Calm breathing
独学ピアノの記録
Miyoshi ピアノ・メソード5巻 導入編  録音
2017年08月19日 (土) 12:16 | 編集

最後の曲だけ動画にしました。それにしても編集嫌いなので面倒でたまらず笑
こういうのをきっちり几帳面にやる人はすごいとつくづく思う。
ただ、弾くのはとても楽しいし、マイ・コレクション的な意味と、ミヨシ・メソードを使おうと思っている人の参考になったら嬉しいので、4~12までは皆録音もしくは録画する予定。
ずっと、永遠の豊穣が難しすぎたり、弾き散らかしたりでちんたらやってたので、ここらでいいかげんスピードアップしたい。

弾いたときのメモ↓
普段なかなか、頭の中でイメージして自己完結して文章にしないで録音や動画だけアップするけれど、メモしておいたほうが役立ちそうだ。
「ファからの手紙」ファとの出会いだ、と思って弾いた。2小節目から盛り上がりと書いている。
「ファとの約束」朝焼けのイメージ
「レの子守唄」ほの暗い闇を想像
「レのワルツ」夕闇で1人で。内省的に。三善作品のニ短調は闇のイメージが出てくる感じがする。他の作曲家のはどうだろう?後々、意識してみよう。
「いっしょに」波打ち際のイメージ。砂浜に波が重なる。導入編で最も好きな曲。

今後、もうちょっと動画増やそうかな。面倒がってたら、ミヨシ・メソードの紹介にも何もならない。

☆ミヨシ・メソードのメリット
・全調に丹念に触れられる。調ごとのイメージもつかめる。
・5巻からソロ曲ばかりなので、独学可能で、12巻まで続き、シンフォニア終了程度まで続けられる幅広い教本。
・多声の曲が多いので、最初から両手に意識を向ける訓練になる。
・さらに、その中で情景を表現するような曲であるため、細部にわたって両手の音に神経を研ぎ澄ませる練習になる。弾きながら曲を味わうということが分かるようになる。
・近・現代曲の導入としても秀逸。
・日本の作曲家の曲であるため、外国の風景や文化を描いたものと比べて、イメージが沸きやすい。そういう意味でも、近・現代曲の導入にいい。
・全てが音楽的な美しい曲なので、退屈な練習曲という感じがない。
・指使いのパターンを徹底して練習させられるので、しっかりやれば、指使いのパターンが増える、身に付く。

★ミヨシ・メソードのデメリット
・録音音源が少ない。
・5巻からしかほぼ独学出来ない。4巻までは連弾が多い。
・想像力を養うメソッドであるが、子供だと、かなりの想像力がある子供でないと難しいかも。ぱっと聴いた感じ、曲が地味なので「つかみはOK」とはなりにくい。



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
Template by 【投資信託のことなら】投信Web /

Powered by .