Calm breathing
独学ピアノの記録
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Miyoshiピアノ・メソード 4巻 練習曲62番、63番
2016年12月16日 (金) 23:18 | 編集

練習曲62 リングの舞い ソロと連弾をそれぞれ
練習曲63 茜色のエレジー ソロと連弾をそれぞれ

弾いて、オーバーダビングしました。
連弾は、先生のパートですね。

「リングの舞い」は、ト長調(好きな調です)で、何か中華風です。やたら、頭に残って、最近もよく歌ってしまいます。
「茜色のエレジー」は、ホ短調ですね。
このあたりの曲、実は、タイトルを自分でつけてみようと書かれていますが、最初に、つけられているタイトルを見てしまうと、ぴったりすぎて、それしか浮かばなくなってしまってます;
あんまり、想像力豊かでもないですからね;
ああ、想像力の勉強もするのがミヨシ・メソードだった・・・
5巻から頑張ってみよう。

しかし、曲が弾くほどにどれも好きになっていき、三善ワールドにはまるどころか、ついには三善晃つながりで、ラヴェルが気になって気になって聴き散らかし、楽譜まで買ってしまった次第です。(三善先生は、フランス印象派の影響を多く受けていて、ラヴェルの楽譜の解説を書いておられます。)

買ったのは「クープランの墓」だけど、弾けるのあるかな~。フランス・バロックのクープランは好きで、弾いたことあるけれど、それとはまったく違う。クープランの墓の3曲目、フォルラーヌあたり、候補に入れておこうかな。しかし、これ、弾くとなると「ジャズ寄り」「舞曲」「官能的」とか書いてあって、ジャンルじゃなくね?と思ったりもしたけど、それでも「新古典主義のフランス印象派」と言われているだけに、そして、聴いた感じとしても、そこまで抵抗なく弾けるんじゃないか(技術が追いつけば笑)・・・と思いました。

そして、さらに、近現代ものつながりで、ショスタコーヴィチを聴いていたら、やっぱり楽譜を買ってしまいました。「24のプレリュード」。どんどん、弾きたい曲がたまっていってます。

でも、長らくかかった、「永遠の豊穣」がラスト・スパートに入り、これ仕上がったらいろいろ弾いていけそうです。


以前、関心を持たなかったブログ村ランキングに参加したのは、Miyoshiピアノ・メソードの紹介を兼ねてのことです。


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
コメント
この記事へのコメント
ショスタコーヴィチと聞いて!
24のプレリュードですよね、
えーと、あったあった、

https://www.youtube.com/watch?v=5rc05EFymqY

ホントYoutubeは素晴らしいですね。
この第1曲からショスタコワールド全開なところが素敵です。

実は、「24のプレリュードとフーガ」という作品もあって、
こちらは若干ショスタコっぽくない美しい感じですが、
(いえ、ショスタコも美しい曲書きますw)
ショスタコは交響曲だけではなく、
ピアノの名手でもあったことが再確認できます。
第1回ショパンコンクールの出場者ですものね(^◇^)
2016/12/18(日) 13:34 | URL | 大竹真人 #-[編集]
大竹真人さん
そうそう、これです!この演奏を聴いてました。
この演奏で、楽譜が欲しくなったのです。
ほんとに、ユーチューブは便利です!ユーチューブのおかげで、ピアノ世界が広がっています。

24のプレリュードとフーガは、弾くとなると、さらに難しいですね。
まずは、フーガのついてないほうから体験してみます。

> 第1回ショパンコンクールの出場者ですものね(^◇^)

おお~、そうなんですね!
ショスタコとショパン、曲調はあまり似てないですが、ショパンコンクールに出るほど、ショパンも弾きこなしていたとは驚きです、そして、興味深いです。
2016/12/18(日) 23:09 | URL | ゆきなぎ #-[編集]
茜色のエレジーが特に格好良いと思いました。
ゆきなぎさんの趣味はかなり共感します。笑
永遠の豊穣も楽しみにしてます。

クープランのクラヴサン作品集とラヴェルのクープランの墓は、どっちも好きですが、印象はかなり違いますね。

全然話変わりますが、ショパンさんの曲は、時代も技法もロマン派ど真ん中って事なんだろうとは思うんですが、私にはなぜか、近現代曲の亜種に聴こえます。
2016/12/19(月) 02:11 | URL | モル作 #-[編集]
おお、ラヴェル!
聞かせていただきました~
連弾、ダビング難しそうなのに、上手にされてて感心しちゃいます!!どの演奏も、三善節炸裂で萌え萌えしちゃいますよ・笑

やっぱり、ゆきなぎさんもラヴェル行きます?笑
私もラヴェルは大大大好きで、何曲か弾いてみましたよ~。
クープランの墓は、1曲目から弾いてみてはいかがですか?プロの演奏のようなテンポで弾こうと思うと「無理だな・・・」となってしまうんですが、ゆっくりでもとても味わい深いです。メヌエットやフーガなんかも行けますよきっと!!

ショスタコヴィッチは聞いたことがないので、ぜひ聞いてみようと思います。ワクワク!!
2016/12/19(月) 19:17 | URL | ina-kibi #FmSL4M/k[編集]
なんだか掴みどころがないというか、ちょっとふわふわした感じの可愛らしい曲ですね~
聴いてる分には楽しい感じですが、私なら弾くの苦労しそうな曲です笑

永遠の豊穣ラストスパートですか!
あれ聞くの楽しみです(・∀・)

この間の練習音源でかなりインパクトあったので、是非聞きたい!
2016/12/20(火) 14:23 | URL | びこ #-[編集]
今回は調も書いてくださって嬉しいです!!

「中華風」、連弾バージョン聴いたら「ああ~たしかにちょっとぽいw」ってなりましたw

茜色のエレジー、上品!これなら「ゴホゴホッ」ならないw

今回は調のヒントもらったのに、やっぱりどんどん和音(重音)変わるとこですぐ追いつけなくなりますw ぐぬぬ・・w

>最初に、つけられているタイトルを見てしまうと、ぴったりすぎて、それしか浮かばなくなってしまってます;

ありますよねw
でもタイトルなくて番号だけだといまいちイメージが浮かばないというw
タイトルがイメージ縛る面もあるけど、タイトルあるからそこから広がるんで、やっぱりタイトルあった方が嬉しい派です!絵もあるとなお良いですww

>あんまり、想像力豊かでもないですからね;

いやいや、ゆきなぎさん、作家先生でもいらっしゃるからそんなことはないと思います!

>5巻から頑張ってみよう。

やったーヽ(`▽´)/曲ごとのショートストーリー期待!!(無茶振りですかねコレw 悩ませすぎて更新無くなったら悲しいので、思いついた時だけでも是非!w)

>三善先生は、フランス印象派の影響を多く受けていて、ラヴェルの楽譜の解説を書いておられます。

ほえ~そうなんですね!曲のあの上品な感じはおフランス譲りでしたか!

>「ジャズ寄り」「舞曲」「官能的」とか書いてあって、ジャンルじゃなくね?と思ったりもしたけど、

ほんとw なんかもう見ただけでスゴそうw

永遠の豊穣、その後の候補も((o(´∀`)o))ワクワク


あ、前回の
海の日記帳聴きました!

演奏はいいのに、全部ホンキートンクみたいな音なんで、「調律ェ・・・w」って思ってしまいましたがw(いや、ホンキートンクはそれはそれで好きなんですよw)、「これは海辺のピアノで、潮風でこんななったんや・・・」っていう裏設定を想像したら急に味わい深くなってきましたw

11番、「弔列」って言う割に全然沈鬱なレクイエムとかじゃなくて、思い出を懐かしんでるような感じでいいですね。淡々とした潮騒が哀しみもかき消していくみたいな。

12番のこの不思議で妖しい感じいいですねw
船の墓場でセイレーンのしもべにされそうですww

>くださんのいわれる、「現代音楽」は、4期の分類で「近現代」とされているものではなく、調性否定の「現代音楽」のほうなんですね。

ですです!
自分の中では完全に現代音楽=カオス!ってことになってますww そっか~そうですよねw そういえばこれ狭義の「現代音楽」ですよねw 定義問題とか大好きなんで、いつか表とかに整理してみたいと思いますw
2016/12/20(火) 20:04 | URL | くだダヰナ #-[編集]
モル作さん
> 茜色のエレジーが特に格好良いと思いました。

ミヨシ曲はほとんど好きですが、これもいい曲!なんとなく、モル作さんが弾くと似合いそうです。

> ゆきなぎさんの趣味はかなり共感します。笑

全身、毛だらけの生き物が好きなところとかもですね笑

> 永遠の豊穣も楽しみにしてます。

ありがとうございます。まだ、最後が上手くいかなくて練習中ですが、1月くらいにはと思っています。

> クープランのクラヴサン作品集とラヴェルのクープランの墓は、どっちも好きですが、印象はかなり違いますね。

おお!クラヴサンも好きなんですね!

> 全然話変わりますが、ショパンさんの曲は、時代も技法もロマン派ど真ん中って事なんだろうとは思うんですが、私にはなぜか、近現代曲の亜種に聴こえます。

丁度、近現代の無調で調べていたら、ショパンの曲にも無調を取り入れたものもあるということで、あまり知られていないものをちょっと聴き調べてみようかと思っていたところでした。
2016/12/21(水) 22:35 | URL | ゆきなぎ #-[編集]
ina-kibiさん
> 聞かせていただきました~
> 連弾、ダビング難しそうなのに、上手にされてて感心しちゃいます!!どの演奏も、三善節炸裂で萌え萌えしちゃいますよ・笑

聴いていただきありがとうございます。
三善節炸裂!そうですね~、最初の方の巻も、これからのソロも、もう弾きながら次が楽しみです。

> やっぱり、ゆきなぎさんもラヴェル行きます?笑
> 私もラヴェルは大大大好きで、何曲か弾いてみましたよ~。

やっぱり曲の趣味が近いみたいですね!そして、いなきびさんはとっくに演奏済みとは!あとに続きます!笑

> クープランの墓は、1曲目から弾いてみてはいかがですか?プロの演奏のようなテンポで弾こうと思うと「無理だな・・・」となってしまうんですが、ゆっくりでもとても味わい深いです。メヌエットやフーガなんかも行けますよきっと!!

プロの演奏を先に聴いてしまって、びびってしまったけれど、確かに、プロみたいな速度で弾かねばならないわけではないですね。そうだなあと思いました。

> ショスタコヴィッチは聞いたことがないので、ぜひ聞いてみようと思います。ワクワク!!

近現代の中でも、とっつきやすいということで、聴いてみたのですが、とっつきやすくても何度聴いても飽きない感じが新鮮でした。これも候補に入れてます。なんか、いっぱいいっぱいですが、弾きたい曲が多くて、ピアノやめるとか考えられない状態です。
2016/12/21(水) 22:41 | URL | ゆきなぎ #-[編集]
びこさん
> なんだか掴みどころがないというか、ちょっとふわふわした感じの可愛らしい曲ですね~
> 聴いてる分には楽しい感じですが、私なら弾くの苦労しそうな曲です笑

ふわふわか~、言われてみたらそんな感じにも聴こえて、聴き方によって印象が変わるところもまたいいな~と思いました。
びこさんは、どんな曲でもジャンル問わず、最終的には弾いてそうなイメージですよ。

> 永遠の豊穣ラストスパートですか!
> あれ聞くの楽しみです(・∀・)
> この間の練習音源でかなりインパクトあったので、是非聞きたい!

そのラストの和音部分を高速で弾くのがかなりしんどくなってます。もう少しがんばります!
難しい曲は、難しい部分が過ぎたら次の課題、とやってきますね;
2016/12/21(水) 22:45 | URL | ゆきなぎ #-[編集]
くだダヰナさん
> 今回は調も書いてくださって嬉しいです!!

くださんのコメを思い出して書きました。

> 「中華風」、連弾バージョン聴いたら「ああ~たしかにちょっとぽいw」ってなりましたw

なんか、スト2の春麗のテーマを思い出してしまったのですw

> 茜色のエレジー、上品!これなら「ゴホゴホッ」ならないw

基本、エレジーは「ゴホゴホ」ですからねww

> 今回は調のヒントもらったのに、やっぱりどんどん和音(重音)変わるとこですぐ追いつけなくなりますw ぐぬぬ・・w

重音の聴き取りはとても難しいですよね。エレクトーン時代に試験とかありましたが、未だにちょっと基本から外れるとダメダメですもん。

> >最初に、つけられているタイトルを見てしまうと、ぴったりすぎて、それしか浮かばなくなってしまってます;
>
> ありますよねw
> でもタイトルなくて番号だけだといまいちイメージが浮かばないというw
> タイトルがイメージ縛る面もあるけど、タイトルあるからそこから広がるんで、やっぱりタイトルあった方が嬉しい派です!絵もあるとなお良いですww

そうですね!タイトルがあるもののほうが、ずっと親しみも沸きやすいです。

> >あんまり、想像力豊かでもないですからね;
>
> いやいや、ゆきなぎさん、作家先生でもいらっしゃるからそんなことはないと思います!

印象とかなんとなく自分の中にはあっても、言葉にするのも難しいです。
くださんなんかは、右脳・左脳が上手く連携して働いている印象ですが、僕は、左脳機能してないようです笑
その手のテストで調べたら、右脳ばっかりという結果でしたし;

> >5巻から頑張ってみよう。
>
> やったーヽ(`▽´)/曲ごとのショートストーリー期待!!(無茶振りですかねコレw 悩ませすぎて更新無くなったら悲しいので、思いついた時だけでも是非!w)

無茶振り返しきた~!!
ショートストーリーも良いですね~
ただ、書き出したら、変にこりすぎてしまいそうなので、たまにやってみますね。

> >三善先生は、フランス印象派の影響を多く受けていて、ラヴェルの楽譜の解説を書いておられます。
>
> ほえ~そうなんですね!曲のあの上品な感じはおフランス譲りでしたか!

昔の曲には、ドラクエのボス戦の曲か?というようなものもあって、さすが、すぎやま先生と同世代!とか思いました笑
でも、メインはフランス印象派の影響が一番強いようです。

> >「ジャズ寄り」「舞曲」「官能的」とか書いてあって、ジャンルじゃなくね?と思ったりもしたけど、
>
> ほんとw なんかもう見ただけでスゴそうw

もう、何をやらされるんだという感じですね。言葉だけ見ると。曲を聴くと、そんなに濃ゆ濃ゆではないんですが。

> 永遠の豊穣、その後の候補も((o(´∀`)o))ワクワク

今度は、難しすぎて苦しむものは避けたいと思っていましたが、ラヴェルとか言い出した時点で、難しくなってしまいますね;

> あ、前回の
> 海の日記帳聴きました!
>
> 演奏はいいのに、全部ホンキートンクみたいな音なんで、「調律ェ・・・w」って思ってしまいましたがw(いや、ホンキートンクはそれはそれで好きなんですよw)、「これは海辺のピアノで、潮風でこんななったんや・・・」っていう裏設定を想像したら急に味わい深くなってきましたw

海辺のピアノ~!そういう設定、いいですね!!

> 11番、「弔列」って言う割に全然沈鬱なレクイエムとかじゃなくて、思い出を懐かしんでるような感じでいいですね。淡々とした潮騒が哀しみもかき消していくみたいな。
>
> 12番のこの不思議で妖しい感じいいですねw
> 船の墓場でセイレーンのしもべにされそうですww

そうそう、なんか、味わい深さがあって、ぜんぜんカオスではないんですよね。
くださんのイメージ気に入りました、セイレーンのしもべも笑

> >くださんのいわれる、「現代音楽」は、4期の分類で「近現代」とされているものではなく、調性否定の「現代音楽」のほうなんですね。
>
> ですです!
> 自分の中では完全に現代音楽=カオス!ってことになってますww そっか~そうですよねw そういえばこれ狭義の「現代音楽」ですよねw 定義問題とか大好きなんで、いつか表とかに整理してみたいと思いますw

その手の作業も得意ですよね。確かに、現代音楽という言葉、狭義・広義あって、誤解してしまうので(現に、最初、そうでしたし;)、まとめはわかりやすくて良さそうですね。
2016/12/21(水) 22:59 | URL | ゆきなぎ #-[編集]
年末にかけて、
もう1回更新されるかな?と思いましたが、
「もう我慢できない!ケロッグ・コーン・フロスト」(笑)
なので、今年最後のご挨拶です。

今年もお世話になりました!
ゆきなぎさんはMiyoshiメソッドを、
私はバスティンメソッドを、
という点で私たちは共通しているなぁと、
勝手に親近感を抱いています。
ゲーム音楽を愛しているところも(^^♪

来年もいい年にしましょう!
2016/12/30(金) 16:33 | URL | 大竹真人 #-[編集]
大竹真人さん
あけましておめでとうございます。
去年、もう一回は更新したいと思いつつ、出来ずじまいで年が明けました;
最近は、メソッドを全曲録音しようとしている人、あまりいませんし、大竹さんの几帳面な全曲録音リストは素晴らしかったです!
ゲーム曲、特に互いにドラクエ好きというのも嬉しい共通点ですね。
今年も、ドラクエの曲弾きます!
今年もよろしくお願いします。
2017/01/01(日) 23:02 | URL | ゆきなぎ #-[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Template by 【投資信託のことなら】投信Web /

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。