Calm breathing
独学ピアノの記録
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ツェルニー100番練習曲 34番
2015年04月28日 (火) 17:56 | 編集


これは、29秒のところが難しくて、音がかすれることが多く、よく練習してからアップしました。
でも、かなり好きな曲です。ツェルニーの穏やかな感じの曲は割とどれも好きですね。

また、今後の予定として、手持ちの曲集から抜粋して、色々と曲も弾いていこうと思います。楽譜を買ったくせに、全然弾いてないものもありますしね。バスティンの中級全調ソロとか、湯山昭さんの曲集とか、ドラクエとか、どこにも音源がないようなマイナーな曲集からとか、色々弾いていこうと思います。もちろん、練習曲もアップし続けます!シンフォニアやソナタも練習し続けます。
スポンサーサイト
トンプソン・現代ピアノ教本1 No.26~30
2015年04月25日 (土) 21:25 | 編集


26.ナイトとレディ  27.モーツァルトの曲から  28.小さなワルツ  29. 夜のうた 30.青がんばれ

今回の26~30番は、モーツァルトもありますし、小さなワルツはブラームスですね。上手く編曲してあるために、初心者が有名曲にふれることが出来ていいんじゃないかと思います。ナイトとレディも気に入っています。

それにしても、「トンプソン」で検索するとまず、銃の情報が出てくるのですよ笑
最低でも「トンプソン ピアノ」と入れないといけない。

最近は、トンプソンをローランドFP-7Fで土曜日にアップするのが常になっていますが、それもあと4週で修了ですね。一応、次のルーチン教本はギロックの「アクセント・オン1」の予定です。
全調ものなのですが、ギロックの中ではマイナーなんですよ。決して曲が悪いとかではなくて、同じギロックの全調ものでは、叙情小曲集が有名だから、かぶってしまった感じなんですよね。で、どっちを買って弾くかとなると、大概の人は後者を選ぶ。そこで、マイナー厨としては(笑)あえて、アクセント・オン1なわけです笑
他にもそういう人やギロック好きな人がいたら、役に立つ音源になるかと思い、全曲アップを目指します。

最近、少しずつ時間が取れるようになってきたために、文章も箇条書きみたいのをやめて、少し長めになりますし、コメントも出来るようになってきました。今年は忙しい時期を乗り越えられて良かった!とはいえ、犬の散歩に毎日1時間半以上、犬猫飯に朝晩で1時間(半分は作るため)はかかるから、主に仕事の無い日にブログはアップすることになると思います。
ツェルニー100番練習曲 33番
2015年04月19日 (日) 12:09 | 編集

ツェルニー100番練習曲 33番 (Czerny op.139 No.33)

今度から1曲ずつアップします。
30番を超えて、復習が終わったこと、難しくなったことからです。何度も弾きなおすことが増えてます。
易しい曲を美しく。難しく、やりがいのあるテーマです。

ツェル100は、ニーズがほとんどないと思っていたのだが、以前のマイチャンネルを見ると、1~3番が17,404回も再生されていた。
エンターテイナーeasy versionが24,044で、ソナチネアルバム8番 クレメンティOp.36,No.2 1楽章 が、20,637。このあたりは世界的にメジャーな作品だから分かるのだけれど。
なんでツェル100がそんなに?と思ったが、英語でOp.139 No.1などと書いてアップし続けた今回は、期間が短いとはいえ、再生が2ケタだったりする笑。つまりは、日本人が多く見ているということだろうから、日本語でアップすることにした。素人の演奏を参考にしようと検索する人のために。

やはり弾いている人は弾いているということか、もしくはツェルニーが王道と言われているだけに気になる人は多いのかもしれない。
モーツァルト 幼年時代の作品集より K.V.3 アレグロ 変ロ長調
2015年04月18日 (土) 15:51 | 編集


しばらくのブランクが気になっていたことから、主に練習曲に走っていたけれど、今後、曲もいくらかアップしていく予定です(曲に関しては特に曲集コンプリートにはこだわらず、色々と)。
以前に、モーツァルトの幼年時代の作品を以前に弾きかけていました。
それを、今後また続けてアップします。
まずは手始めに、この曲ですが、以前にFP-7Fで録音していたものです。
トンプソン1 No.21~25
2015年04月12日 (日) 19:44 | 編集


21.春の口笛  22.舞い落ちる木の葉  23.オランダのダンス  24. 妖精の宮殿 25.きつつき

このあたりはまだ、FP-7Fによる録音です。
トンプソン1もこのあたりになると、曲らしくなってきたなあ。
「オランダのダンス」は気に入ってる曲。そういえば、ブルグ25でもシュタイヤー舞曲が好きだった。
どうも、3拍子の舞曲が好きらしい。

現在は、メイン曲として、バッハ・シンフォニアの6番を譜読み中。保持音だらけでかなり弾きづらい。
牧歌的と書かれている曲で、聴いた感じは穏やかだけれど、手の関節がどうにかなりそうだ笑
バロックは、プレ・インベンション、アンナ・マグダレーナ、インベンション、フランス組曲もやっている中、途中でさらにシンフォニアを弾いてみたくなったのけれど、聴けば聴くほど弾けば弾くほど、好きになっていくので、今やりかけのものを含めて全部コンプリートしたいと思う。



オムニバス・エチュード3巻 2曲目 レッシュホルン氏の練習曲
2015年04月09日 (木) 17:30 | 編集


短調の練習曲は少ないと思う。この曲調で練習とか、なんか笑える。
「しみじみと練習」みたいだ笑。
それにしても、他の人の記事を読むと、コメントしたくてたまらなくなるのだけれど、時間の都合上、読み逃げばかりになってしまっている。ご了承願いたい。
それから、以前のように自分のブログで語らなくなったのは、なんとなく、どれも、とりたてて語ることじゃないなあ、と思うようになってしまったからだ。他の人のピアノ記事などは読んでいて面白いと思うくせに、自分は語らないというのもなんだけれど。時間に余裕が出来たらまた何か書きたくなるかもしれないが。
以前は、友人がどんな面白いことをしたとか、昨日見た夢とか、それはもう、どうでもよすぎることまで話していたなあと懐かしく思う。
プレ・インベンション 1番  4番 
2015年04月05日 (日) 17:20 | 編集

A.Rowley Miniature Fugue 1. (アレック・ローリー 小フーガ1番)
A.Rowley Miniature Fugue 4. (アレック・ローリー 小フーガ4番)

今回は、新しいピアノ「カワイ CA67」による演奏。

以前、忙しい時期に、ピアノを弾けないといういらだちから、ピアノをやめてしまったことがある。
いらだつくらいなら、いっそやめてしまおうと思ったのだ。
でも、今回はそうなりたくないし、そうはならないと思う。
離れたところで、やはり好きなこと。結局、気になってしょうがなかったからだ。
Template by 【投資信託のことなら】投信Web /

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。