FC2ブログ
Calm breathing
独学ピアノの記録
初級から中上級まで網羅した「Miyoshiピアノメソード」
2016年08月23日 (火) 00:01 | 編集
独学ということもあって、色々と不備はあることを自覚していたから、何か軸のようなものが欲しいとずっと思っていた。そんな中で、出会ったのが「Miyoshiピアノ・メソード全12巻」。あの三善晃先生の創られたピアノメソッドだ。
ピアノ教則本というのは、導入期には選びきれないほどたくさんの種類があるが、大概は導入~初級の段階で終わる。まあ、大概はレッスン受けている人だから一般的にはそれでいいのかもしれない。
でもまだ、初級~中級初期くらいなら教本の選択肢は多い。ブルグ25だのル・クーペだのプレ・インベンションなどのテキストとして使いやすい練習曲・曲集も多いと思う。その後はちょっと厳しくなってくるが、それでもソナチネ・インベンションくらいのものはあるし、短い練習曲を併用も出来る。
問題は、その後、インベンションか、インベンションが終わったあたりくらいだと思う。ツェルニー40は敬遠気味だし、そうなると、シンフォニアくらいしかなくなってしまう。
別にテキストがなくても構わないという人はいいけれど、あくまでも自分の場合は、何か軸があったほうがやりやすいと思った。

そして、ちょうど、三善晃先生の曲にはまった昨今、Miyoshiメソードなるものがあると知り、導入期~平均律くらいまで網羅していると分かって、少しづつ巻を集めていた。
PTNAによると、1~4巻はいわゆるバイエルレベルらしい(PTNAステップの導入から基礎5にあたる)。ただ、1~3巻は、連弾がほとんどのため、レッスン向きと思う。
5~8巻がブルグ25~インベンション程度(PTNAの応用1~応用7にあたる)。
8~12巻がシンフォニア~平均律前半程度(PTNAの発展1~発展5にあたる)。
(以下のURLを参照して書いた。)
http://www.piano.or.jp/step/piece/list/text_15.html
http://www2.sinfonia.or.jp/~klavier/piano/level/level.htm

そんなわけでまずは、ラスト3分の1にあたる9~12巻を弾いていってみようと思った。

このメソッドの最大の魅力は、全てが音楽作品であること。無味乾燥な指練とは全く違うし、三善先生の曲には、弾いてみて初めて出会う世界が、易しい曲にでもあった。
ただ、いまいちこのメソッドはマイナーなのは、教える側が難しいという理由が書いてあった。それはそうだろう、三善先生の曲は、個人のイマジネーションに依る。イマジネーションの塊のような作品集である。ぱっと聴いただけでは地味に聴こえる曲も多いから、子供ウケもしにくいだろう。
一番有名な三善先生の曲では「波のアラベスク」があるけれども、その曲を聴いても子供向けとは思いにくい。それで、ピアノ教師の人のサイトには、大人にこそもっと弾いてほしいと書いてあった。

三善晃先生の曲をじっくり聴いて顕れてくるイマジネーション、音1つ1つを奏でて、聴いて広がっていく世界観。このインタビューに、「世界の秘密を自分で発見する」と三善先生が書かれていることに今検索して気が付いたが、まさに!そんなメソードだと思う。
1つ1つがイマジネーションの世界。これこそ、今の自分が最も求めるものだと思った。テクニック的にも、全調メソードであり、ポリフォニックな動きで、指使いの勉強になるようだ。

Miyoshiメソード、連弾以外はぜひ、全曲録音に挑戦したいと思う。連弾も1人連弾とか出来ないことはないか。動画もなんとか復活したいものだ。

コメント
この記事へのコメント
教本も出してる方なんですね。
全12巻って凄い。
後半からだと、曲も手加減なしの造りの物が多くてやり甲斐ありそうですね。

チェルニー40は、超苦痛で執念だけでやってる、みたいな話をよく見かけるので、絶対関わらないようにしよう、と思ってます。
2016/08/23(火) 16:43 | URL | モル作 #-[編集]
モル作さん
ミヨシ・ピアノメソードは20年ほどかけて創られたそうです。それよりも他の作品の方が知られていますが。
12巻もあるものは他に見当たらないですよね。
最初に12巻と11巻を買ったのですが、今の自分に弾くことは出来ても弾きこなすにはもっと勉強してからと思ったので、今9~と思っていても、前に戻るかもしれないと思っています。

> チェルニー40は、超苦痛で執念だけでやってる、みたいな話をよく見かけるので、絶対関わらないようにしよう、と思ってます。

超苦痛、よく見かけますね。あまりにそう聞くので、逆に気になって、どんなものかとダウンロードして聴いて弾いてみたのですが、練習に取り入れたいとは思えませんでした。1曲1曲ボリュームもあり、これだけ弾いて1日の練習が終わるとかマジ勘弁!と思いました。
2016/08/23(火) 22:29 | URL | ゆきなぎ #-[編集]
リンクのインタビュー読みました。
三善晃先生、すごく素敵な方ですね!
「予定調和しない」という発言が、特に好きです。

チェルニー40番に関しては、厳しい噂を耳にするし
私も楽しみにしているとは言いがたいです(笑)
むしろ40番以外・同列レベルのチェルニーで良いものが
あるので、そっちをメインでやりたいなぁと思っています。
2016/08/23(火) 23:16 | URL | ゆにくあ #-[編集]
ゆにくあさん
> リンクのインタビュー読みました。
> 三善晃先生、すごく素敵な方ですね!
> 「予定調和しない」という発言が、特に好きです。

ですよね!!インタビュー読んでから、三善先生の語彙と人柄にもますます惹かれました。

> チェルニー40番に関しては、厳しい噂を耳にするし
> 私も楽しみにしているとは言いがたいです(笑)

ということは、レッスンの予定には入っているということですね。

> むしろ40番以外・同列レベルのチェルニーで良いものが
> あるので、そっちをメインでやりたいなぁと思っています。

日本で発売されているものだと、ツェルニー24?と思ったのですが、違うものでしょうか?
良かったら教えてほしいです。
2016/08/24(水) 22:44 | URL | ゆきなぎ #-[編集]
>独学ということもあって、色々と不備はあることを自覚していたから、何か軸のようなものが欲しいとずっと思っていた。

わかります!自分は今は超初心者で選択肢いっぱいあり過ぎるけど、中級以降どうなるんだろ・・・まあ中級に行けるかどうかもわからんし、行けたらその時悩めばいいっか~(゚∀゚)って思ってましたが、そんなワイドレンジな教則本あったんですね!?

PTNA
「呼吸法、重心の移動など」←ほうほう!体術のレベル上がりそう!w
「バッハなどの対位法的な曲へ進む準備として適しています。」←ふおお!!!

三善さん、そういえばゆきなぎさんとこの過去記事で見た!と思って、もう一回音源聴き直してきましたw 曲名も曲も、とにかく渋い!w
そしてリンク先見たら、顔も渋いw 「◯◯斎」とか雅号呼びたくなるような顔されてましたww
そして、言葉が面白い!!
「私は私にしかなれない。その私は日本人。日本人は人類。人類はグローバル。グローバルであることはローカルであることから。」
「いつの時代も「現代」だった。同じように難しく、同じように優しかった。」
こういう個≒全、特殊≒普遍、万物のフラクタル性、正反合みたいな話大好きですww

>全てが音楽作品であること。・・・全調メソードであり、ポリフォニックな動きで、指使いの勉強になるようだ。

あああ~めっちゃ食指が・・・ww
バスティン終わったらやってみようかなあw(グルリットとメトードローズとルクーペ・ラーベーセーもあるけど・・・w)
ちょっと検索してみたら、これ中古しかない巻もあるみたいですね。値段跳ね上がらないうちに買っておくかなあ・・・w

新たなめっちゃためになる教則本ガイド記事、ありがとうございます!(そしてゆきなぎさん、記事の文体がカッコイイ!)
2016/08/25(木) 19:31 | URL | くだダヰナ #-[編集]
くだダヰナさん
ここまでワイルドレンジな教則本は、他になさそうですね。ワイルドレンジな練習曲集としてはミクロコスモスなんかもあるけれど。
ミクロコスモスも、バロックに入る前に弾かせる先生もいるようです。初心者からショパンエチュードくらいまでの難易度らしいけど、途中から難易度が急に上がるのと、あの不協和音をどう感じるかでかなり好みが分かれそうです。

教則本で、バロックを網羅したものは少ないみたいですね、そういう意味でもMiyoshiメソードは価値ありと思います。

> 三善さん、そういえばゆきなぎさんとこの過去記事で見た!と思って、もう一回音源聴き直してきましたw 曲名も曲も、とにかく渋い!w
> そしてリンク先見たら、顔も渋いw 「◯◯斎」とか雅号呼びたくなるような顔されてましたww

笑いましたwww

> そして、言葉が面白い!!
> 「私は私にしかなれない。その私は日本人。日本人は人類。人類はグローバル。グローバルであることはローカルであることから。」
> 「いつの時代も「現代」だった。同じように難しく、同じように優しかった。」
> こういう個≒全、特殊≒普遍、万物のフラクタル性、正反合みたいな話大好きですww

三善先生の言葉は、頭が柔らかい人の発想と思います。
海の日記帳という曲集のCDは三善先生が演奏して、三善先生がブックレットの文章まで書いているという、まさにミヨシワールドな曲集でしたがメソードもミヨシワールド全開で、一見地味だけれど海のような深さを感じます。

> >全てが音楽作品であること。・・・全調メソードであり、ポリフォニックな動きで、指使いの勉強になるようだ。
>
> あああ~めっちゃ食指が・・・ww
> バスティン終わったらやってみようかなあw(グルリットとメトードローズとルクーペ・ラーベーセーもあるけど・・・w)
> ちょっと検索してみたら、これ中古しかない巻もあるみたいですね。値段跳ね上がらないうちに買っておくかなあ・・・w

おお!まじですか!楽天とかには新品がありますよ。モノによっては楽譜はアマゾンの方が高かったりしました。
全調が目当てなら4~11巻ですね。1~3は曲が連弾ばかりです。1巻はピアノを弾く前に、が書いてあります。

> 新たなめっちゃためになる教則本ガイド記事、ありがとうございます!(そしてゆきなぎさん、記事の文体がカッコイイ!)

以前は小説とか、だいぶ文章ばかり書いてましたが久しぶりでした。
教則本って、独学ということもあるのか、色々と気になります。
今ちょっと買ってみたいのは、バルトークのミクロコスモスと、あと、ピアノランドですね。
ピアノランドの樹原涼子先生はゲーム音楽の作曲をされたということですが、曲もゲーム曲みたいのが多く、ツボでした。
2016/08/25(木) 22:59 | URL | ゆきなぎ #-[編集]
>良かったら教えてほしいです。

24番というと、OP.777でしょうか。24番に関しては不勉強でよくわかりませんが、ヨーロッパなどでは使われているようですね。。実はちょうどチェルニーについて何か書こうと思っていたのと、ここに書くと長くなっちゃうので(笑)ブログの方で近いうちに記事にしたいと思います。よろしければお目通しくださいませ☆
2016/08/26(金) 14:48 | URL | ゆにくあ #-[編集]
くだダヰナさんへのレスの訂正
ワイルドレンジ→ワイドレンジ
もう、寝ぼけてます笑
2016/08/26(金) 15:11 | URL | ゆきなぎ #-[編集]
ゆにくあさん
返信ありがとうございます。
24番は、OP.636のことでした。

>実はちょうどチェルニーについて何か書こうと思っていたのと、ここに書くと長くなっちゃうので(笑)ブログの方で近いうちに記事にしたいと思います。よろしければお目通しくださいませ☆

了解しました☆
2016/08/26(金) 15:13 | URL | ゆきなぎ #-[編集]
>24番は、OP.636のことでした。

あ、636のことでしたか。
あれも確かところどころやっていますが、
なかなか良いです!
2016/08/27(土) 02:04 | URL | ゆにくあ #-[編集]
ゆにくあさん
それも抜粋教本に載っていたのですね。
それかなと思った理由は、こちらの表で、30~40番と併用と書かれていたためでした。

http://www.gakufu.ne.jp/GakufuNet/pickup/20167/czerny-level.html
2016/08/27(土) 22:42 | URL | ゆきなぎ #-[編集]
ゆきなぎさんの意外とワイルドな一面がwww(でもきっと予測変換のせいだと思ってましたw)

「ミクロコスモス面白い!」って聞いたことありますが、自分は耳がお子ちゃまなので、現代音楽はどうだろう。。。w 今度ちょっと音源探してみうよっとw

>楽天とかには新品がありますよ。モノによっては楽譜はアマゾンの方が高かったりしました。

あ、なるほど!楽天ブックスで探すのすっかり忘れてましたw

あと、本家本元のカワイ出版オンラインにも売ってるの見つけました(ただ、「5,400円以上お買上で送料無料」っていう・・・・(-_-;))

>全調が目当てなら4~11巻ですね。1~3は曲が連弾ばかりです。1巻はピアノを弾く前に、が書いてあります。

ふむふむ。1巻も気になります!今度ちょっと1と4を買ってみようかなと思います!

>以前は小説とか、だいぶ文章ばかり書いてましたが久しぶりでした。

そうなんですか!?道理で!ゆきなぎさん、作家先生でもあられたとは!(゜o゜;

>ピアノランドの樹原涼子先生はゲーム音楽の作曲をされたということですが、曲もゲーム曲みたいのが多く、ツボでした。

なっ、なんと!次々と誘惑がww でもそれ欲しい・・・!ヤバいです。教則本破産しそうですww でもこういう話聞くのめちゃくちゃ楽しいです!ありがとうございます!w

あ、てか、チェルニーに関する大事なお話中に、自分がノイズ長文入れてしまってほんとスイマセンでしたww_(._.)_
2016/08/28(日) 00:19 | URL | くだダヰナ #-[編集]
くだダヰナさん
かなり文章に間違い多いです^^;大概、夜寝る前に更新するからかもしれません。

> 「ミクロコスモス面白い!」って聞いたことありますが、自分は耳がお子ちゃまなので、現代音楽はどうだろう。。。w 今度ちょっと音源探してみうよっとw

すぎやまこういち先生の曲も幽霊船とか現代曲ぽいかと。
でも、ミクロコスモスは曲によっては行き過ぎ感もあるので、どうなんだろう。
ハマる人はハマって夢中になるらしいです。

> ふむふむ。1巻も気になります!今度ちょっと1と4を買ってみようかなと思います!

おお!買ったらぜひ感想を。ユーチューブに少ないながらMiyoshiメソード演奏会の音源もありました。

> >以前は小説とか、だいぶ文章ばかり書いてましたが久しぶりでした。
>
> そうなんですか!?道理で!ゆきなぎさん、作家先生でもあられたとは!(゜o゜;

一時期、ちょっとハマっただけで今は書いてないです。人ウケするようなのが全く書けないので、小説を真面目に勉強している人からは評価されても、一般的には渋いとかマニアックな話になってました。今の選曲と同様です笑

> >ピアノランドの樹原涼子先生はゲーム音楽の作曲をされたということですが、曲もゲーム曲みたいのが多く、ツボでした。
>
> なっ、なんと!次々と誘惑がww でもそれ欲しい・・・!ヤバいです。教則本破産しそうですww でもこういう話聞くのめちゃくちゃ楽しいです!ありがとうございます!w

あるピアニストの一生のサイトの田所先生に、この人は重度のゲーマーなんだろうかと言わしめた曲が、ピアノランド5巻のこれです。
https://www.youtube.com/watch?v=v-L0CdEwn_E

ピアノランドは教則本としても子供ウケもいいし、かなり評価されてますね。

> あ、てか、チェルニーに関する大事なお話中に、自分がノイズ長文入れてしまってほんとスイマセンでしたww_(._.)_

いえいえ、色々話せて楽しいですよ。
2016/08/28(日) 07:19 | URL | ゆきなぎ #-[編集]
>おお!買ったらぜひ感想を。

承知いたしました!(`・ω・´)ゞ
いつになるかはまだわかりませんが、必ず!

>あるピアニストの一生のサイトの田所先生に、この人は重度のゲーマーなんだろうかと言わしめた曲が、ピアノランド5巻のこれです。

動画見ました! なるほどwww
ゲームというか、歌ものっぽいですね!レトロアニメの主題歌とか挿入歌にありそう!曲名の「哀しい戦士」はゲームっぽいかもw これは楽しそうですねぇww
ありがとうございます!ピアノランドも前向きに検討w
2016/08/31(水) 19:45 | URL | くだダヰナ #-[編集]
くだダヰナさん
教則本破産とか言われてたので、なんだか気になってましたが、さすがきっちり検討されるのですね。

言われてみたら哀しい戦士は歌ものっぽい!
ピアノランドは歌えるものが多いようで、とうとう気になって5巻を買ってしまったのですよ笑
中身のイラストがやたら綺麗で、曲も色々と楽しそうでした。
ピアノランドコンサートというのもあるのか~・・・と、教則本破産しそうです笑
2016/08/31(水) 22:54 | URL | ゆきなぎ #-[編集]
興味深く読みました。私は、invention は、うちの生徒たちには難しそうで、平均律のプレリュードの方が、よっぽど
弾きやすいのではないかと思っていました、三善晃さんの練習曲というのがあったんですね。買います。
ゆきなぎさんの三善さんの作品の演奏も聞かせていただきました。こころが休まりました。聞き入ってしまいました。
2017/02/07(火) 12:50 | URL | Miki #-[編集]
Mikiさん
訪問とコメント、ありがとうございます。

> 興味深く読みました。私は、invention は、うちの生徒たちには難しそうで、平均律のプレリュードの方が、よっぽど
> 弾きやすいのではないかと思っていました、

インベンションで苦戦する話を時々聞いたことがありました。
平均率のプレリュード、弾きやすいのがあるみたいですね。

>三善晃さんの練習曲というのがあったんですね。買います。

この記事が参考になって嬉しいです。

> ゆきなぎさんの三善さんの作品の演奏も聞かせていただきました。こころが休まりました。聞き入ってしまいました。

ありがとうございます。ピアノの先生に聴いて頂き、そう言って頂けて大変嬉しいです。今後も心を込めて弾いていきたいと思います。
2017/02/08(水) 08:48 | URL | ゆきなぎ #-[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Template by 【投資信託のことなら】投信Web /

Powered by .