Calm breathing
独学ピアノの記録
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ツェルニー125のパッセージ練習曲 2番
2016年03月27日 (日) 17:32 | 編集

「謎の城」がなかなか進まず(練習時間が取れなかったから)こちらをアップしました。
ブログ回り、コメントもなかなか出来ませんでしたが、音源はしっかり聴かせていただいております(音源好きなもので^^)。

時間少ない時に、こういう短い練習曲は便利だけれども、これが難しい!スピードを上げれば、絶対に音が抜けやすく、汚さが目立ちまくるようなものばかりが、短いパッセージに詰め込まれている練習曲ですよ、この125番は!短時間で効率良い練習をしたい場合にはもってこいです。下手にならないように維持するためにこういうのやハノンをやっています。それでなおさら、謎の城の練習時間がなかったわけですが、それはそれで仕方ない。

それから、Miyoshiピアノ・メソードの12巻のみ買ってみました。解説が詳しく、曲を弾けるようになるために、覚えておいたほうがいい指使いのパターンなどの解説、初見の練習曲やら解説やらも乗っていて、12巻はピアニストへの扉を開くための巻と書いてある・・・曲は全部、三善さんの作曲で、1つ1つがタイトルある曲。毎年「MIyoshiメソードの演奏会」が行われるくらい、いい曲ばかりのようだ。初心者から、平均律レベルまでこのメソードで勉強できるというのは、そして解説がここまでしっかり書いてあるというのは、独学者である僕にとっては嬉しいことこの上ない!なんといっても、最近ハマった三善晃さんの曲で練習できるとか嬉しすぎる。ゆっくり、揃えていこうと思う。

なぜか、何度も聴かされる三善さんのピアノソナタ↓

スポンサーサイト
三善晃さんの曲にハマる
2016年03月18日 (金) 17:17 | 編集
最近までとりわけ忙しくて、更新も訪問も出来ませんでした。
ピアノもあまり弾けなかったので、謎の城もまだ半分くらいしか弾けてません。
この曲がとりわけ弾きにくいというのもあるのですが。ピアノのための曲ではないだけに運指に苦戦します。

そんな中、ユーチューブでの音楽鑑賞は欠かさずにいたのですが、三善晃さんの曲って実はすごいじゃないか!と今頃気がつきました。ぼーっとして聴いていると、派手さはなかったし、とりわけユーチューブで見受けられた、「こどものための曲集」のようなピアノ曲となると、聴いてみても、「これが子供向け?」という印象が先にたってしまっていたのでした。子供のための曲といえど、三善さんの世界そのままで譜面を簡単にしただけという感じだったのですよ。タイトルからして子供っぽくないのも多々あり。まあ、そんなで「なんじゃこりゃ?」と思っていたに過ぎなかったのだけど、なぜか心のどこかに引っかかっていたのです。で、改めてよく聴いてみると、よくここまで音だけで情景を表現されているなあ!と驚くほどに、1つ1つの音に無駄がない創り。緻密で繊細な情景描写!少ない音数での曲でここまで完成度の高い映像ってすごすぎるんじゃないかと。譜面を見ると、対位法が駆使された譜面で、そうか、バッハをやっていたから、こうして1音1音を拾って聴けるようになったのか、と自分の耳の成長も感じることが出来ました。

本当に、落ち着いて聴きなおしてみて良かったと思います。メシ食いながらのバックミュージックでは分からないこと多々ありってやつですね笑^^;
今のところ、あれを弾こうこれを弾こうとか思うばかりで、全然弾けてないのだけれども、三善晃さんの曲も弾きたい曲リストに加わりました。三善晃さんのピアノ・メソード全12巻(12冊もあるだけに、初心者から上級者までの幅広い教本)まで欲しくなってしまいました。この間から、好きな曲探しにヒットが出ているけれど、今回また、大ヒットです!

「海の日記帳」で一番最初の曲「海のゆりかご」。バイエルレベルの簡単な譜面で、ここまでの情景描写に、改めて聴いて驚愕した一曲。


Template by 【投資信託のことなら】投信Web /

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。