視覚優位者 写真〔カメラアイ〕タイプ 26点
②視覚優位者 三次元映像タイプ 23点
③言語優位者 言語映像タイプ 25点
④言語優位者 言語抽象タイプ 25点
⑤聴覚優位者 聴覚言語タイプ 8点
⑥聴覚優位者 感覚&音タイプ 9点

点数が14以下は弱い認知特性
15から25は一般的
26以上は強い認知特性 

・・・なんだかめちゃくちゃ偏ってますね。視覚と言語に偏っていて、耳聴こえてんのかよレベルですね、これ笑
聴覚認知が弱いというと、子供の頃の二つのエピソードを明確に思い出します。

ひとつは、小学校低学年の頃のエピソード。話が聞けなくて、「この子は耳がよく聞こえてないのではないか?」という疑いを担任に持たれたということがありました。どうやら、先生の指示を聞けないことが多かったらしい。それで大学病院まで検査に行くはめになったが、検査結果はいたって正常。

あとは、小学校高学年のときのエピソード。先生が「誰にあてようか?」と言ったときに、当時、やたら僕を敵視するクラスメイトがいたんですが、その人が「(よそ見して聞いてなさそうな)ゆきなぎ!」と言ったんです。しかし、先生は「あの人は聞いてないみたいに見えて聞いているからね。」と言ったことがありました。まあ、流れ的にそういうことだろうと、その答えだけは見て読んで解ったので答えたら、先生は「ほらね。」と言ったけれど、まあ、自分的には見て解ったのであり、聞いてないは当たってましたね笑 どの機能を使って答えが解ろうが結果は同じですが、実は聞いてなかったというやつです笑

言語に関しては、作文を書くのが好きでした。3枚書いて提出しなさいという課題で、30枚書いて提出してました、小学校4年の頃。今は、そんなバイタリティないけど、表現したくてたまらなかった時期だったんだなあと思います。

こういう感覚の優劣は、子供の頃に顕著に見てとれる気がする。実際、高学年ともなると、2つ目のエピソードにあるように、聴覚を使う場面も他の感覚で補っているけれど、低学年のときは聴覚障害疑われるレベルなわけで笑

視覚優位はピアノにどのように影響しているかということに関しては、まず、楽譜を見るのが好きです。とりわけ、古典とバロックの楽譜は見た目の音並びから美しいと思います。・・・うーん、そのくらいかな、自覚出来るのは。でも、楽譜見るのが好きという部分は得といえば得かもしれない。楽譜を美しいと感じられるのは嬉しいことかもしれない。ただ、結局は音源を聞かないとイメージが沸いてこないから、同じといえば同じなのかもしれませんがね。

そういえば、今、3歳の姪が、楽譜は読める(もちろん、導入教材レベルの読譜です)けれど、そのとおり弾けなくてイライラしております笑 読めるけど弾けなくてイライラというと可愛そうに思えるかもですが、読めないし、弾けないだとやる気自体起こらないと思います。大人でも出来ないことはしたくないものですが、子供だとなおさらだろうと。実際に、姪はだんだん根気もついてきて、一度で弾けなくても「もう1回」と言うようになりました。読んだ後に、ちゃんと音名を言いながら指を動かしております。また、手先も器用になってきて(最初はクレヨンが上手く使えなかったらしい)、出来るようになった「色塗りワーク」を家でやって、音符を先に覚えてしまっているようです。譜読みが先!この子、多分視覚優位だろうなあと予想してます。子供となると特に、楽譜は(特にヘ音記号は)結構後まで読めない子も多いらしいので。また、歌詞の入っている楽譜を一番好むようになったので、言語も高いのかもしれません。今後、楽譜が読めることが自信になってピアノ続けられるといいなと思います。対して、好きな曲を弾きたいという気持ちが強い、甥のほうは聴覚優位だろうか。こうして身内にピアノ教えていることもあり、認知特性も生かしていけるといいなと思います。


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
コメント
この記事へのコメント
気になっていた結果が出ました(^^
視覚&言語が優位なのでしたか。
もしかしたら、ゆきなぎさんは楽譜を写真のように記憶したり、音符を言語的に読んでいるのかもしれませんね。

いろいろなブログを見ても、今のところ、視覚と聴覚の両方が高いタイプには遭遇していませんので、この能力はどちらかに偏る傾向があるのかもしれませんね。

BSで録画したクラシック番組を見ていましたら、華道を始めた男性ピアニストが出ていました。
華道とピアノには共通点があって、芸術的な演奏の創り方に反映できるそうです。
これって視覚経由の芸術だと思うのですよね。

2018/06/13(水) 18:07 | URL | けもネコ #mQop/nM.[編集]
けもネコさん
返信遅くなってしまい、すみません。

> 気になっていた結果が出ました(^^
> 視覚&言語が優位なのでしたか。
> もしかしたら、ゆきなぎさんは楽譜を写真のように記憶したり、音符を言語的に読んでいるのかもしれませんね。

音符を言語的はそうなのかもしれません。楽譜の記憶はどうなんだろう、そうだったとしても、超短期記憶なので暗譜には至らないですね。

> いろいろなブログを見ても、今のところ、視覚と聴覚の両方が高いタイプには遭遇していませんので、この能力はどちらかに偏る傾向があるのかもしれませんね。

!確かにそんな感じですね。けもさんほど色んなブログを見てはいませんが、感覚的になんとなくそんな感じがしていました。

> BSで録画したクラシック番組を見ていましたら、華道を始めた男性ピアニストが出ていました。
> 華道とピアノには共通点があって、芸術的な演奏の創り方に反映できるそうです。
> これって視覚経由の芸術だと思うのですよね。

華道とはまさに視覚の芸術という感じがしますね。
花を使って視覚的な美しさを創るわけで。
芸術的な演奏の創り方に反映というのもなるほどです!

自分の無意識の感覚というのは、こういう客観的な指標があると、納得できるところありますね。
自分にとってあたりまえでも他者からするとあたりまえではない感じが大変面白いと思います。
2018/06/16(土) 12:21 | URL | ゆきなぎ #-[編集]
ほおおお!

偏るのは多分当然として(むしろ偏らない人いるんですかねこれw)、視覚と言語のバランスかなりいいですね!自分は・・・おっと記事書かなきゃw

ゆきなぎ少年のエピソードいつもめっちゃ面白いですww

>当時、やたら僕を敵視するクラスメイトがいたんですが、

wwww
この前の「俺様君」といい、なんかもう大変でしたねw でもそれだけゆきなぎさんは昔からとんがった個性を持ってたんですね!

>どの機能を使って答えが解ろうが結果は同じですが、

いいと思います!
ニフォンはやたらめったら形式にこだわるお国柄な気がしますが、もっとこういろんなルート、アプローチを許容して、結果を重視する視点を持ち始めてもいい頃だと思うんですけねぇw(あれ?なんか話がそれたw)

>作文を書くのが好きでした。3枚書いて提出しなさいという課題で、30枚書いて提出してました

さすが!!てか10倍って!!Σ(゚Д゚) これが後の作家ゆきなぎ氏である!!

自分は「書け」と言われて書くのがほんとに嫌いでしたねww 今はブログとかコメとかメールとかダラダラ自由に5千字でも1万字でも書いてしまいますがww


姪っ子ちゃんの成長も目覚ましいですねぇ!この前の話から考えても記号に強そうなんで、視覚&言語が強くて、さらに絶対音感もつけてるから、エンハンストゆきなぎさんタイプに育ちそうですね!

甥っ子ちゃんの情熱もいいですねぇ!意味とか目的があると爆発的な力を発揮しそうです!


くだの結果記事はもうしばらくお待ちをー・・・w
2018/06/19(火) 18:00 | URL | くだダヰナ #-[編集]
カメラアイタイプの点数が常人を超えてますね!さらに、言語映像タイプと言語抽象画タイプの点数もとても高い。ピアノをする上でもこれはとっても有利だと思います。
やはり、ゆきなぎさんの家系には天才のDNAが受け継がれてるんじゃないでしょうか!それは明らかに、甥っこちゃんや姪っこちゃんにも遺伝してるように感じます。今後が楽しみすぎます!(しかもそれぞれタイプが違うというところがいいですね。対照的な二人だから、教えていてもワクワクするでしょう?)
2018/06/21(木) 07:15 | URL | 私はタワシ #5eVrhZok[編集]
くだダヰナさん
返信遅くなってしまい、すみません;

> 偏るのは多分当然として(むしろ偏らない人いるんですかねこれw)、視覚と言語のバランスかなりいいですね!自分は・・・おっと記事書かなきゃw

全く偏らないということはむしろ珍しそうですよね。
くださんの結果も気になってます!

> ゆきなぎ少年のエピソードいつもめっちゃ面白いですww
>
> >当時、やたら僕を敵視するクラスメイトがいたんですが、
>
> wwww
> この前の「俺様君」といい、なんかもう大変でしたねw でもそれだけゆきなぎさんは昔からとんがった個性を持ってたんですね!

そういう意識はないけれど、人の存在を無視した感じに見えてしまっていたのかもしれないです。無表情だからですね。
自己顕示欲の強い人に敵意持たれること多かったですね。こっちはどうも思っていないのですが、そのどうも思っていないというのが軽視されていると感じるのか、腹が立つ人が一定数いるらしい。
その後、そのクラスメイトと席が近くになったときにヒマだったのかw話しかけてきてたんですが、「80点以下を取ったら家に入れてもらえない」とかいう話を「へえ、そうなんだ、厳しい家だね」と普通に話を聞いてたら攻撃やみました笑
別にこっちは、優劣競うつもりも、というかそういう感覚自体なかったので、「それって、あいつが自分は80点以下は取らないという自慢話では?」と他に言われるまで素で聞いていたんですよね笑 他に言われて、それってあいつの自慢なのか!!なるほど!!と笑 この件で、そのクラスメイトも「もう天然に何を言っても一緒だ」と思ったかもしれません笑

> >どの機能を使って答えが解ろうが結果は同じですが、
>
> いいと思います!
> ニフォンはやたらめったら形式にこだわるお国柄な気がしますが、もっとこういろんなルート、アプローチを許容して、結果を重視する視点を持ち始めてもいい頃だと思うんですけねぇw(あれ?なんか話がそれたw)

そのルート、アプローチに関しては、ピアノ界に関しては変化してきてるのではないかなと思います。
昔はバイエルから入るのが当たり前だったあたりから変わってきているので。

> >作文を書くのが好きでした。3枚書いて提出しなさいという課題で、30枚書いて提出してました
>
> さすが!!てか10倍って!!Σ(゚Д゚) これが後の作家ゆきなぎ氏である!!

その頃はとにかく、何か伝えたくてしょうがない時期だったんですね。
表現することに飢えてたというか。今はそんな飢えがないのが残念かもです;

> 自分は「書け」と言われて書くのがほんとに嫌いでしたねww 今はブログとかコメとかメールとかダラダラ自由に5千字でも1万字でも書いてしまいますがww

なので、その頃は「書け」と言われたという感覚ではなく、「書いていいの!?」って本当に嬉しかったんです。
お題が出されるのも、クイズとかの遊び感覚で。
ちょうどくださんの、そのブログとかメールの感覚だったと思います。

> 姪っ子ちゃんの成長も目覚ましいですねぇ!この前の話から考えても記号に強そうなんで、視覚&言語が強くて、さらに絶対音感もつけてるから、エンハンストゆきなぎさんタイプに育ちそうですね!
>
> 甥っ子ちゃんの情熱もいいですねぇ!意味とか目的があると爆発的な力を発揮しそうです!

この子たち、どう育っていくのかなあという感じです。
甥のほうは、また、なかなかのキワモノなので、別のジャンルでもどうなるのかなあと。

> くだの結果記事はもうしばらくお待ちをー・・・w

はい、楽しみにしてます!!
2018/06/24(日) 14:23 | URL | ゆきなぎ #-[編集]
タワシさん
返事が遅くなってしまい、すみません。

> カメラアイタイプの点数が常人を超えてますね!さらに、言語映像タイプと言語抽象画タイプの点数もとても高い。ピアノをする上でもこれはとっても有利だと思います。

イメージ的には、聴覚が一番有利な気がしますが、言語が有利でもピアノに関わるところあるみたいですね。
アプローチの仕方で、何かに偏ってたら苦労も多くとも使えるのかもしれませんね。

> やはり、ゆきなぎさんの家系には天才のDNAが受け継がれてるんじゃないでしょうか!それは明らかに、甥っこちゃんや姪っこちゃんにも遺伝してるように感じます。今後が楽しみすぎます!(しかもそれぞれタイプが違うというところがいいですね。対照的な二人だから、教えていてもワクワクするでしょう?)

そうですね、個性って本当に見てて面白いです。
こういう子の能力や性質が生かされたらどうなるのだろう?とね。
潜在化DNAに終わったゆぎなぎと違い、きっとこの二人は顕在的・現実的に才能を発揮してくれることと思います。
そして、その手助けなら出来そうな気がしてます。
2018/06/24(日) 14:32 | URL | ゆきなぎ #-[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Template by 【投資信託のことなら】投信Web /

Powered by .