Calm breathing
独学ピアノの記録
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Miyoshi ピアノ・メソード5巻 導入編  録音
2017年08月19日 (土) 12:16 | 編集

最後の曲だけ動画にしました。それにしても編集嫌いなので面倒でたまらず笑
こういうのをきっちり几帳面にやる人はすごいとつくづく思う。
ただ、弾くのはとても楽しいし、マイ・コレクション的な意味と、ミヨシ・メソードを使おうと思っている人の参考になったら嬉しいので、4~12までは皆録音もしくは録画する予定。
ずっと、永遠の豊穣が難しすぎたり、弾き散らかしたりでちんたらやってたので、ここらでいいかげんスピードアップしたい。

弾いたときのメモ↓
普段なかなか、頭の中でイメージして自己完結して文章にしないで録音や動画だけアップするけれど、メモしておいたほうが役立ちそうだ。
「ファからの手紙」ファとの出会いだ、と思って弾いた。2小節目から盛り上がりと書いている。
「ファとの約束」朝焼けのイメージ
「レの子守唄」ほの暗い闇を想像
「レのワルツ」夕闇で1人で。内省的に。三善作品のニ短調は闇のイメージが出てくる感じがする。他の作曲家のはどうだろう?後々、意識してみよう。
「いっしょに」波打ち際のイメージ。砂浜に波が重なる。導入編で最も好きな曲。

今後、もうちょっと動画増やそうかな。面倒がってたら、ミヨシ・メソードの紹介にも何もならない。

☆ミヨシ・メソードのメリット
・全調に丹念に触れられる。調ごとのイメージもつかめる。
・5巻からソロ曲ばかりなので、独学可能で、12巻まで続き、シンフォニア終了程度まで続けられる幅広い教本。
・多声の曲が多いので、最初から両手に意識を向ける訓練になる。
・さらに、その中で情景を表現するような曲であるため、細部にわたって両手の音に神経を研ぎ澄ませる練習になる。弾きながら曲を味わうということが分かるようになる。
・近・現代曲の導入としても秀逸。
・日本の作曲家の曲であるため、外国の風景や文化を描いたものと比べて、イメージが沸きやすい。そういう意味でも、近・現代曲の導入にいい。
・全てが音楽的な美しい曲なので、退屈な練習曲という感じがない。
・指使いのパターンを徹底して練習させられるので、しっかりやれば、指使いのパターンが増える、身に付く。

★ミヨシ・メソードのデメリット
・録音音源が少ない。
・5巻からしかほぼ独学出来ない。4巻までは連弾が多い。
・想像力を養うメソッドであるが、子供だと、かなりの想像力がある子供でないと難しいかも。ぱっと聴いた感じ、曲が地味なので「つかみはOK」とはなりにくい。



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
絶対音感に向かう2歳児の好む曲(笑)
2017年08月14日 (月) 01:08 | 編集
最近、記事が書けないでいましたが、シンフォニア2が終わったところで、ドラクエの「竜王」に取り組み、モツソナkv.330-1を仕上げに向けてと、ミヨシ・メソード5の導入編の最後の曲を弾いています。あと、ロマサガのクローディアと、ツェルニー125-8、それから、変わらずに「永遠の豊穣」ですね。ぼちぼちアップします。

さて、「姪っ子に絶対音感をつけよう企画」について。
姪っ子(2歳5ヶ月)は、江口メソードで、「白鍵の絶対音感をつけるために必要な9つの和音」をほぼ完全に覚えてしまった。ただ、それまでに多く出たのが「オクターブ・エラー」だった。このエラー(ミス)はまだ残っているが、このミスは絶対音感を約束するミスである。
どういうことかというと、絶対音感がない人の場合はソシレとファラドはとなりの鍵盤を弾く和音なので間違いやすい。しかし、絶対音感がつきかけている場合は、レソシとソシレを間違う。その和音の構成音が同じということからくるミスだ。絶対音感がない人は、この2つは1オクターブ違う音が混じっているから、通常まず間違わない、というわけだ。
そんなわけで、姪っ子は、レソシとソシレの聴き分けに時間がかかった。しかし、そのミスも少しづつ減っていき、とうとう9個の和音に到達。後は、白鍵については分化を促しながら待つばかり。残るは黒鍵のための5個の和音のみ。家では1日2回の訓練という必要の半分しか出来てないというのに、これはやはり才能だろうか。

そんな、姪っ子は最近ますます、2歳児らしからぬ曲を好むようで何か笑ってしまう。
たとえば、みんなのトラウマソング「るるるの歌」。これ怖いよね?普通こわがるよね?


あと、丁度、ハオチェン・チャンの新しいアップはないかと探して聴いているときに、姪っ子達が来たもので、画面の前に直行されて、何度も聴かせることになったのが、これだけど、頷きながら聴いていたので何か笑ってしまった。


将来は、このような好きと得意を生かすほうに進むとしたら、まず音楽は筆頭だろうが、もしピアノを専門にしていくなら、特に女性の場合、手の大きさがネックになるということで、姪っ子の手をチェック。なんか、めちゃでかい。それで、姪っ子に似ている父親を見たが、その父親の手がでかすぎるくらいでかい。いささか興奮気味に、父親のほうをピアノの前に連れて行き、鍵盤の上に手を広げさせたが笑、なんのストレッチもせずに10度。
まあ、そんなだから姪っ子は、生まれたときは、「女の子なのに、なぜ母親(妹)のほうに似なかったのか、気の毒に。」と周囲が言ったという。病院でもこういうやりとりがあったとか、
姪っ子の父親「僕のほうに似てしまって」
看護士「お母さんのほうに似てたらかわ・・」(あわてて話題を変える)
お母さんのほうに似てたら可愛かったでしょうね、とつい言ってしまいそうになったらしい笑

そういう話を聞くと気の毒な感じだが、こうなったら気の毒でも何でもない(ていうか、気の毒と言うほど不細工なわけではない笑 むしろ普通に可愛い。)ピアノ弾くなら、10度届く手とか、喉から手が出るほど欲しいものではないか。



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
Template by 【投資信託のことなら】投信Web /

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。