FC2ブログ
Calm breathing
独学ピアノの記録
クリスタルなセレナーデ 湯山昭
2016年09月03日 (土) 23:03 | 編集

湯山昭さんの「音の星座」という曲集から1曲。
湯山さんは「お菓子の世界」が有名ですね。「音の星座」はその姉妹品として作曲され、発売された曲集ですが、お菓子~ほど弾かれてないようです。お菓子~ほどのインパクトはないから、子供が飛びつきにくいのかもしれないと思いました。僕はお菓子はそんなに食べたくないので、弾くのは無理だなあと思いましたが、逆に星座には惹かれましたね。湯山さんの曲は、湯山節とさえ呼べるようなメロディーの中に、変わった和音が登場し、クラシックの四期(バロック・古典・ロマン・近現代)に分類するとすれば、ロマン×近現代という感じと思います。
湯山さんの曲は、大人はそんなに弾かれてないのですが、「こどものくに」「こどものせかい」などの曲集の曲を聴くと、リアルに子供の頃の感情を思い出します。童心にかえってしまうというか。

湯山さんのインタビューにこういうことが書いてありました。
「僕は子どもの頃、一人で孤独に過す時間が多かったからね。父親は僕が2歳の時に亡くなり、母親は小学校の教員をしていました。だから、学校から帰ってから夜まで一人ぼっちで、自分で遊びを考えながら、色々なことを感じていましたね。その頃の色々な記憶が、今でも全部頭に残っているんですよ。だから、タイトルを考えるのは全然難しくない。子どもの頃の自分に戻れば、すぐに思い浮かぶんです。」
「当時は戦争中だったから、男の子がピアノをやるなんて、迫害視されていました。悪ガキがレッスンの帰り道で待ち伏せをして、僕を襲ってくるんです。命がけのピアノレッスン(笑)。当時うちにはピアノがなかったので、レッスンから帰っても練習ができず、ピアノを借り歩いていましたね。」

・・・僕は、そういう経験をしたわけではありませんが、湯山さんの曲を聴いていると、子供の頃の感情がかぶり、大変せつなく、ノスタルジックに、そして、あの大人からすれば無駄に(笑)うきうきした気分をも思い出したりします。

子供には大概ウケない三善晃さんのシブイ曲も最高ですが、湯山さんのおおよそ子供にしかウケなそうな曲もいいですね!ダブルアキラは最高です笑 この2人、似てないようでよく似ているのは、どちらもマイ・ワールド全開なところですね。(湯山さんのは一見そう見えないけれども、あれだけ子供になりきれるのは自分の中にリアルな子供の感情があるからだと思えるし、インタビューにも実際そう書いてありました。)

それにしても、湯山さんのとりわけ子供向きな曲は上手く弾ける気がしません。大人になってしまったということかな・・・
今回の、クリスタルなセレナーデは、綺麗な曲だったので、そうでもなかったのですが、ロマン派の難しさはありました。ロマン派は、とりわけ、細かいところが完成するまで曲に入り込めないつらさがあります。個人的に。しかし最近、細かいところが仕上がるまで全体を把握しにくい自分の性質に気が付いてからというもの、ロマン派が苦手だなと思うことはなくなりました。仕上がる直前まで把握できなくても、こんなもんか~と。
コメント
この記事へのコメント
うおっ!?テンプレート変えられたんですね!明るくなってて雪景色みたいでびっくりしましたw(もしや雪凪さんの"雪"の色?w)
しかもこれトップページと個別ページでカラム数も色も違う仕様ですか!凄い!

これはまたきれいで、懐かしくて、ホッとするようないい曲ですねぇ!
(タイトルに「クリスタル"な"」とかついてたから、まさかのバブリーな曲じゃないかと聴く前ちょっと身構えましたww)
星を見上げて青春しながら夜道を帰るBGMにも良さそうです!

インタビュー
戦時中もジャイアンいたんですねぇww
この方も教則本つくってらっしゃったんですか!
湯山さんはそこらへんの公民館とかにいそうで安心するおじいちゃんって感じでしたw
「「12音音楽(※無調音楽の一種)こそが音楽」という風潮は、確かにありました。」
へぇーそんな時代潮流があったんですね!12音技法って言ったらDQ6のボス曲「魔物出現」しかわかりませんが、あれも玄人好みって感じしますw 最近やっと良さがわかってきましたw

あ、3の幽霊船が現代曲ってゆきなぎさんに教えていただいて、少し近現代への恐怖感が薄れました!幽霊船いいですよねw あれ好きです!


あと、前のコメ辺のコメ返もw

>ルーラのページまで出てきたのでウケましたwww

4はブランカ、エンドール、ボンモール、・・・あれ?5もちゃんと順番出てこないのにw、3だけはなぜかルーラのリスト全てをそらんじることができますっ!!←何の自慢にもならないバカww 

>レベル20になったら転職・・・と言うとピアノやめそうな響きですね笑

辞めませんよ~w もし20になったら足鍵盤とか買い足してバトルマスターになろうかなww(6の上級職みたいにw) ゆきなぎさんはエレ+ピアノで賢者かドラゴンですね!

>しかし、田所先生のレベルは30までということで、ドラクエ1のようだ、と。

閻魔帳という単語は聞いたことありましたが、てっきり習ってる人だけが師匠から閲覧を許される業界の秘密文書的なものかなあと思ってましたw ネット上で見れたんですねw

ほんとだ!よく見たらⅠ仕様ですねw たしかⅠは橋を渡るごとに敵が強くなるんでしたよね?今度攻略本と照合してみよう・・・ww(といっても自分はラダトーム地方ですがw)

いやー、ついついDQのこととなると暴走してしまってスイマセンw
2016/09/05(月) 23:59 | URL | くだダヰナ #-[編集]
くだダヰナさん
テンプレ、以前から変えようと思いつつ、やっと実行しました。以前のテンプレだと、FC2でタイトルの下の説明が他の文字とかぶってしまうので、何も書かないでいたのですが、FC2で他所を訪問したとき空白というのも心地悪いので。色は、割と寒色系を選ぶ傾向がありました。個人的に、なんか暖色だと落ち着かないというか。

> これはまたきれいで、懐かしくて、ホッとするようないい曲ですねぇ!
> (タイトルに「クリスタル"な"」とかついてたから、まさかのバブリーな曲じゃないかと聴く前ちょっと身構えましたww)
> 星を見上げて青春しながら夜道を帰るBGMにも良さそうです!

「な」に注目とか!「な」がバブリー、なるほど~。言われるまでそんなこと考えませんでした。
湯山さん、若いころは割と前衛的な作品が多かったのですが、年を重ねて綺麗な感じの曲が増えたように思います。
この「音の星座」という曲集、綺麗で懐かしい感じの曲、ファンタジックな感じのも多くて気に入っています。

> この方も教則本つくってらっしゃったんですか!

そうなんです!買おうかどうかこれも迷ったのですよ。ただ、ブルグ25~ソナチネくらいのレベルだったので、他のとかぶってしまうので素直に湯山さんの曲集の方を買ったのでした。

> 湯山さんはそこらへんの公民館とかにいそうで安心するおじいちゃんって感じでしたw

見た目優しそうな顔ですね、湯山さんは。曲集の写真は、詰襟の服を着て、お洒落でした。対して三善晃さんは、髪の毛もシャツもいつも適当です笑 教則本のも、もうちょっと髪の毛、なんとかすればいいのにとか思いました笑

> 「「12音音楽(※無調音楽の一種)こそが音楽」という風潮は、確かにありました。」へぇーそんな時代潮流があったんですね!

近現代曲は、ロマン派までの形式から自由になろうということから出てきた、無調・変拍子・不協和音が使われた音楽ですが、それが、逆に「無調・変拍子・不協和音でなければならない!」という風潮まで出てきたことで本末転倒、逆に不自由になってしまった時期があったみたいですね。

> 12音技法って言ったらDQ6のボス曲「魔物出現」しかわかりませんが、あれも玄人好みって感じしますw 最近やっと良さがわかってきましたw
> あ、3の幽霊船が現代曲ってゆきなぎさんに教えていただいて、少し近現代への恐怖感が薄れました!幽霊船いいですよねw あれ好きです!

バリバリの真っただ中みたいな曲じゃなくても、すぎやま先生の曲、近現代の無調・変拍子・不協和音を上手く使った曲は他にも、ドラクエ2や3の塔とか、4の邪悪なるもの、のどかな熱気球のたび(変拍子)、など結構ありますよ。そう思うと、近現代も怖くないかもです。不気味さや不安定感を出すには、不協和音や変拍子は使えるテクなんでしょうね。

> 4はブランカ、エンドール、ボンモール、・・・あれ?5もちゃんと順番出てこないのにw、3だけはなぜかルーラのリスト全てをそらんじることができますっ!!←何の自慢にもならないバカww 

すごい記憶力です!

> >レベル20になったら転職・・・と言うとピアノやめそうな響きですね笑
>
> 辞めませんよ~w もし20になったら足鍵盤とか買い足してバトルマスターになろうかなww(6の上級職みたいにw) ゆきなぎさんはエレ+ピアノで賢者かドラゴンですね!

ルーラのリストまで暗記するほど、ドラクエ好きで曲を弾きたい人はやめないですね!w
そっか~、ピアノでも足鍵盤買い足しありか!と思いました。音色変更すればいいわけで。そしたら、お金なくてもエレクトーン風味になりそうです。

> >しかし、田所先生のレベルは30までということで、ドラクエ1のようだ、と。
>
> 閻魔帳という単語は聞いたことありましたが、てっきり習ってる人だけが師匠から閲覧を許される業界の秘密文書的なものかなあと思ってましたw ネット上で見れたんですねw

以前は、会員制でしたが、田所先生が亡くなる少し前から、全て公開されてました。

> ほんとだ!よく見たらⅠ仕様ですねw たしかⅠは橋を渡るごとに敵が強くなるんでしたよね?今度攻略本と照合してみよう・・・ww(といっても自分はラダトーム地方ですがw)

Ⅰ、ラダトーム城の下のところの山にいきなりオオサソリが出てくるという仕様がある以外は、橋を渡ったら~だったと思います。

> いやー、ついついDQのこととなると暴走してしまってスイマセンw

ドラクエ話、大歓迎です!
2016/09/06(火) 23:28 | URL | ゆきなぎ #-[編集]
綺麗ですねぇ( ;´Д`)
うっとりしました。笑
音の星座は、レパートリーにしたくなるような曲が沢山ありますね。

湯山さんかなり好きです。
そのインタビュー、私も読んだことあります。
めっちゃピアノ愛がある人ですよね。
2016/09/08(木) 16:39 | URL | モル作 #-[編集]
モル作さん
聴いていただき、ありがとうございます。
クリスタルということで、出来るだけ綺麗な音になるよう心がけました。

音の星座をご存じで、湯山さんが好きとは!
いや~嬉しいですね!大人にはなかなかいないと思っていたので。
モル作さんの弾く湯山さんの曲も聴いてみたいです。
戦後、ピアノ曲は海外のもの、しかもバイエルとかしかないような時代に、子供から楽しめる素晴らしいピアノ曲を創ってくれて湯山さんには感謝感謝です。湯山さん、中田喜直さん、三善晃さん、平吉毅州さんなどのおかげで、教材としての日本のピアノ曲も評価されてきましたしね。
2016/09/08(木) 19:43 | URL | ゆきなぎ #-[編集]
少し久しぶりに覗いたら、たくさん上がっていてびっくりしました。笑

「僕はお菓子はそんなに食べたくないので」←笑

音の星座というアルバムの中の一曲ということですが、曲ごとに「何座」とかイメージがあるのかな。。と想像しながら聴きました。テーマがちょっとずつ形を変えて繰り返されながら、だんだん豪華になっていく感じが素敵ですね☆

湯山さんのインタビューの引用部分も興味深かったです。命がけのピアノレッスンってすごい(笑
2016/09/09(金) 09:57 | URL | ゆにくあ #-[編集]
ゆにくあさん
こんなに更新頻度が高いのは、このブログ始まって以来だと思いますw

> 「僕はお菓子はそんなに食べたくないので」←笑

そうコピペされたら可笑しいですねww

> 音の星座というアルバムの中の一曲ということですが、曲ごとに「何座」とかイメージがあるのかな。。と想像しながら聴きました。テーマがちょっとずつ形を変えて繰り返されながら、だんだん豪華になっていく感じが素敵ですね☆

この曲集は、「銀河によせるノクターン」とか、「天の川のバラード」とか、宇宙のイメージのクラシックという感じですね。その前に発売された、田中カレンさんの「星のどうぶつたち」が何座というイメージになってたので、かぶらないようにしたのかもと思いました。
そうそう、この曲、変奏でどんどん盛り上がっていくのがいいですよね!

> 湯山さんのインタビューの引用部分も興味深かったです。命がけのピアノレッスンってすごい(笑

なかなかありえないですよね!それだけピアノが好きだったんだろうな~と思うと感慨深いです。
2016/09/09(金) 22:37 | URL | ゆきなぎ #-[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Template by 【投資信託のことなら】投信Web /

Powered by .