FC2ブログ
Calm breathing
独学ピアノの記録
軸とレパートリーと弾きたい曲と
2019年06月22日 (土) 16:02 | 編集
久しぶりに、ブログを開き、ブロ友さんの記事を読んでいると、コメント欄に「ブログは自己表現の場」という言葉が見受けられた。
ああ、そうだよなあ、そうだった、と思い、また、かつてブログで交流のあった人の、
「他の人のブログを色々読んでいると年齢が上がるほど自分のことを書かなくなる、自分が自分が~じゃなくなるのかな。」という言葉をふと思い出していた。

人によって、どういうもの(内容)が自己表現かというのは色々あると思うから、自分のことを書くだけが自己表現とはもちろん思わないが、自分個人の趣味や興味に関することや個人的見解を表現するのは個人ブログの特徴のひとつだと思っているし、少なくとも自分はそうしてきたと思う。

子供の頃を思い出せば、自分のことを表現できる場所が大好きだった記憶がある。そこでは自分が認められるという喜びがあったと思う。また、なんであろうと褒められればそれで良いというような単純な子でもなかったから、いわゆる「一般的な基準」に向かって努力することは拒んでいて、大変気難しい子でもあったがために、自己表現の場は大変有難いものであったと思う。
3枚書いて提出、と言われた作文を30枚書いて提出したり、意見の発表だったりと、いったん表現の場が与えられるとそれは活き活きとしていたものだった。

しかし、ここ数年、そういう気力はなくなっていると思うようになった。ブログにしても「これ、わざわざ書かなくてもいいか」そう思うことばかりである。
それは、確かに、大人になり、年を取ったということなのかもしれない。それはそれでいいんだと思う。(しかしなぜか、ブログはじめた当初も「ジジイと思っていた」とか言われていた記憶があるが笑;となると、今は墓場寸前か。)

ただ、ピアノにもそういう気持ちが影響するとともに、自分の本来の理想どおりに進まなくなったということ、単純に時間の使い方がヘタということもあるのだろう。

そういう現状を受け入れた上で、弾きたい曲があるかどうか、弾いていきたいものがあるかどうか、考えてみた。軸・レパートリー・これから弾きたい曲の3つは個人的なピアノ生活に欠かせない。

1.軸「Miyoshiメソード」。自分の中では、これは復活させるべきもの。習っているわけでもないため、やはり軸がないとだれてしまう。個人的にはね。と思って、弾いて録音したら、間違ってデータを消してしまった;; まあ、1曲だけど。
2.レパートリ。これどうしよう、まじでどうしよう、ああ、悩む笑 維持したいけれど、弾きたいものが変わっていって、身が入らないひとつの要因にもなっていると思う。時間も使うし。
3.とりあえず、今弾きたい曲を考えてみる (←いまここ(2も未解決だが笑))

というわけで、最初につまずき、何も解決しないまま次回。
更新が滞っていますが
2019年06月08日 (土) 16:55 | 編集
ピアノは細々と続けています。

しかし、最近思っていたこととして、レパートリーの維持というのは、かなりの労力と時間を使いますね。もう弾けるようになった曲だから簡単だろうと思っていたのが間違いだったと思います。
「惰性で弾いていたら劣化する」ということを身を持って知りました。常に人前で弾く緊張感があるわけではないので、どうしても惰性になっていってるのではないかと。

・・・ということで、今後どうしていくか思案中です。

新しく練習している曲はあるのですが、それとレパートリーとの兼ね合いについて、どうしていくか、というところです。

教えていた姪の方は、日々成長し、もう4歳なのでレッスンに通えるようになりました。今まで大変だったので、肩の荷が下りた感じです。
4歳ですでに、楽譜を凝視して弾くスタイルという。すでにこういう年齢で、読譜と暗譜のどちらが得意かという傾向が現れるものなんだと思いました。

ではまた。今度は広告が出ないうちに更新します。
Template by 【投資信託のことなら】投信Web /

Powered by .