Calm breathing
独学ピアノの記録
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Miyoshiピアノ・メソード 4巻 全曲録音終了。ピアノを教えることになった話。
2017年01月25日 (水) 23:53 | 編集

練習曲66 いきかう よろこび
練習曲67 かなしみの うみ、なぐさめの かぜ

「いきかうよろこび」はト長調。1拍遅れて、右手・左手の旋律の受け渡しがくるのは、幸せの受け渡しだと思いました。なかなか2声全ての音を意識するのは難しいように、幸せであることを意識するのは難しい。よろこび、といいつつ複雑な曲なのは、幸せには、要素の重なり合いやタイミングが必要であるから・・・などと考えて弾きました。

「かなしみのうみ、なぐさめのかぜ」はホ短調。左手が海、右手が風、です。

これにて、Miyoshiメソード4巻終了です。次は5巻に続きます。

最近、あまり更新できなかったのは、忙しかったことと、風邪引いたことと、それから、仕事関係の人から「子供にピアノを教えて欲しい」と頼まれ、引き受けたからです。まあ、そんな大げさなことではなく、弾いて楽しい曲を弾く手伝いといったところと、楽譜の読み方を教えるという話をしました。カワイのアップライトを新品で購入したばかりということで、「永遠の豊穣」を弾いてきたのですが、とても弾きやすかったです。手持ちデジピがカワイのCA65だからとりわけ違和感ないのだろうなあと。鍵盤はアップライトの方が少し軽く感じました。




にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
新年あけまして Miyoshiメソード4 練習曲64,65
2017年01月06日 (金) 19:20 | 編集

なかなか更新できず、前回からだいぶ間が開きましたが、まず、「あけましておめでとうございます。」

練習曲64の「みぃつけた川辺のはな」(ト長調)は、花を見つける、近づく、見て嬉しい、摘まずにそっと去っていく、またあした~
って感じを想像して弾きました。
練習曲65の「かなしみ おやすみ」(ホ短調)は、右手が話しかける、左手が共感し頷く、そして、おやすみという感じを想像して弾きました。

なんか、このメソードやっていると、各調が好きになっていきます。この調子で、調合の多いやつにもなじめてくるかなと思います。三善先生がどこかで、他の調を学ぶことは、別の大陸を旅するようなものだ、的なことを言っていた記憶があり・・・ああ、いかんな~、ニュアンスだけでうろ覚えの癖に、その感動と印象だけ心に残っている;・・・とにかく、調は1つ1つ特性・個性があるということなんだなと解釈してました。

このMiyoshiメソード4は次回で最終回です。次は5に続きます。
その前に、永遠の豊穣をアップしたいところですが。

さて、新年の目標だけれど。
現在、弾きたい曲をリストアップしていて、レベル別に分けております。
ピアノをする目的は、好きな曲を弾きたいというのと同時に、技術的にもどこまで弾けるようになるか、というチャレンジの面もあります。

現在は、「あるピアニストの一生」の田所先生のところでのレベル18くらいなんですが、今年は20までチャレンジしてみようと思います。

好きな曲を弾く、というのは目標というよりはピアノやってるなら通常そうだろ、という感じなので、目標としては、この「レベル20クリア」を目指してみようかと。ゲーム好きとしては、数字になっていると燃えます!
ただ、これは、1曲弾いても、たまたま得意なジャンルで弾けたとかでクリアにはならないと思うから、3~4曲くらい違った感じのを弾かないとダメそうですね。4期バラバラとか、表現重視のもの、指回りの必要なやつ、というバラバラさも必要かと。それと、当然、完成度を上げて弾くこと。やたら遅く弾くとかだと「クリアを目指す場合」は無意味なので。

なかなか自分で自分に無茶振りっぽいですが、まあ、やる気があるということです。
まずは、バッハ・シンフォニア2番(レベル19)、現在、譜読み開始してます。
「永遠の豊穣」効果か(今まで弾いた中でダントツ難しくて、練習期間実質5ヶ月というのに未だにミスが多い)、譜読みから易しく感じるけれど、そう思っていると仕上げは別物だったりして、あちこちでつまりかねないので、心して取り掛かってます。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
Template by 【投資信託のことなら】投信Web /

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。