FC2ブログ
Calm breathing
独学ピアノの記録
なぜバッハが必要か(練習曲としてのバッハ)
2016年09月27日 (火) 20:14 | 編集
ツェルニーを積極的に使わないという先生はいても、バッハが不必要という先生はいないようです。
なぜ、練習になる曲としてバッハがそこまで必要とされるのか、今回はまず、前回のツェルニー編とは逆に、個人的なことから話します。

まずは、ここ何年かとりわけバッハの曲が好きになったのですが、これは、多声が聴き分けられるようになったということと大きく関係していると思います。最初聴いたとき、シンフォニアや平均律とか「わけわからん曲」と思ったものでしたが今はそうは思いません。シンフォニアは、インベンションをやっているときに、「弾けそう感」を感じてチャレンジしてみたのですが、インベンションをやっている間に、3声が聴き分けられるようになっていたのだと思います。聴けないと弾けませんからね。
ということで、まず、

効果1.耳が成長する。

そして、次に、運指のこと。オーバーラッピング、アンダーラッピング、スライド、指替えなどがシンフォニアでは出てきます。シンフォニアをはじめた頃は、「軟体動物みたいなことをしなくてはならないんだな、インチキみたいな指使いだ。」と思いながらシンフォニアを弾いていたのですが、最近、他のゲーム曲などを弾いているときに、「あのインチキ運指が使える!」と思った個所がいくつか出てきました。インチキをしないと弾きにくい曲だったのがインチキのおかげで楽になるわけです笑 しかも、これ、今まで使わなかった(知らなかった)だけでインチキでも何でもないんですよね。
その結果、

効果2.運指のパターンが増え、音のつながりが滑らかになる。

個人的に感じた主なことが以上です。

次に、バッハの必要性について調べたことです。
効果1に補足.同時に複数のメロディーを聴きながら弾く練習になる。

なるほど~、です。合唱で例えるなら、他のパートにつられて自分のパートが歌えないというような状態じゃ弾けない曲ですからね、バッハは。合唱に例えると特殊な感じがしますが、そうではなく、例え右手が主旋律、左手が伴奏の曲でも、左手は自動演奏状態になっていて、自分の音が聴けてない状態というのは、気が付かないだけでよくある。そういう状態ではバッハは弾けない、というわけです。「自分の音を弾きながら、実は聴けてない」ということに気が付かせてくれるのがバッハだというわけですね。聴けてないようでは、前回の「テクニックのもとは耳にある」というところから乖離してしまいますね。そのうえ、左手が基本的に伴奏になっているような古典ソナタでもポリフォニックな動きのあるものは出てくるので、そのうちつまずくということが調べたら出てきました。

効果3.3声以上は各指の独立、強化に有用

そういえば、始終、重音や保持音を弾いている状態になるわけで、独立してないとまず弾けないですね。

こうしてまとめてみると、バッハは特殊な曲のようで、全てに応用が利く曲だとつくづく思います。

しかし、ここで1つ問題が。
いきなりインベンションを弾いて、弾けなくてピアノをやめたという話を聞いたことがあります。
やはりいきなりインベンションは難しいのかもしれないです。
インベンションに入る前に弾くといい曲集・曲は結構ありますので、そういうのを弾いてからのほうがいいのかもしれないです。曲集では、
・バッハ クラヴィーア小曲集 市田編
・Miyoshiメソード4巻~
・アンナ・マグダレーナのためのクラヴィーア小曲集
・プレ・インベンション
・こどものポリフォニー(旧版) →やさしいポリフォニー(新版)
・ミクロコスモス
・ピュイグ・ロジェ教本 1巻
・ポリフォニーアルバム
・たのしいポリフォニー
・ギロック 発表会のための小品集
などなどがあります。
※最初、ギロック・アクセントオン2も書いていましたが、4期の曲を網羅しているものの、バロックは3曲しかなかったもので、これ1冊では足りないと思い、リストから削除しました。
※ギロックの発表会のための小品集を、モル作さんの情報により付け加えました。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
コメント
この記事へのコメント
バロック系の曲って、片側の音が少なめで簡単に作られた物でも、慣れてないとかなり面食らいますね( ;´Д`)
当初、指が動かなすぎて衝撃でした。

クラヴィーア小曲集は私も手元にあります。
掘り出し物的な綺麗な曲があって、かなりお得感がある気がします。

ギロックの曲だと、発表会のための小品集ってのも、簡単なバロック系の曲集になってて、なかなか良かったです。
2016/09/29(木) 04:12 | URL | モル作 #-[編集]
モル作さん
> バロック系の曲って、片側の音が少なめで簡単に作られた物でも、慣れてないとかなり面食らいますね( ;´Д`)
> 当初、指が動かなすぎて衝撃でした。

最初にバロックを弾いたとき、なんだこの曲??楽譜は簡単なのに異常に難しい!と思った記憶があります。

> クラヴィーア小曲集は私も手元にあります。
> 掘り出し物的な綺麗な曲があって、かなりお得感がある気がします。

おお!持っておられるのですね!バッハはやっぱり市田編だな~と思っています。

> ギロックの曲だと、発表会のための小品集ってのも、簡単なバロック系の曲集になってて、なかなか良かったです。

情報ありがとうございます!さっそく、あるピアニストの一生で解説を読んできました。ギロックは人気があるので何か1冊、バロックとしてリストに載せられないかな~と思ってたので嬉しいです。
2016/09/29(木) 23:10 | URL | ゆきなぎ #-[編集]
やはり,多声は大切ですか.

題名では
「こどものポリフォニー」が魅力的に見えます(笑)
なんとなく,簡単そう(笑)
2016/09/30(金) 12:43 | URL | あやしいおじさん #-[編集]
あやしいおじさん
> やはり,多声は大切ですか.

そのようですね。

> 題名では
> 「こどものポリフォニー」が魅力的に見えます(笑)
> なんとなく,簡単そう(笑)

やさしいポリフォニーと改名して改定しないほうが良かったかもしれないですね笑
こどもの~というタイトルだと、こどもがあまり好まないからだろうか、とか思いました。
2016/09/30(金) 22:26 | URL | ゆきなぎ #-[編集]
>軟体動物、インチキ運指ww

ますます興味わいてきました!ww

インベンション導入リスト、ちょっと色々調べてみたんですが、

Miyoshiは、バスティン終わって記事整理した後やるとして、、、

『やさしいポリフォニー』
プレインベンションの前らしいですね

『ピュイグ=ロジェ』
古楽!ルネサンス!こ、これは・・・!!
いや、グレゴリオ聖歌、教会旋法っていう単語ぐらいしか知らないけどw、興味あります!
でも、ココ見たら難易度が・・・
http://mathemarimo.bird.cx/public/e_w532.html
そして1冊が高いww(TдT)
遠ーい将来に検討してみることにしますw


例の難易度表見ても、
http://www2.sinfonia.or.jp/~klavier/piano/level/level.htm
自分にはプレインベンション、アナマクはまだまだ手が届きそうにないんで、

『やさしいポリフォニー1』か『たのしいポリフォニー1』
  ↓
『ポリフォニーアルバム1』
  ↓
プレインベンションとかアナマク

っていう感じでやろうかなーと思いました。

いや~、バロック、バッハの夢がひろがりんぐですw ありがとうございます!


あと、前記事の

>ネイガウス先生はリヒテルの先生

リヒテルって、てっきりカール・リヒターの舞台ドイツ語表記かと思ってました(;´∀`) ロシア人ピアニストのリヒテルのことだったんですねwタハー
20世紀最大のピアニスト、知りませんでした恥ずかしーw(;^ω^)

てか、ネイガウスJr.の代で一族がバタバタと原因不明の死ってのが、気になりました。怖い・・・
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%8B%E3%82%B9%E3%83%A9%E3%83%95%E3%83%BB%E3%83%8D%E3%82%A4%E3%82%AC%E3%82%A6%E3%82%B9


>読むとバスティンの教本が欲しくなってしょうがないです笑

そんなこと言っていただいて、ありがとうございます!!( ;∀;)

でも、曲自体は、、、う~んw
ここでも「新鮮味が薄い」と言われてるしw、
http://piano-advance.com/book/bastien-basics.html
いや、いい曲(かわいい曲、変な曲、怪しい曲)もあるんですけどw、バスティン特有のパターンは自分にもわかるぐらいかなとw

あと、コレ
「カラフルで楽しいイラストが満載ですが、いかにもアメリカ風のイラストは馴染みにくいと感じる方もいるかもしれません。」
はっきり言って怖い絵が多いですからねw 「かわいくない!」って拒絶する人もいるんじゃないかとw

自分はあの強烈さが楽しくて、絵にツッコむことが生き甲斐になってる感がありますがww

でも、ゆきなぎさんが楽しんでくださっているみたいで、すごい救いになります!ありがとうございます_(._.)_
2016/10/02(日) 10:45 | URL | くだダヰナ #-[編集]
くだダヰナさん
> >軟体動物、インチキ運指ww
>
> ますます興味わいてきました!ww

そこですか!ww

ポリフォニーもやると言われてましたが、早速始動ですか。
どれを選ばれるか楽しみにしてます。

> 『ピュイグ=ロジェ』
> 古楽!ルネサンス!こ、これは・・・!!
> いや、グレゴリオ聖歌、教会旋法っていう単語ぐらいしか知らないけどw、興味あります!
> でも、ココ見たら難易度が・・・
> http://mathemarimo.bird.cx/public/e_w532.html

そうですね、後半はインベンション同様の難易度ですね。前半だけで導入するのは厳しそうですね、高いですし。

> 『やさしいポリフォニー1』か『たのしいポリフォニー1』
>   ↓
> 『ポリフォニーアルバム1』
>   ↓
> プレインベンションとかアナマク
>
> っていう感じでやろうかなーと思いました。

おお~そうなるとみっちりですね!

> いや~、バロック、バッハの夢がひろがりんぐですw ありがとうございます!

記事がお役に立てて嬉しいです。
くださんはバッハ好きということですし、くださんのバロックはとても楽しみです!

> リヒテルって、てっきりカール・リヒターの舞台ドイツ語表記かと思ってました(;´∀`) ロシア人ピアニストのリヒテルのことだったんですねwタハー
> 20世紀最大のピアニスト、知りませんでした恥ずかしーw(;^ω^)

なかなか最初からピアニストの名前とか知らないものだと思います。自分もそうだったので。知ったのは最近です。
リヒテルは、バッハ平均律の演奏がとても気に入っていますが、モーツァルトやバッハにはまるまでは知らないでいました。

> てか、ネイガウスJr.の代で一族がバタバタと原因不明の死ってのが、気になりました。怖い・・・
> https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%8B%E3%82%B9%E3%83%A9%E3%83%95%E3%83%BB%E3%83%8D%E3%82%A4%E3%82%AC%E3%82%A6%E3%82%B9

ほんとですね。なんなのか気になります。

バスティン、近現代風で、変わった和音がよく出てきますね。でも、いくつか好きな曲がありました。
アメリカのイラストはリアルなものが多いですが、トンプソンの絵は受け付けてました。でも、バスティンのは、くださんのツッコミの通りかと笑
これからも、ツッコミと真面目な練習記事、愛読させていただきます!
2016/10/02(日) 22:44 | URL | ゆきなぎ #-[編集]
ちょっとお久しぶりです~発表会で忙しくてなかなかコメントできませんでした。

やはりバッハは偉大ですよね。私ももうちょっとバッハ弾かなくちゃ~と思いました。
が、個人的に興味があったのはインベンション前におすすめの、ポリフォニーの練習曲集です。
ゆきなぎさん、これみんな実際に弾かれたのですよね~偉いなあ~(遠い目)
ピュイグ・ロジェ教本なかなか面白そうですね。守備範囲が広くって驚きです!
2016/10/05(水) 10:07 | URL | 私はタワシ #5eVrhZok[編集]
タワシさん
> ちょっとお久しぶりです~発表会で忙しくてなかなかコメントできませんでした。

とても楽しそうな発表会だったようで、記事読ませていただきました。

> やはりバッハは偉大ですよね。私ももうちょっとバッハ弾かなくちゃ~と思いました。

バッハでなくても、ポリフォニーかなり弾かれてますよね。発表会の曲もでしたし。

> が、個人的に興味があったのはインベンション前におすすめの、ポリフォニーの練習曲集です。
> ゆきなぎさん、これみんな実際に弾かれたのですよね~偉いなあ~(遠い目)

まさか、そんなに弾けませんよ~^^; 買っているものが半分で、あとは調べたものです。
買っているものも、Miyoshiはこれからだし、あとは、途中までのものと、何曲か音を出してみたものくらいです。

> ピュイグ・ロジェ教本なかなか面白そうですね。守備範囲が広くって驚きです!

ピュイグ・ロジェ1は買ってますが、これはかなりタワシさん好きそうなイメージです。
とにかく選曲が面白い!作曲家も普通にクラシック王道やってたらまず出会わない人々ですし。
何曲か音を出してみたけれど、曲もちょっと変わった感じで、でも美しく、弾きがいがあると思いました。
2016/10/05(水) 23:05 | URL | ゆきなぎ #-[編集]
>まさか、そんなに弾けませんよ~^^; 買っているものが半分で、あとは調べたものです
→あ、そうでしたか…(^^ゞ
でも半分と言っても(この手の楽譜は1冊あたりの曲数がかなり多いですから)全部コンプリートすればかなりの量ですよね!

ピュイグ・ロジェ 
>とにかく選曲が面白い!作曲家も普通にクラシック王道やってたらまず出会わない人々ですし。
→ゆきなぎさんのこの一言で、ますます興味が湧いてきました。今度楽器店で(置いてあれば)立ち読みするか、オショーズ宅で見せてもらうか、しようと思います。
2016/10/07(金) 08:16 | URL | 私はタワシ #5eVrhZok[編集]
タワシさん
> でも半分と言っても(この手の楽譜は1冊あたりの曲数がかなり多いですから)全部コンプリートすればかなりの量ですよね!

最近の更新、音源アップペースでは、たくさんはコンプリできなくなりそうですが、Miyoshiメソードとプレ・インベンションくらいはしようかなと一応計画しております。

> ピュイグ・ロジェ 
> >とにかく選曲が面白い!作曲家も普通にクラシック王道やってたらまず出会わない人々ですし。
> →ゆきなぎさんのこの一言で、ますます興味が湧いてきました。今度楽器店で(置いてあれば)立ち読みするか、オショーズ宅で見せてもらうか、しようと思います。

タワシさんのシューイチにもよさそうな感じだと思いました。しかし、最近、いくつかの本やサイトで紹介されたせいか、発行部数の少なさに対して売れてしまったようで、アマゾンで高めになってました。楽器店にはあるか微妙ですが、タワシさんには見てほしい&弾いてほしいなあと思います。
2016/10/07(金) 23:39 | URL | ゆきなぎ #-[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Template by 【投資信託のことなら】投信Web /

Powered by .