Calm breathing
独学ピアノの記録
ジョン・フィールド ノクターン2番 録音しました
2016年10月07日 (金) 23:28 | 編集

ジョン・フィールドは、ノクターンの創始者。ショパンは、フィールドに影響を受けてノクターンを作曲したそうです。フィールドのノクターンは静かで美しい夜の情景が浮かぶ曲が多くあります。この曲もその1曲です。対してショパンのは、恋愛を彷彿させるものが多いとどこかで読みましたが、そうかもしれないと思いました。

それにしてもこの曲は、結局、暗譜出来ませんでした。並行して練習していた永遠の豊穣はすぐに暗譜したのに、こっちは全く暗譜出来ずに、楽譜ガン見状態での録音のために、どうしてもミスタッチするという。練習期間も長く、7月中旬から練習して2か月半もかかりました。
技術的には難しくないのですが(田所先生のサイトで、レベル14。モツソナKV.545と同じ。)、KV545-1より個人的にはずっと厳しかったです。なぜかこの曲はいくら弾いても暗譜出来ない!これにつきます!綺麗な曲で好きなんですがね。なぜか頭に入ってこなかった(暗譜出来ない)のは、ロマン派だからもあるかなと思いました。単にこの微妙に違う3連符の連続のせいもかなりあるとは思いますが。そんなわけで、ロマン派なんとなく苦手は結局克服できてませんが、もう、古典派が好きで割と得意だからいいや、と思うようになりました。永遠の豊穣を練習中に、以前より指が回るようになってきたからでもあります。あんまり苦手の克服にこだわりすぎているうちに、古典まで弾けなくなったらかなしいですし、両方やるほどの練習時間はないわけで。でも、フィールドのノクターン自体はかなり好きなので、もう1曲くらいはそのうち弾くかもしれません。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
ギロック ホ長調 「陽気なスペイン」 と 練習効率について
2016年07月03日 (日) 10:18 | 編集

ギロック アクセント・オン1より 「陽気なスペイン」です。
この本、全調の練習のためにはじめたのでしたが、この本のやる気の起きる時期が少なくて、滞ってます。譜面自体は易しいのですが。やる気のある時しか練習したくないもので(だらだらやっても意味ない)。そういうことから、自分にとっては、ギロックは聴くのは好きなんだけれど、弾くのは微妙な部類かもしれません。

もう一つ、過去演奏を全部見て聴き返して気が付いたことですが、最近、動画アップの効率が数年前より悪くなっていることに気が付きました。

前サイトの頃の方が、練習時間は倍以上あったことは間違いないのですが、それ以上に、練習効率が悪くなってやしないか?と。あの頃は易しめの曲は1曲3日、難しい曲は1か月と、平均週に1曲位のペースで動画を上げてたのですが、今は全然出来ません。ドラクエなど以外は完成度が低いからそのせいかとも思ったけれど、当時は単に今より下手で出来なかったのだろうと思うから、適当にアップしたから早かったということもないだろうと。あえて言うなら、今の方が耳も成長して細かいところが気になってきたので、時間がかかるというのもあるだろうけれど、それにしてもだいぶ遅くなったなと。

で、以前を思い出して、気が付いたその原因は、
仮に1日15分練習したとして、新曲を5分ずつ3曲やるのと、15分で1曲やるのでは全然効率が違うということです。短時間のうちに何度か繰り返して弾かないことには、覚えにくいということかと思います。それを踏まえると、今7曲同時練習してるのは、だんだんしぼっていこうと思いました。1曲仕上げたら、さらに追加などすることなくやっていこうと思いました。
モーツァルト「グラスハーモニカのためのアダージョ KV356」
2016年06月11日 (土) 21:50 | 編集


モーツァルトの曲の中でも、とりわけ好きな1曲です。
この曲を弾きながら、つくづく、「ピアノを続けていて良かった」と思いました。
続けるには苦しいと思うことも、やはりある。真剣に向き合うほどにそうなんだと思います。
今後も、好きな曲、美しいと思って心から感動した曲、そして、純粋に練習が楽しいと思うものも、弾いていきたいです。
ギロック アクセント・オン1 イ長調 クリスマスツリー・パレード
2015年10月04日 (日) 08:16 | 編集

季節はずれになってしまうことは、ルーチンだから仕方ない。
楽しい曲だと思います。

次回、ドラクエ8の「静かな村」をアップ出来そうです。ドラクエの曲はとりわけ綺麗に弾きたくて、あたためていました。ドラクエの曲は、ジャンルわけするなら、ロマン派が多いように思います。ロマン派は基本苦手意識があります。「静かな村」もそうなんですが、ドラクエの曲くらいメロディーに思い入れがあるならロマン派も平気なのかもしれません。
それから、メインではモツソナKV.545の3楽章と、バッハ・シンフォニア11番を平行練習してます。平日の時間の都合上、なかなか進みませんが、気長に弾いていきたいです。
現在、モツソナが譜読み終了で、シンフォニアが3分の1譜読み終了です。モツソナは譜読み終わってからが長いですね。アラが目立つ曲だから。
ギロック  アクセント・オン1  ニ長調 スケートをする子供たち
2015年08月22日 (土) 17:30 | 編集


ギロック アクセント・オン1の3曲目です。3拍子で、スケーターズ・ワルツみたいな感じの曲です。
この曲集、ギロックの中ではあまり弾かれていなくて、同様の全調ものでは、「叙情小曲集」の方が人気ですね。
聴き比べてみたけれど、個人的には、こっちのアクセント・オンが好みでした。叙情~の方はロマン派寄りだからかと思います。

どうやら、古典・バロックの長調が一番好きで、ロマンの短調があまり好きでないようです。古典の短調は以前から聴き専ですね。(昔は弾いてみたいと思ったこともあるけれど、どうも、弾き始めるとピンと来ないことが多かった。)

あと、好きな調というのもあって、長調ではト長調、短調ではハ短調・イ短調です。ハ短調の曲は、クールな感じがなじみやすいです。たぶん、全体的に硬質な感じの調が好みなのかなと。今後、色々と弾いていくにあたって、調のイメージも多彩になっていきそうで、楽しみです。
Template by 【投資信託のことなら】投信Web /

Powered by .