Calm breathing
独学ピアノの記録
ソナチネNo.5 1楽章 ベートーヴェン(演奏動画)
2018年06月02日 (土) 11:05 | 編集

「新・こどものソナチネアルバム」という、一般的なソナチネアルバム2冊から抜粋し、アナリーゼのポイントを解説した本を買ったために、その中で弾いたことないソナチネを弾いていってます。

こうして弾くと、つくづく古典は自分の分野。一番弾きやすいですね。でも、その中ではベートーヴェンは苦手だったんですよ。聴くのはとても好きなんですけれど、弾くとなるとどうにもしっくりこない。だけど、このソナチネはとても弾きやすかったです(ベートーヴェンの作品かどうかわからないという説もあるこのソナチネですが)。
ソナチネ弾いていると自分の分野、という気がして気分的にピアノを続けるにあたっての安定感が出るので、今後もこの曲集は続けていきます。

この曲がらみもあり、他の方のブログ記事を読んだことにも関係し、自分の芸術に対する傾向を最近ちょっと考えていましたが、どうやら「人間臭い表現」というのがとりわけ苦手なようです。
油絵→花を描くと「ガラスの花みたいで割れそうだ、非現実的だ」と言われる。
(絵は生き物より、デザインやポスターが得意。)
詩→「人間としてのゆきなぎさんを感じない」と言われる。
(詩よりも作文の方が得意。)
という経験があります。

でも、言われた感想をどっちも悪い意味には受け取ってなくて、なるほど、作品が人間ぽくないんだなあと受け取っています。そういうところが音楽表現にも出ていると最近思っています。そうなると逆に得意(傾向として生かせるという意味で)も出てきて、モーツァルトだったり、バロックだったり、近現代の印象派的なもの、ロマンもロマン派初期がしっくりきて感覚的に弾きやすいという。

以上、芸術傾向からの自己分析でした。
惹かれると言う意味では、激情型の演奏や表現に惹かれます。自分が持っていないものに惹かれるのですね。昔は、そういうのを見聞きすると自分もそうなれたらと思ったものだけれども、今となっては、自分にもそれはそれで価値があると思えるようになってきたので、羨ましくて死にそうとか(笑)は思わなくなりました。

次回は認知特性のテストをやってみた話と、ミヨシ・メソードの5巻続きのアップです。


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
Template by 【投資信託のことなら】投信Web /

Powered by .