FC2ブログ
Calm breathing
独学ピアノの記録
ツェルニー125のパッセージ練習曲 11~13
2018年02月01日 (木) 14:35 | 編集






久しぶりのツェルニーです。11と12は、4と5の指が独立を要されて難しかった!速く弾こうとすると指がまめらなくなるんだ、これが。特に12は左手が厳しい。しかし、最近はもう無理して速く弾かないことに決めている。急に動くようにはならないし、汚いだけだから。指動くようになりたいなら、毎日の地味練が必要ですからね。このツェルニーにしてもそうだし、指錬してはいるけれど、なかなか今更動くように簡単にはならないですね。この練習曲集終わったころには少しはマシになっているという希望を持っておこう。
13番はなかなか美しくて好きな曲なので動画にしてみました、が、画像がおかしいですね。デジカメ、いよいよ寿命か?最近は止まらなくなったと思ったら、画像がぼけすぎる。

さて、インフルbの後、嗅覚・味覚障害になり、回復に数日かかりました。時々あることのようです。
食べ物の味が全部、紙くず食ってるような味しかしないし、何の匂いでもガス漏れみたいな匂いがするという気持ち悪さでした。最初は本当にガス漏れかと疑ったけれど、どこでも、外に出てもその匂いがするから、ああ、これは嗅覚おかしいんだなあと。元々は、視覚よりも聴覚よりも嗅覚が優位なんですよ!笑 全くもってピアノの役にたちません!明日、腐るものの匂いが解るというだけ笑 ほぼ無臭と言われるネコを匂いだけで区別出来る能力ならあります!(笑)

まあ、数日そんな状態だったので、ただでさえ飯食うの面倒くさいというのに、さらに食べたくない度が増して、回復遅れました。

で、やっと回復してアップしているわけですが、それとは並行に「残酷な天使のテーゼ」を練習しています笑 エレクトーン出身のクセにポピュラー苦手だから、アップはしないけれど、なぜあえて練習しているかというと、甥っ子がこの曲が好きだからです。4歳の甥っ子はエヴァンゲリオンが大好き。おい、ちょっと待て!と言いたくなるこの趣味(笑)妹いわく、怖いシーンなど教育上問題ある部分は見せてないとのことだが、なんでエヴァなんだか^^;その他も、深海魚とか妖怪とか怪しいのばかり好きらしい。
この甥っ子が、イマイチ、ピアノ習っていても夢中になれないらしいから、好きな曲をいつか弾けるようになるという思いでモチベーション上がったらいいなと思っているわけです。甥っ子は好きな曲を好きに弾きたいらしく(だから、まだ色々弾けないレッスンがつまらないらしい)、2歳時点で、「地球の曲」「終わりの曲」「たいへんの曲」など適当に鍵盤を押して作曲(?)してました。逆に、絶対音感の身についた2歳の姪っ子は、「この音は何の音?」とか音を確認したり、童謡の一部分を「もう1回もう1回」と何度も大人に弾かせて、それをじっと見聴きしてたりなど、1音1音確認するタイプ。小さいときから、音楽へのアプローチ方法がこんなにも違うのかと驚愕です。姪っ子の方が練習には向いている印象だけれど、甥っ子は発想からしても、弾けるようになったら、どんな表現をしてくれるんだろうと今から楽しみです。だから、やめないで欲しいなあ。



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
コメント
この記事へのコメント
3曲目、確かに綺麗ですね。
私はこれを、ベートーベンのバガテル125番です、とか言われて聴いたら「うんうん、やっぱしベートーヴェンの音楽性はすんばらしい( ´Д`)」とか言いそうです。笑

結構な音楽一族ですね。
甥っ子さん、即興で楽器弾けるようになりそう。
そういえば、私が今までの人生で接して来た人で、美大卒とか芸術寄りの人は、みんな嗅覚がかなり良かったです。
五感の鋭さは、音楽にも結構直接的に恩恵があるんじゃないかと思いますよ。
私なんか五感全滅ですよ( ;´Д`)
2018/02/02(金) 00:26 | URL | モル作 #-[編集]
モル作さん
ツェルニーの中でいいなと思う曲は、ベートーベンの曲に似ているのが多いですね。
他にも、え?悲愴2楽章?と思うようなのもありました。
「小さな手のための25の練習曲」6番ですが。

> 結構な音楽一族ですね。
> 甥っ子さん、即興で楽器弾けるようになりそう。

ピアノ続けばそうなりそうですね。その前に、やめてしまう可能性も^^;

> そういえば、私が今までの人生で接して来た人で、美大卒とか芸術寄りの人は、みんな嗅覚がかなり良かったです。

そうなんですか!笑

> 五感の鋭さは、音楽にも結構直接的に恩恵があるんじゃないかと思いますよ。

ああ、確かに、感覚が鋭いと、神経質になる→芸術家には神経質な人が多い、というのがありそうですね。
こだわりとか完全主義みたいのに関係してきそうです。
結果、精神的患いにも関係してしまいそうですが。

> 私なんか五感全滅ですよ( ;´Д`)

そんなことはないかと。確か、視覚優位でしたよね。それと言語だったか。けもさんところの記事のやつで、テストをやってみると点数ふりわけが、ほぼモル作さん(当時交流はなかった)と同じ感じだったから、「ああ、自分もモル作さんという人と同じ結果になった」と思った記憶と、コメントで「見てくれと口先ばかり」になったと書かれていたのを記憶してます笑
記事の書き方とか、つっこみの入れ方で、その2つが優位というの、なんか納得がいきます。
2018/02/04(日) 22:59 | URL | ゆきなぎ #-[編集]
13番、いいなあと思って何回も聴いちゃいました。
好きな人を思いながらお花を摘むような曲だと思いました。
インフルエンザ大変でしたね。
よくなられてよかったです。
2018/02/10(土) 18:17 | URL | ねこぴあの #-[編集]
ねこぴあのさん
> 13番、いいなあと思って何回も聴いちゃいました。

何度も聴いていただき、ありがとうございます。
たまに、いい曲があるんですよ、この125番。

> 好きな人を思いながらお花を摘むような曲だと思いました。

なんだか素敵な想像ですね!

> インフルエンザ大変でしたね。
> よくなられてよかったです。

流行が一番ピークのときにかかったようでした。
嗅覚障害はフェイントだったから驚きましたが、はやめに治ってよかったです。
嗅覚障害は、もっと続く人もいるらしいです。
2018/02/12(月) 13:32 | URL | ゆきなぎ #-[編集]
「インフルエンザに罹りました」のタイトルだけ確認した頃にちょうど自分も発症して、「ゆきなぎさんもインフルナカーマ・・・ぐふっ!」で、そこからかなり引っ張ってましたw ゆきなぎさんも本当にお疲れ様でございました・・・。

症状の種類とか順番とかもけっこう個人差あるっぽいですねー ゆきなぎさんはBでしたかー お互い罹ってない型に罹ってX斬りにならないように気をつけましょうw

>速く弾こうとすると指がまめらなくなるんだ、これが。

「まめる」?とは、ゆきなぎさんエリアの言葉でしょうか?なんかかわいい響きですねw

やっぱチェルニー125はきれいで可愛らしいですね!なんかモツ様っぽいと思いましたw 13のはわざとピント外したのかと思ったら違いましたかw でもソフトフォーカスエフェクトかけてみました!って言えば「いいね!」ってなると思います!

味覚障害もありましたか!
自分は初期段階にガスっぽい臭いで、うわ何だこれってのはありました。しかし紙くずは辛いですね・・・

>元々は、視覚よりも聴覚よりも嗅覚が優位なんですよ!笑

そうだったんですか!目を閉じて動画を聴くってのは前に聞いた気がしますが、嗅覚鋭いのは、万年鼻炎としては羨ましいです。

>ほぼ無臭と言われるネコを匂いだけで区別出来る能力ならあります!(笑)

ネコ判別師も名乗って、お仕事とって行きましょ!!w


って、エヴァですか!

エヴァは自分にはまだ早いと思ってまだちゃんと見たことないんですが(めっちゃ難解っていうイメージw)、甥っ子ちゃんのセンスもすごいですねぇ!

>2歳時点で、「地球の曲」「終わりの曲」「たいへんの曲」など適当に鍵盤を押して作曲(?)してました。

この終末感漂うタイトルwww そのうち北斗とかも好きになったりしてw (地球、終わり、たいへんっていうと、クロノトリガーとか好きになって欲しいなぁ。。w)

姪っ子ちゃんとの対照もすごく興味深いですね。二人共音楽をお続けになって、いつか連携技を見せて欲しいですね!
2018/02/15(木) 00:27 | URL | くだダヰナ #-[編集]
Re: タイトルなし
> 「インフルエンザに罹りました」のタイトルだけ確認した頃にちょうど自分も発症して、「ゆきなぎさんもインフルナカーマ・・・ぐふっ!」で、そこからかなり引っ張ってましたw ゆきなぎさんも本当にお疲れ様でございました・・・。

おお ゆうしゃくだよ しんでしまうとはなにごとだ!

ふっかつのじゅもんがちがいます
にならず良かったです。

> 症状の種類とか順番とかもけっこう個人差あるっぽいですねー ゆきなぎさんはBでしたかー お互い罹ってない型に罹ってX斬りにならないように気をつけましょうw

X斬り~笑
どうやら幸いに流行はだいぶ去ってきたようですね。

> >速く弾こうとすると指がまめらなくなるんだ、これが。
>
> 「まめる」?とは、ゆきなぎさんエリアの言葉でしょうか?なんかかわいい響きですねw

言われて気が付きました。これ方言?
調べたら、福岡弁と出てきましたwローカルで解らないですね;
1平方センチメートルの紙で折鶴を折ろうとしても手がまめらない、といった使い方をします。
細かいことを要求するが、指がそれについていってない感じですね。

> やっぱチェルニー125はきれいで可愛らしいですね!なんかモツ様っぽいと思いましたw 13のはわざとピント外したのかと思ったら違いましたかw でもソフトフォーカスエフェクトかけてみました!って言えば「いいね!」ってなると思います!

なるほど、モツっぽいと思いましたか。この125はかなり気に入ってるけど、ツェルニーの良さが凝縮されているように感じてます。

なるほど、ソフトフォーカスエフェクト!
しかし、だんだん、他のエフェクトもかかるようになってくるかもです;
見て具合悪くなるようなのがかかるようになるか、止まったら寿命。それまでは使います。

> 味覚障害もありましたか!
> 自分は初期段階にガスっぽい臭いで、うわ何だこれってのはありました。しかし紙くずは辛いですね・・・

初期だとまさに副作用ぽいですね。イナビルのような吸引系が副作用としてなるみたいですね。

> >元々は、視覚よりも聴覚よりも嗅覚が優位なんですよ!笑
>
> そうだったんですか!目を閉じて動画を聴くってのは前に聞いた気がしますが、嗅覚鋭いのは、万年鼻炎としては羨ましいです。

いや、少しでも臭い匂いがもれなく気になりますよ;;

> >ほぼ無臭と言われるネコを匂いだけで区別出来る能力ならあります!(笑)
>
> ネコ判別師も名乗って、お仕事とって行きましょ!!w

ニーズほぼなさそうな職業ですね~笑
世の中、色んなことがあるとはいえ、そのスキルが必要な場面にはそうそうでくわなさそうです笑

> って、エヴァですか!
>
> エヴァは自分にはまだ早いと思ってまだちゃんと見たことないんですが(めっちゃ難解っていうイメージw)、甥っ子ちゃんのセンスもすごいですねぇ!

まだ早いとか笑
いや、あれは色んな楽しみ方が出来ると思いますよ。
甥っ子はなかなかのキワモノ感が漂っています笑

> >2歳時点で、「地球の曲」「終わりの曲」「たいへんの曲」など適当に鍵盤を押して作曲(?)してました。
>
> この終末感漂うタイトルwww そのうち北斗とかも好きになったりしてw (地球、終わり、たいへんっていうと、クロノトリガーとか好きになって欲しいなぁ。。w)

今のところはアニメでは、鬼太郎、ぬーべーと、怖がりのくせに怖いものが好きなようです。
ゲームは好きになるかも。妹からのラインで、おどるほうせきが送られてきたのですが、甥っ子は、「おどるほうせき」を「おたからまんじゅう」と言ったのだそうで笑;

> 姪っ子ちゃんとの対照もすごく興味深いですね。二人共音楽をお続けになって、いつか連携技を見せて欲しいですね!

連携技!
いつかそんな日が来るといいなあ。そして、はやく観客席にまわりたい!w;
2018/02/17(土) 23:11 | URL | ゆきなぎ #-[編集]
こちらの記事にもコメントしたと思ったらしてませんでした〜
コメントを書いたところまでは覚えているのですが、送信のポチを押し忘れたんですね、きっと。

インフル、その後の後遺症も含めて大変でしたね。今はすっかり回復されましたか?
ゆきなぎさんは嗅覚が優位ということですが、それももしかしたらピアノにどこかで繋がってるかもしれないですよ。根拠はないけどそんな気がすごくします。私の知っている人で、音楽で温度(ぬくもりや冷たさ)を実際に皮膚感覚として確かに感じるという人もいますし。

姪っ子ちゃんと甥っ子ちゃんの個性の違いも、とても興味深く拝見しました。アプローチの仕方が対照的だけど、二人とも音楽的才能に満ち溢れてるようで今後が楽しみですね!
2018/02/27(火) 10:23 | URL | 私はタワシ #5eVrhZok[編集]
タワシさん
多忙のため、返信遅くなりました。

> こちらの記事にもコメントしたと思ったらしてませんでした〜
> コメントを書いたところまでは覚えているのですが、送信のポチを押し忘れたんですね、きっと。

ああ、そういうことしばしあります。再びのコメントありがとうございます。

> インフル、その後の後遺症も含めて大変でしたね。今はすっかり回復されましたか?

はい、あの嗅覚異常は続く人もいるという中、はやめに終わってよかったです。

> ゆきなぎさんは嗅覚が優位ということですが、それももしかしたらピアノにどこかで繋がってるかもしれないですよ。根拠はないけどそんな気がすごくします。私の知っている人で、音楽で温度(ぬくもりや冷たさ)を実際に皮膚感覚として確かに感じるという人もいますし。

音楽で皮膚感覚か~
そうか、情景が浮かぶ、そしてそれを表現したいと思うというのは、自分の五感で捕らえたものの表現ですもんね!

> 姪っ子ちゃんと甥っ子ちゃんの個性の違いも、とても興味深く拝見しました。アプローチの仕方が対照的だけど、二人とも音楽的才能に満ち溢れてるようで今後が楽しみですね!

才能一点にしぼってみても、個性があって面白いですね。ピアノ弾きの方々のブログも、練習の仕方、曲への取り組み方で、非常に幅広い個性を感じます。
もうひとり、教えている子は、向上心めっちゃ強い子で、それまたどうなっていくのだろうと、努力のその子と表現の甥と音感の姪みたいになりそうで、何か漫画を読んでいるような気分になります。・・・出来れば傍観してたいですが笑
2018/03/01(木) 10:48 | URL | ゆきなぎ #-[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Template by 【投資信託のことなら】投信Web /

Powered by .