Calm breathing
独学ピアノの記録
自分の演奏を客観的に聴く
2017年06月17日 (土) 11:07 | 編集
自分の演奏を客観的に聴く、にはとりあえず、
・録音から少し時間が経ったものを聴く。
・リラックスしているときに聴く。
・他の人の音源も交えて聴く。
が必要かと思いました。
録音したばかりのものだと、どこをミスしたとか覚えているぶん、それが気になって、全体的に聴けない。自分の演奏には過度に批判的になりがちなので、ボーっとして聴くくらいが丁度よい。他の人の演奏音源も同時に聴くことで、自分の特徴がわかる、というのが理由です。寝るときのバックミュージックにするのがベストです(最初は勇気が要りますが笑)。

まあ、それで、自分の今までの音源を聴いてみて、なるほど!と思えた節があります。
それは、今までコメントでもらった感想と一致しました。コメントしてくれた人々からすればそりゃそうでしょうが、自分ではなかなか自分の演奏の特徴は実感できないわけですから。

安定感があるとか、音色が綺麗、細かいところまで神経を使っていると言われることがたびたびありましたが、確かに、そういうものを要求される曲が自分の演奏の中では、良く聴こえているようです。だから、古典から初期ロマンに合う曲が多いのかもしれません。

それで、今までの自分のベスト3演奏は、
モツソナKV.545の1楽章 take3


ドラクエ4のエレジー


ジョン・フィールドのノクターン2番

ではないかと。
なんといっても、この演奏の共通点は、「割と長期間弾きこんだ」ということです!
つまり、短くて弾きやすい曲をちゃっちゃと仕上げるよりは、思い入れのある曲を長期弾いてみると、熟成され、表現力が増すのかもしれません。

今後、思い入れのある曲を長期練習という形で、レパートリも広げていきたいと思います。
今は、とにかく、モツソナKV.330です。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
ツェルニー125番 3~6番と現在の練習状況
2017年06月14日 (水) 01:14 | 編集
あれ!? 7番まで録音したつもりだったけれど、どっかいったようだ;録音しなおしか。

ツェルニー125のパッセージ練習曲 3番
ツェルニー125のパッセージ練習曲 6番

一応、カテゴリ作って、いっぺんに何曲かアップすることにしました。
以前に1と2は弾いていたので、その続きから。ただ、このへんのは聴いてもつまらないと思います。

さて、モツソナkv.330の1楽章は絶好調で、6ページ中4ページは暗譜した。以前に、暗譜苦手とか書いていたが、しようと思わないから苦手なんだと解った。最初から暗譜すると決め込んで、「ここまでは楽譜みない」と決めた範囲を区切って詰めて暗譜すれば、しやすかった。当然曲にもよるだろう。バッハなんかは苦労すると思う。

モツソナkv.330の1楽章。元々、この曲を弾きたいと思ったのは、ホロヴィッツ氏の演奏を聴いてからだった。出だしのおどけて楽しそうな感じから引き寄せられた。それで、しばらく弾くと言っていたが、なかなか取り掛かれずにいた。そして、前回の記事で書いた、ハオチェン氏のモーツァルト。それですっかりモーツァルトのイメージが現実化し、頭がいっぱいになってしまった。しかも、例のkv.330を弾こうと思ったとき、ハオチェンのモツソナを発見。ハオチェンはモツソナは1曲しか弾いていないのに、その1曲がkv.330の1楽章だったという偶然!(ハオチェンのモツソナ 2:16くらいから始まる)。録音状態が悪いのが残念だが(学校で誰かが撮ったというやつだろうから仕方ない)、ハオチェンのは、とりわけ中間部が好み。そして、この曲検索していて、見つけたのがツィメルマンの演奏。美しいし聴きやすい演奏。聴きながら細かい部分のチェックも出来る。なんか、このkv.330に関しては、とりわけ好きな演奏がかなりあると思った。

その他、永遠の豊穣とシンフォニア2番も弾き続けている。永遠の豊穣は、安定してきたか。シンフォニアも少しスピードを上げたのがスムーズになってきたようだ。このへんはいい練習になるから、しばらく弾き続けようと思う。



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
Template by 【投資信託のことなら】投信Web /

Powered by .