Calm breathing
独学ピアノの記録
バッハ シンフォニア2番 完成音源
2017年05月20日 (土) 14:23 | 編集

ハ短調のこの曲は、セピア色の宮殿を思い浮かべる曲でした。

この曲は、全体のバランスが難しかったです。全体的なことでは、スケールの部分でつい速くなってしまうので、どんどんテンポが上がっていかないように注意しました。また、深い物入たっぷりで弾いてはならないと書いてありますが、確かに、それをやってしまったらバロックに聴こえない。まあ、普通に弾いてれば深い物入たっぷりとまではならないにしても、むしろ距離をとって落ち着いて弾くくらいで丁度いい(永遠の豊穣も同時に練習しているが、そのノリのまま弾かない笑)ように思いました。

部分的なことでは、保持音を押しながらの3と5や4と5でのトリルがあったけれど、以前は別の曲で絶対に出来ないと何年か前に思った、2で保持音押しながら4と5でのトリル(ラストから3小節目)が出来るようになっていました。やはり、ずっと続けていると技術は伸びると思いました!

この曲、田所先生のところでレベル19になっているけれど、確かに、全体のバランスという意味で、以前弾いた14番より弾きにくいと思いました。

今年の目標は、レベル20になって、ダーマの神殿で転職、なので、次は20の曲を選曲しています。その後、4期全ての上級曲(レベル21か22くらいの)を弾く、と(それは来年以降になる)。永遠の豊穣(4期に分類するならロマン派に近い)は体感レベル21くらいなのですが、まだ合格ラインに達してないですからね。

で、次の曲は、スカルラッティソナタK.10です。
こんな曲↓


それから、ドラクエ11の発売に向けて、オフィシャルスコアの竜王を練習します。
余裕あれば、モツソナK.330の1楽章も。
それと、アップする練習曲は、ツェルニー125にしぼります。
コンプリ予定の楽譜も、ミヨシ・メソードと、ロマサガ、海の日記帳にしぼってやっていきます。しぼってもかなりあるし、自分で自分に課した課題曲もあって厳しいですが、頑張ります!


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
バッハ シンフォニア14
2016年02月13日 (土) 21:54 | 編集


やっと録音できました!MP3Tubeが使いやすくなったので、MP3Tubeでのアップです。
個人的な感想として、春のそよかぜのように、さらっと心地よく美しい曲。1つ1つの音のハーモニーが光り輝いているイメージです。
しかし、指使いが変なのが多く、非常に弾きにくかったです。速度をそれなりにあげて軽やかさを出そうとすると、ミスが増加し、だいぶ練習しました。

音は、スタンダード・グランドという音を選択しました。
何度も録音しなおして、未だにミスあります。今の自分の実力で弾けるギリギリの曲を弾くとこうなる。
(ミスタッチは気にしないというのもアリですし、他の人のミスタッチは実際に気にならないものですが、自分の演奏というのは感覚的には聴けないためか、やたら気になるものかもしれません。)

ただ、これがギリギリでも弾けるとなると、平均律も弾ける曲ありそうなのが嬉しいところです。
平均律はリヒテルの演奏にハマっています→リヒテル平均律
澄んだ泉のように美しい音です。フランス組曲はグールドのが気に入ってCD持ってます。

次は、ドラゴンクエスト4 オフィシャル・スコアブックより、「謎の城」を練習します。
これも、ぜんぜん、余裕を持って弾ける曲じゃなさそうですが。
この曲、シンフォニアに似ていますが、自分の演奏に合っているんじゃないかということと、好きということで選択です。
ドラクエの曲を、良さが伝わるように美しく弾く!これは、目標の1つです。
他には、バッハのゴルドベルク変奏曲を弾きたいとかもあります。
シンフォニア6番 レガート・ヴァージョン
2016年01月18日 (月) 15:53 | 編集


インフルエンザのため、なかなかアップできませんでした。
やっと完成したレガート版です。ちょっと怪しい箇所があったりと、演奏もなんか感染してます笑
この曲もレガート合いますね。

ちなみに、こちら↓が以前にアップしたノン・レガート版です。




次は14番をアップします。今までアップしてきた曲の中で一番難しかったです。・・・というか、まだ仕上がってもないですが^^;
シンフォニア11番 レガート・ヴァージョン
2015年12月21日 (月) 17:27 | 編集


バッハ シンフォニア11番をレガートで弾いてみましたがどうでしょうか?
印象変わるものかな?
レガートで弾くことに合わせて、少しテンポアップし、音はスタンダード・グランドという音に変えてみました。リバーブはライブという、前回のカテドラルよりは控えめなやつにしました。あと、最初のトリルも変えてみました。まだ気に入らないところはあるけれど、自己採点100点満点にはなかなかなりません。

さて、次の曲はシンフォニア14番に決定。譜読みは終わりました。中盤以降がかなりしんどいです。でも、これが弾けたら平均律もいけるのかな。平均律もかっこよくて、弾きたいのがたくさんあります。どうやら、シンフォニアの難しいやつと平均律の易しいやつは、難易度的にはそんなに変わらないそうで。最初は、好きという以上に、練習になるからとはじめたはずのバッハになぜかすっかりはまってしまいました。

でも、ドラクエも弾きたくて、時間がないというのに、現在弾きたいのが増えてきて困っています。
バッハ シンフォニア 11番
2015年11月30日 (月) 17:47 | 編集


音は、CA67のジャズグランドで、カテドラルのリバーブをかけました。実はカテドラルが大聖堂のこととは知らず笑
いくつかのリバーブを試してみたあと、やはり、これが一番合うなあと思って。「で、カテドラルってなんだ?」と今調べたら、大聖堂だったという^^;そりゃ、合うはずだ。
内容は曲の透明感ある響き、伸び方を意識して演奏してみました。
最初は付点の旋律の神秘的な感じにひかれて選んだ曲でしたが、ひいているうちに静かな透明感という印象が出てきました。
この曲は途中までは難航したけれど、ある時期から順調に形になってきました。バッハはそういう傾向ありますね。

次は何を弾こうか考え中。ただ、書いてしまったら、弾けなかったとき悲しいので笑、ある程度アップのめどが立つまでは黙ってます。
そう言いながら、またシンフォニアにするかもだけど。シンフォニアだったら、10か14にすると思います。
Template by 【投資信託のことなら】投信Web /

Powered by .