Calm breathing
独学ピアノの記録
辻井伸行 音楽と絵画コンサートに行ってきた
2017年11月30日 (木) 11:13 | 編集
辻井さんのコンサートに行ってきましたよ。割と近くであったもので。

まず、客層。
かなり中高年の女性が多かった。音楽関係じゃない一般の人が多い印象。聴こえてくる会話でそう思った。

第一部が辻井さん自作曲。そしてその曲についての説明を自分で語られる。自然な口調だ。
美の巨人たち オープニング・テーマに始まったが、その音の柔らかさに驚いた。こんな音がするのか!と。ホールの音響と合わさって、とても心地いい。
ピアノ演奏と共に絵画がスクリーンで映されるけれども、絵画なしでも情景が浮かんでくる。絵画もそれ自体は素晴らしいものなんだけれど、絵画はなしでもいいんじゃないか?と正直思った。
流れてくる音は、音楽そのもの!天才の奏でる、そのものなんだけれども、包み込むようで、もっともっと音楽が好きになる。そんな演奏だった。
だいたい、上手すぎる人の演奏とか聴いたら、「あー、こんな上手い人が弾いているなら、自分弾かなくてもいいや」と思うことだってありそうなもんだけれども、そうではない。全てを肯定するかのようなこの音は何だろう?そう思わせられた。
特に良かったのが、「ロックフェラーの天使の羽」、それから「風の家」。とにかく、美しい情景が浮かびました。
第二部はクラシックの名曲
ドビュッシーのアラベスク・夢・月の光
実は、ドビュッシーはなんかつかみどころがなくて苦手なんだけれども、辻井さんの柔らかい音に溶け込んで抵抗無く聴けた。
じゃあ、似て非なるラヴェルの、亡き王女のためのパヴァーヌと水の戯れはどうなるのか?と思ったけれど、これが、右手の音と左手の音が、全く違う生き方をしていて、風景が立体的に浮かんでくる!すごい!
次に、ショパンのバラ1・英雄ポロネーズ
ショパンも実はあまり好きじゃないんだが、抵抗無く聴けた。特に、英雄ポロネーズは何度も聴きたくなるような演奏だった。多彩な色彩を持つ、辻井さんの世界観で音楽が展開されているので飽きが来ない。
アンコールは、別れの曲、それでも生きていく(辻井さん作曲)、革命

なんだか、時間がたつのがあっという間だった。仕事でかなり疲れていたのに、集中して聴けた。
ただ、最後の革命は、なんだか慌てて弾いたように聴こえてしまったのが残念だったけれど、本当に行って良かったコンサートでした!
辻井さんの自作曲は特に、美しい世界だなあと、涙腺は全くゆるくないのに泣けました。

ピアノというものがもっともっと好きになりました。無限の可能性を感じました。




にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
モーツァルト ピアノソナタ k.330 1楽章
2017年11月12日 (日) 19:39 | 編集

やっと録音しました。
なかなか録音に踏み切れずにいたのは、何度も撮りなおすのが嫌だからというのがあります。
大体、1回で上手くいかなかったら弾きなおしても上手くいかないんですよね。
だんだん集中力が落ちてくるというのもあり。集中力ウルトラマン(3分しかもたない)なのが問題でもあるけれど笑 しょせん1回で成功しないというのは、その程度の完成度ということで。
また、人前演奏はあまり緊張しないけれど、録音は緊張するんです。
なぜなら、人前演奏は自分で聴きなおしたりしないし、勢いで弾いて失敗してもそれっきりだけれど、録音はずっと残るし、後で自分で聴いて「…」となる。そのことを考えると、どうしても緊張しまくるんですよね。このクセをどうにかしたい!
そんなわけで、これも一発撮りです。とはいえ、完成度が高いわけではありません!笑
まあ、この曲は気に入っているので、今後も弾き続けると思います。
久々のモツソナだったけれど、モツソナはやっぱり弾いてて楽しい。





にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
Template by 【投資信託のことなら】投信Web /

Powered by .