Calm breathing
独学ピアノの記録
モーツァルト、ここにいたんだね!! ハオチェン・チャンの絶品演奏!
2017年05月31日 (水) 12:43 | 編集

モーツァルトが好きだ。このサイトだって元々はモーツァルトを弾こうとして作ったサイトだった。しかし、僕は未だかつて、完全に満足するモーツァルトの演奏に出会ったことがなかった。プロの演奏を聴くときは、厳しい、いやワガママな耳で聴いてしまう。この人のCDを買うか否かという判断で聴くからかもしれない。まあ、そんなわけで、自分は全く満足に弾けないことは棚に上げて、あらゆるプロの演奏に文句垂れていたのだった。

僕にとってモーツァルトは、哀愁漂うメロディーラインが現れても、決して感傷的にはならない。ただ、澄んだ音が静かにたたずむ。だけど、いや、だからこそ、そこに一抹の寂しさ・素の寂しさとかなしみが残っていく。この世のものでは彼は満足しなかったのではないか?そう思わせられる。そのメロディーラインは明るく面白く素直で飾りけなく、音楽に触れる楽しさとユーモアあふれているのだが、その反面が垣間見えるときがある。美しすぎる澄み切った音が生み出す影、というか。

僕はモーツァルトをそのように思っているのだが、そんなモーツァルトをハオチェンが表現してくれていた。恐ろしく美しく、美しすぎて哀しくなる音・・・
これぞモーツァルト!モーツァルトがここにいる!
これ弾いているのはモーツァルトではないのか?
画面を見なかったら、あの髪の毛クルクルの肖像画の人物が弾いているシーンが脳裏に浮かぶ。

ハオチェン・チャン。彼のことは、元々知ってはいた。ヴァン・クライバーンで辻井伸行さんと同時に優勝した人だ。その時に少し聴いて、クリスタルのようなクリアで美しい音色がかなり好みと思ったが、当時、ピアノを始めたばかりだったこともあり、知らない曲ばかりで、理解が追いついてなかった。ただ、この人がショパンのノクターンやワルツを弾いてくれたら、食傷気味のショパンの短調ノクターンや短調ワルツも好きになれそうだと思ったに過ぎなかった。その頃、ブロ友さんが、ちょうとハオチェンのコンサートに行って素晴らしかったという記事を書いていて(その方も、厳しい耳を持っておられた)、アンコールがノクターン20番で非常に素晴らしかったというからうらやましかった。

それから数年。今になって、ハオチェンの演奏を聴いてみた。
クライバーンの美しすぎるラヴェル。これぞラヴェル!にわかラヴェル好きがいうのもなんだがそう思った。


こうして聴いていると、綺麗な音を要求される曲が得意なのかと思いきや、
どんどん盛り上がっていく、割れそうなfffのど迫力ベートーベン。ベートーベンが天国で笑っている、そんな気がした。


その他、色んな曲を聴いたが、もし、作曲家たちが生きていたら、こう弾いて欲しかったんじゃないか、と思わせられるものばかりだった。バロック~近現代まで、時代も様式も国も全く違う作曲家の曲だというのに、完璧にコントロールして弾きこなしているのだ。
大概の奏者は、聴いていると、この作曲家の演奏はいいけれど、この作曲家のはイマイチ合ってないような、と思うのだが、彼にはそれがほとんどないと思った。

しかし、ハオチェンはイマイチ知名度が低いようだ。コメント欄では、「今まで聴いた中で一番の演奏だけれど、誰?」というのが見られたりした。なぜ彼の知名度が低いかはいくつか理由がある。

ハオチェンは、すさまじい技術の持ち主で、超絶技巧が楽に弾ける技術を持っている。楽に弾きすぎて、聴いていると簡単な曲に聴こえてしまうくらいだ。どっかのブログで、「もう少し難しそうに弾けばいいのに」、と書いてあったのには笑ってしまった。確かに、そんな技巧を持っているなら、バリバリの超絶技巧曲を(難しそうにアピールしながら笑)弾いたほうがインパクトがあるだろう。
それから、コンサート等やCDでの演奏曲目。古今東西の曲を完璧に、表現力豊かに弾きこなせるのなら、人気のある色んな曲をジャンジャン弾いたほうが人気が出るだろう。通常、得意とする作曲家やスタイルがプロにでもあるというのに、彼は、全ての作曲家を弾きこなすといっても過言ではないのだから。
しかし、初のCDのコンセプトも、「自分の人生を振り返って内省してみた」的なもので、確かに味わい深い選曲(シューマンの子供の情景にはじまる)と思ったので、そういうの大好きな僕はCDを買ったけれど、これは一般にはウケないんじゃないかと思った。若いのにやっていることがジジくさ・・・いや、地味なのである笑
ユーチューブのコメント欄での、「彼はもっと知られるべき、なぜ知名度が低いのか」というコメントに対し、「彼は控えめで内省的な人間で、評判を気にしない。ただ、より良い人間になることだけを考えている。」というレスがついていたが、そうなのだろうなと思う。
また、だからこそ僕は、ハオチェンの演奏にひかれたのかもしれない。
もっと、多くの演奏を聴きたいから、有名になってたくさんCD出して欲しいのはヤマヤマであるが。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
コメント
この記事へのコメント
モーツァルトの曲はただただすごいとしか。。。w 違いを吟味するとか全く頭も耳も追いつかず・・・スイマセン

ただ、ゆきなぎさんの文章がいつも以上に活き活きとしてて(記事タイトルが元気でかわいいw)、歯切れのよい文体がすごくプロっぽいと思いました!!まるで雑誌とかのモーツァルト特集みたいなのを読んでるような。洗練されたカッコイイ記事です!

モーツァルトの記事なのに、2こめのラヴェルの曲が一番気に入りました。スイマセンw

チャンさん、ほぼ口開けっぱで、喉カピカピにならないか心配になりました。。。w

>若いのにやっていることがジジくさ・・・いや、地味なのである笑

wwww
チャンさんオールマイティなのに職人気質なんですね。在り方がカッコイイ!

などと、自分なんかが浅薄なコメしちゃってほんと申し訳ありませんw


>鍋にいろいろぶっこんで、煮込んだり魔女鍋にしないように、ということではないかと思います。

いいですねその表現!魔女鍋笑いましたww

>今まだtake2のために弾いているので、次は動画にとってみます。

おおおそれは楽しみです!!

>そもそもドラクエ11も発売日に発売されるのかな。

それですよねw DQもFFも発売日何回も延期して焦らすのが伝統芸ですからねw

>すでに、竜王の3度のスケールという恐ろしいやつにとりかかって、つまってますが、頑張ります。

3度のスケール、どんなのですかそれ? よかったら竜王記事にその部分の写真も載っけてくださいませー
2017/06/04(日) 17:21 | URL | くだダヰナ #-[編集]
くだダヰナさん
> モーツァルトの曲はただただすごいとしか。。。w 違いを吟味するとか全く頭も耳も追いつかず・・・スイマセン

この記事、マニアックでコメントつかないだろうなあと思ってました。コメントありがとうございます!

> ただ、ゆきなぎさんの文章がいつも以上に活き活きとしてて(記事タイトルが元気でかわいいw)、歯切れのよい文体がすごくプロっぽいと思いました!!まるで雑誌とかのモーツァルト特集みたいなのを読んでるような。洗練されたカッコイイ記事です!

そんなふうに言っていただけて嬉しいです!この記事以来、ピアノ絶好調なんですよ。

> モーツァルトの記事なのに、2こめのラヴェルの曲が一番気に入りました。スイマセンw

くださん、ラヴェル好きそうな感じがします。幻想的で透き通ってて、FFのイメージと思わされるんで。

> チャンさん、ほぼ口開けっぱで、喉カピカピにならないか心配になりました。。。w

口開けて弾いたら上手く弾けるかと試してみたのですが、出来ませんでした笑
まず、口を開けておこうと意識するので意識が分散される笑

> >若いのにやっていることがジジくさ・・・いや、地味なのである笑
>
> wwww
> チャンさんオールマイティなのに職人気質なんですね。在り方がカッコイイ!
>
> などと、自分なんかが浅薄なコメしちゃってほんと申し訳ありませんw

いえいえ、本当に職人気質ですね。
何かのコンクールでモーツァルトを選曲したとか。
モーツァルトは、「裸でピアノを弾くようなものだ」と言われていたりもしますが、演奏効果が低く、ちょっとしたミスやカスレさえ音楽を台無しにしてしまう怖さがあり、弾き手の音楽性が露になると言われています。なので、プロでもあまり選曲しないのだとか。それをショパンなどの演奏効果高めの曲の奏者達に混じって弾くとか、下手すると自殺行為なんですが、ね。

> >すでに、竜王の3度のスケールという恐ろしいやつにとりかかって、つまってますが、頑張ります。
>
> 3度のスケール、どんなのですかそれ? よかったら竜王記事にその部分の写真も載っけてくださいませー

今、モツソナkv.330から弾いてしまっていて、竜王が遅れがちなのでちょっと遅くなりますが、了解です。
2017/06/05(月) 08:57 | URL | ゆきなぎ #-[編集]
>このサイトだって元々はモーツァルトを弾こうとして作ったサイトだった。
→そういえばそうでしたね。以前の部ログ、メインタイトルだったか、サブタイトルだったかは忘れましたが確かモーツァルトの名前がはいっていたような?(記憶違いだったらすみません)それだけ大好きなモーツァルトを、ゆきなぎさんの理想のとおりに弾いてくれる、素敵なピアニスト♪との出会いがあってほんとによかったですね。

そして、あきらかにハオチェン氏効果だと思いますが、↑のコメントレスによれば、モツソナK330に取り組んでらっしゃるとか。ゆきなぎさんのモツソナ演奏、これまでも小品はいくつも聴いてきましたが、やはりソナタを聴けるとなると、期待が格段に高まりますね。ほんとに楽しみです!
2017/06/05(月) 19:27 | URL | 私はタワシ #5eVrhZok[編集]
タワシさん
> >このサイトだって元々はモーツァルトを弾こうとして作ったサイトだった。
> →そういえばそうでしたね。以前の部ログ、メインタイトルだったか、サブタイトルだったかは忘れましたが確かモーツァルトの名前がはいっていたような?(記憶違いだったらすみません)それだけ大好きなモーツァルトを、ゆきなぎさんの理想のとおりに弾いてくれる、素敵なピアニスト♪との出会いがあってほんとによかったですね。

はい、元は「光と闇とモーツァルト」という、厨二ぽいタイトルでした笑
だんだん他の曲の割合が高くなってきたのと、ソナタたくさん弾くのは時間かかって大変と思い、タイトル変えましたが、今は、モーツァルトへのテンション上がりまくりで、むしろ弾けそうです笑

> そして、あきらかにハオチェン氏効果だと思いますが、↑のコメントレスによれば、モツソナK330に取り組んでらっしゃるとか。ゆきなぎさんのモツソナ演奏、これまでも小品はいくつも聴いてきましたが、やはりソナタを聴けるとなると、期待が格段に高まりますね。ほんとに楽しみです!

今までは小品と、モツソナも、ソナチネ終了レベルのK545だけしか弾いた事がなく、自分でもとても気になっていたんですよね。モーツァルト好きなピアノ弾きでありながら、本格ソナタを弾いたことないってどうなんだろう?と。でも、なぜかなかなか弾き出せなかったんですよ。そんなで、K330は、弾く弾くサギ状態で、予定に入れながらなかなか取り掛かってませんでしたが、今回、弾き始めたらとまらなくなりました。理想の音像が明確化したことがあるのだと思います。また、モツソナは1曲しかアップされてないハオチェン氏の演奏がなんと、大好きなK330の1楽章だったという偶然過ぎる偶然まであったんですよね。
スカルラッティソナタをメインにするつもりが、すっかりK330に走ってしまっています。とても楽しんで弾いているので、はやめにアップできそうです。
2017/06/06(火) 00:50 | URL | ゆきなぎ #-[編集]
この人の演奏、音の細さが絶妙ですね。
実は、現代のプロのクラシックピアニストの演奏って、顔芸が面白い事以外は全然好きになれず、アマチュアか昔のプロの演奏ばっかり聴いてるんです。
が、この人の音やリズムは本当に綺麗ですな( # ´Д`)
ワルトシュタインもかなりしっくり来ました。

モーツァルトやベートーベンは、現代では何か変な固定観念を基に弾かれてて可哀想な印象が強いです。
この人の演奏は、タッチなのか楽譜の捉え方なのかは分かりませんが、純度が非常に高く感じました。
他のレパートリーにもかなり興味があります。
2017/06/06(火) 04:12 | URL | モル作 #-[編集]
モル作さん
> この人の演奏、音の細さが絶妙ですね。
> 実は、現代のプロのクラシックピアニストの演奏って、顔芸が面白い事以外は全然好きになれず、アマチュアか昔のプロの演奏ばっかり聴いてるんです。
> が、この人の音やリズムは本当に綺麗ですな( # ´Д`)
> ワルトシュタインもかなりしっくり来ました。
>
> モーツァルトやベートーベンは、現代では何か変な固定観念を基に弾かれてて可哀想な印象が強いです。

変な固定観念、全くそのように思います。
そのことは、現代に電子音源が現れたことが関係していると思います。
というのは、現代は電子音源が現れたことによって、ピアニストの価値が問われだしたと思うのです。つまり、完璧に演奏出来るのなら、電子でいいんじゃないか?という考え方に抗う必要性が出てきたと。ピアノ弾きの人々は、これに異を唱えないことには自分の存在価値がなくなってしまうわけです。
それで、電子音源、つまり機械の持つ大きな力に抗うかのごとく、機械は持ち得ない「感情」的な演奏を過度にし始めた。
そのため、逆に、言い方は悪いけれど、「権威に逆らうヤンキー集団」みたいに「みんな同じ」になり、それが固定観念になってしまっている、僕はそんなふうに感じています。

> この人の演奏は、タッチなのか楽譜の捉え方なのかは分かりませんが、純度が非常に高く感じました。
> 他のレパートリーにもかなり興味があります。

ハオチェン氏の演奏からは、各作曲家へのリスペクトが伝わってきます。
タッチもさながら、時代背景から、その曲について恐ろしく勉強してるんだろうな、という。
実際に彼は、あの若さでマスターズクラスで教えているというし、やっぱりそうかと。
じゃあ、知識がないと聴けないかというとそんなことはなく、ベートーベンはベートーベン、モーツァルトはモーツァルト、ショパンはショパンに聴こえるから、作曲家の個性がよくわかる。バッハもすごかったですよ。こんなふうにバッハを弾くのは、グールドくらいしか知らない。

https://www.youtube.com/watch?v=mrZ1qSKSxZU&list=PLNl42nQeHGLkNhHf49kliFotrO4_36wG0&index=2

それから、素晴らしかったのはショパン。
とりわけ、現代において、これでもかと「なよなよ」弾かれがちなショパンを、とても、清潔に美しく弾いている。
今まで、僕はショパンの、ワルツ・ノクターン、それからプレリュードが妙になよなよしてて苦手だったんですが、これ聴いて、むしろ弾いてみたくなりました。
そして、聴いているときに、ふと、モル作さんが以前に言われていた、
「ショパンは近現代ぽい」と言われていたことを思い出しました。
ハオチェン氏の、純度の高い演奏から、ショパンの持つ音楽が素で浮かび上がってきたというか。
彼はインタビューで、ショパンとベートーベンの共通点を「とてもノーブルである、どの作曲家にもあることではありません。」と語っています。
プレリュードはここで、少し聴けるのみですが↓

https://www.amazon.co.jp/2009-Cliburn-International-Piano-Competition/dp/B005OI2WL8/ref=sr_1_10?ie=UTF8&qid=1496707476&sr=8-10&keywords=%EF%BC%A8%EF%BD%81%EF%BD%8F%EF%BD%83%EF%BD%88%EF%BD%85%EF%BD%8E

実は今、ハオチェン氏、来日中で、8日は東京でコンサートなんです。
アンコールに、ショパンのノクターン20が入っていて、行きたくてしょうがないです;;
もっとCD出してくれんかな~、この人。
学校の事務椅子にアップライトで弾いてたりせずにwww↓

https://www.youtube.com/watch?v=Aei0G37R4Tw
2017/06/06(火) 09:20 | URL | ゆきなぎ #-[編集]
6/8!!!!!
ふんぬぉぉぉおおおおおお!!!( ;´Д`)












…ポチッ
2017/06/06(火) 20:27 | URL | モル作 #-[編集]
モル作さん
ま、まさかっ!



いいなあ~
レポ宜しくです(^_^)/
2017/06/07(水) 00:44 | URL | ゆきなぎ #-[編集]
ハオチェン・チャンのベートーベンのソナタ聴きました。左手の和音の連打が凄まじいですね(^_^;)
実に軽やかに、ほんとに簡単な曲じゃないかと思わせる演奏は素晴らしいですね~♪ 

自身、ドラクエとBzと全く違うジャンルの演奏動画をアップしました。よろしければまた聴いてくださいね~♪
http://kunichan0129.blog.fc2.com/
2017/06/07(水) 02:28 | URL | 国ちゃん #-[編集]
国ちゃんさん
> ハオチェン・チャンのベートーベンのソナタ聴きました。左手の和音の連打が凄まじいですね(^_^;)
> 実に軽やかに、ほんとに簡単な曲じゃないかと思わせる演奏は素晴らしいですね~♪

超絶技巧の持ち主でも、自分の技巧におぼれることない、表現のための技術だからだと思います。
ベトソナ、今まで弾こうと思ったことはなかったけれど、弾いてみたいと思わせられましたし。

> 自身、ドラクエとBzと全く違うジャンルの演奏動画をアップしました。よろしければまた聴いてくださいね~♪
> http://kunichan0129.blog.fc2.com/

今から伺いますね。
2017/06/10(土) 00:35 | URL | ゆきなぎ #-[編集]
何かあからさまに乗っかっちゃった感じで、失礼しました( ;´Д`)
でも、教えてくれてありがとうございました。

逝って参りました。
様子や感想は後日記事にレポさせてもらいますが、物凄かったです!!

彼のショパン演奏も、ゆきなぎさんの、仰る通りでした。

曲目もちょっとマニアックな並びで、良かったです。
2017/06/10(土) 01:04 | URL | モル作 #-[編集]
モル作さん
> 何かあからさまに乗っかっちゃった感じで、失礼しました( ;´Д`)
> でも、教えてくれてありがとうございました。

いえ、嬉しいですよ!
自分の記事がお役に立てて。コンサート、物凄かったということですし。
レポも読めるしで^^

> 逝って参りました。
> 様子や感想は後日記事にレポさせてもらいますが、物凄かったです!!

もう、物凄く楽しみです!!

> 彼のショパン演奏も、ゆきなぎさんの、仰る通りでした。

想像通りのノク20だったんですね!
ああ、絶対いつか聴こう!!

> 曲目もちょっとマニアックな並びで、良かったです。

客ウケ狙いではないところが魅力ですね。
2017/06/10(土) 14:11 | URL | ゆきなぎ #-[編集]
より良い人間になりたい!
ハオチェン・チャン、私は名前は存じていたのですが、「ヴァン・クライバーンコンクールで辻井さんと一緒に優勝? あ、そうでしたっけ、そうでしたそうでした!」・・・というくらい無知でした(笑)今回、ゆきなぎさんの文章を読んで、私も彼について知ることができました、ありがとうございました!

確かに知名度が低いですよね。そもそも、「ヴァン・クライバーン」という名前の知名度も低ければ、実績も「ショパン」や「チャイコフスキー」や「浜松」に比べたら低いしで、ちょっとかわいそうなコンクールですよね。ハオチェンさんが、今後もっと活躍して、知名度が上がってくれれば、クライバーンも浮かばれると思いますが、ハオチェンさんは「もっと有名になりたい!」とは思ってないのでしょうね。

「より良い人間になることだけを考えている」ってステキな響きですね。「彼女がいたらなぁ」よりも、「いい人間になって女の方から寄って来られる人間になる!」といった感じでしょうか(^^♪
2017/06/10(土) 15:16 | URL | 大竹真人 #-[編集]
大竹真人さん
> ハオチェン・チャン、私は名前は存じていたのですが、「ヴァン・クライバーンコンクールで辻井さんと一緒に優勝? あ、そうでしたっけ、そうでしたそうでした!」・・・というくらい無知でした(笑)今回、ゆきなぎさんの文章を読んで、私も彼について知ることができました、ありがとうございました!

あのコンクールは、辻井さんのとき日本で大きく報道されたので名前は知っている人多いようですね。
でも、同時優勝ということはマスコミの報道の仕方が偏っていたせいで、辻井さんが優勝したことしか知らない人もいるという。

> 確かに知名度が低いですよね。そもそも、「ヴァン・クライバーン」という名前の知名度も低ければ、実績も「ショパン」や「チャイコフスキー」や「浜松」に比べたら低いしで、ちょっとかわいそうなコンクールですよね。ハオチェンさんが、今後もっと活躍して、知名度が上がってくれれば、クライバーンも浮かばれると思いますが、ハオチェンさんは「もっと有名になりたい!」とは思ってないのでしょうね。

クライバーンコンクール覇者は、伝説のピアニストのクライバーン同様に報われないといういわれもある、とか、微妙に呪われたコンクールとかも言われているようで。若くして亡くなった人もいたり、ことごとく優勝者がつぶれていったのだとか・・・
ハオチェン、辻井さんなど、今後みなさんがそうなっていかないといいのですが。

ハオチェン氏は全くと言っていいほど人受けは考えてないみたいですね。インタビューとか読んでもつくづく。

> 「より良い人間になることだけを考えている」ってステキな響きですね。「彼女がいたらなぁ」よりも、「いい人間になって女の方から寄って来られる人間になる!」といった感じでしょうか(^^♪


なんか、英語を直訳してしまったので変な感じになりましたが、ハオチェン氏自身の言葉では、
「ブラームス晩年の作品を弾くにはまだ早いという意見もあるかもしれませんし、僕の演奏を好まない人もいるかもしれませんが、それは重要なことではありません。大切なのは、自分に最も誠実な形で音楽を表現していくことです。」
と言ってますが、自分の内面に正直にということのようですね。
たぶん、ハオチェン氏的なより良い人間、ピアニストになっても女性は寄ってこなそうです笑
ハオチェンのコンサートは若い女性の比率が低いそうです笑(ユンディリやキーシンは全く逆らしい)
ブラームス晩年作品とか、ヤナーチェクとか、もう、じじくさいですしね笑
2017/06/11(日) 00:19 | URL | ゆきなぎ #-[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Template by 【投資信託のことなら】投信Web /

Powered by .