Calm breathing
独学ピアノの記録
プレ・インベンション 12番 33番 と、「短調に対するときの気難しさ」
2016年06月22日 (水) 11:24 | 編集

プレ・インベンションも、復活してみます。
12番は、G.ph.テーレマンのアレグレット
33番は、C.G.ネーフェのスケルツァンド
です。

今までの演奏も含めて聴き返してもみましたが、やはり、自分で聞いても、長調の軽快な曲、長調の穏やかな曲がより良く弾けているようでした。そういえば、とりわけソナチネは弾きやすかったことも思い出します。本人は、陽性でも軽快でもなく、むしろ逆なんですがね笑 

最近は、なにも感情を込めずに弾こうが、個性を消し去ろうと努力しようが、人間が弾いている限りは、なんらかの特徴が出てくるのが演奏だと思ったので、とりわけ、あんまり考え込まずに弾いてみようと思っていました。考えれば考えるほど、わけがわからなくなり、ドツボにはまりそうだったので、弾きたいものを自然に弾いてきました。

そして、ここ最近、自分の昔の演奏を聴いてみて思ったのは、短調の曲を弾くと、落ち着きがなく、つまらない演奏に聴こえるときがあるようでした。それは、どんなときかというと、そこまで思い入れのない曲を弾いているときのようでした。なぜ、とりわけ短調の曲の時だけ、そうなっているのか。また考えすぎるとわけわからなくなりかねないですが、たぶん、自分の現在の情動状態とは微妙に違うことからのはねつけが自然に起こっているような気がします。長調だったら、元々、自分とは別物だから、はねつけは起こらない。演奏するということは、自分の内面に曲を近づけることなので、自分本来の気難しさに触れているのかもしれません。

ただいま練習をはじめた曲は、バッハ平均律1-10プレリュード。シンフォニアを3曲弾いたから、平均律も弾いてみようかと挑戦です。難しい曲になるほどに、弾けなかったら嫌だなと挑戦しない傾向なのですが、ちょっとやってみます。
ジョン・フィールドノクターン2番。こちらは、苦手意識のあったロマン派への挑戦としてでしたが、今日の記事を書きながら考えてから、そういうことだったのかもしれない、と苦手意識が薄れたように思います。
その他、易しい曲も合間に弾いていって、かつがつアップしていきます。
プレ・インベンション 3番 5番&うちの白猫「ひなのじょう」
2015年09月17日 (木) 18:11 | 編集


A.Rowley Miniature Fugue 3. (アレック・ローリー 小フーガ3番)
A.Rowley Miniature Fugue 5. (アレック・ローリー 小フーガ5番)

プレ・インベンション 弾く順番の、13番目、14番目の曲です。

スナップショット 3 (2015-09-15 17-42)
スナップショット 8 (2015-09-15 17-44)

さて、演奏については、言葉より音で語るとして、今日はうちの白猫を紹介します。
猫侍を見た人から、猫侍の白猫の玉之丞(たまのじょう)によく似ていると言われて、猫侍のたまのじょうを検索しましたが、かなり似てました。
ただ、うちのひなはブルーアイなんですが、たまのじょうはグリーンみたいですね。
そんなわけで、「ひなのじょう」と呼んでみたら、”ひな”で反応してこっちにきました笑
ひなこと、日陽(ひなた)はテンポ・ルバートで「ひな~ん」と鳴きます。

猫侍は、堅物で有名だった呉服問屋の主人が白猫に骨抜きになったことから、魂を吸う化け猫を切って欲しいと番頭にお願いされた剣豪の久太郎・・・しかし、切れずに猫と生活を共にすることになったという話らしいです。

見てみたくなりました。
プレ・インベンション 30番 37番
2015年08月08日 (土) 17:49 | 編集


30番 W.A.Mozart Menuet F major K.V.2 (W.A.モーツァルト メヌエット ヘ長調)
37番 J.G.Witthauer Gavotte (J.G.ヴィットハウアー ガヴォット)

プレ・インベンションは、有名な作曲家の曲から、よく知らない作曲家の曲まであるところがいいですが、モツのメヌエットは作品番号が書いてなかったので書き加えました。やはり、作品番号は欲しいかなあ。最初の頃は気にしてなかったのだけれども、多くの曲に触れるに従ってそう思うようになりました。
「ヨハン・ゲオルク・ヴィットハウアー(Johann Georg Witthauer 1750年8月19日- 1802年3月7日)は、ドイツの音楽教育者、作曲家、教会音楽家。」とウィキにありました。鍵盤楽器や声楽曲を多く作曲しているのだそうです。

さて、モツのメヌエットK.V.2は、以前に弾いたことがあるのだけれど、プレ・インベンションの楽譜表示に従って弾きなおしてみました。楽譜によって解釈が違うからか、微妙に違いますね。
J.G.ヴィットハウアー ガヴォットは、かなり気にっている曲です。

腱鞘炎は、95%回復です!今後は、またメイン曲とかツェル100も弾けそうです。ツェルニー100を弾けることがこんなに嬉しいとか、以前からすると考えられません笑 ただ、どれから手をつけようか・・・
プレ・インベンション 36番 28番
2015年06月20日 (土) 17:47 | 編集


36番  D.G.Turk Arietta (D.G.テュルク  アリエッタ)
28番 L.Mozart Bourree (L.モーツァルト  ブレ)

D.G.テュルク氏は、ダニエル・ゴットロープ・テュルクで、オルガニスト、作曲家、ピアノの小曲も多く書いているのだそうです。「アリエッタ」とは「小さな歌」という意味だそうで。
L.モーツァルト氏は、W.A.モーツァルトの父ですね。

さて、手は大体回復しました。今回のアップ分は、1曲目が弾きだめでしたが、2曲目は、まだ手がちょっと痛いときに弾きました。まあ、痛めた左手の動きは少なかったから、演奏には影響しませんでしたが。

次回は、仕上がったシンフォニア6番をアップします。痛めたときも、ゆっくり練習していたため、忘れずに済み、弾けたので、今回アップ出来たらと思っていましたが、1音、音が濁ったのが気に入らず、来週に持ち越しです。

プレ・インベンション 21番 38番
2015年05月03日 (日) 14:33 | 編集

21番  J.C.F.Bach Schwabisch (J.C.F.バッハ シュベービッシュ)
38番  J.Clarke Marcia (J.クラーク マーチ)

すっかり気に入っているプレ・インベンションです。
Template by 【投資信託のことなら】投信Web /

Powered by .