Calm breathing
独学ピアノの記録
認知特性テストをやってみた
2018年06月13日 (水) 12:46 | 編集
認知特性テストをやってみました。
医師のつくった「頭のよさ」テストという本に掲載されているテストです。
けもネコさんがやっておられて、興味を持ち、本を買いました。
で、早速テストをやってみた結果、

①視覚優位者 写真〔カメラアイ〕タイプ 26点
②視覚優位者 三次元映像タイプ 23点
③言語優位者 言語映像タイプ 25点
④言語優位者 言語抽象タイプ 25点
⑤聴覚優位者 聴覚言語タイプ 8点
⑥聴覚優位者 感覚&音タイプ 9点

点数が14以下は弱い認知特性
15から25は一般的
26以上は強い認知特性 

・・・なんだかめちゃくちゃ偏ってますね。視覚と言語に偏っていて、耳聴こえてんのかよレベルですね、これ笑
聴覚認知が弱いというと、子供の頃の二つのエピソードを明確に思い出します。

ひとつは、小学校低学年の頃のエピソード。話が聞けなくて、「この子は耳がよく聞こえてないのではないか?」という疑いを担任に持たれたということがありました。どうやら、先生の指示を聞けないことが多かったらしい。それで大学病院まで検査に行くはめになったが、検査結果はいたって正常。

あとは、小学校高学年のときのエピソード。先生が「誰にあてようか?」と言ったときに、当時、やたら僕を敵視するクラスメイトがいたんですが、その人が「(よそ見して聞いてなさそうな)ゆきなぎ!」と言ったんです。しかし、先生は「あの人は聞いてないみたいに見えて聞いているからね。」と言ったことがありました。まあ、流れ的にそういうことだろうと、その答えだけは見て読んで解ったので答えたら、先生は「ほらね。」と言ったけれど、まあ、自分的には見て解ったのであり、聞いてないは当たってましたね笑 どの機能を使って答えが解ろうが結果は同じですが、実は聞いてなかったというやつです笑

言語に関しては、作文を書くのが好きでした。3枚書いて提出しなさいという課題で、30枚書いて提出してました、小学校4年の頃。今は、そんなバイタリティないけど、表現したくてたまらなかった時期だったんだなあと思います。

こういう感覚の優劣は、子供の頃に顕著に見てとれる気がする。実際、高学年ともなると、2つ目のエピソードにあるように、聴覚を使う場面も他の感覚で補っているけれど、低学年のときは聴覚障害疑われるレベルなわけで笑

視覚優位はピアノにどのように影響しているかということに関しては、まず、楽譜を見るのが好きです。とりわけ、古典とバロックの楽譜は見た目の音並びから美しいと思います。・・・うーん、そのくらいかな、自覚出来るのは。でも、楽譜見るのが好きという部分は得といえば得かもしれない。楽譜を美しいと感じられるのは嬉しいことかもしれない。ただ、結局は音源を聞かないとイメージが沸いてこないから、同じといえば同じなのかもしれませんがね。

そういえば、今、3歳の姪が、楽譜は読める(もちろん、導入教材レベルの読譜です)けれど、そのとおり弾けなくてイライラしております笑 読めるけど弾けなくてイライラというと可愛そうに思えるかもですが、読めないし、弾けないだとやる気自体起こらないと思います。大人でも出来ないことはしたくないものですが、子供だとなおさらだろうと。実際に、姪はだんだん根気もついてきて、一度で弾けなくても「もう1回」と言うようになりました。読んだ後に、ちゃんと音名を言いながら指を動かしております。また、手先も器用になってきて(最初はクレヨンが上手く使えなかったらしい)、出来るようになった「色塗りワーク」を家でやって、音符を先に覚えてしまっているようです。譜読みが先!この子、多分視覚優位だろうなあと予想してます。子供となると特に、楽譜は(特にヘ音記号は)結構後まで読めない子も多いらしいので。また、歌詞の入っている楽譜を一番好むようになったので、言語も高いのかもしれません。今後、楽譜が読めることが自信になってピアノ続けられるといいなと思います。対して、好きな曲を弾きたいという気持ちが強い、甥のほうは聴覚優位だろうか。こうして身内にピアノ教えていることもあり、認知特性も生かしていけるといいなと思います。


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
電子ピアノ、修理待ち
2018年03月24日 (土) 13:03 | 編集
ひとつ鍵盤の鳴りが悪くなったので、修理を依頼して待っております。
これでは録音も出来ない。修理代、高くないといいけど。

現在、録音待ちの曲が
果てしなき世界(ドラクエ2)
戯れる春の光(田中カレン「愛は風にのって」)
です。
2~3月と4月は忙しくてどうにもこうにもだったんだが、なんとか集中して録音出来る時間が取れたところで故障(笑)
まあ、あせっても仕方ないので、次に弾く曲でも決めながら待ちます。

姪っ子のピアノ導入教材
2018年03月22日 (木) 11:07 | 編集
2歳で14和音を聴き分けるようになった姪っ子は、3歳になった。
しかし、近くのピアノ教室は4歳からがピアノレッスンになっているらしい。兄の甥っ子のほうは、そこに通っているわけだ。妹だけ別の3歳から教えてくれる遠い教室に通わせろとも言えないな。そんなわけで、残り一年間、ゆきなぎがレッスンを受け持つことになったというのが前回までのいきさつ。

まずは、テキスト選びの経緯。正直、何をどうしたらいいか分からなかったので、「ピアノ教本ガイドブック(山本美芽 著)」というのを購入。この中で、幼児から出来る導入教材をピックアップ。そして、幼少時に絶対音感が身につくには移調は良くないという話なので、移調ものは省いた。
他の教室などの情報も得るために、その教材がどんなものかも検索。あまりマイナーなものは情報が少ないので、初心者教師としては避けることにした。
今の3歳は主に、
・ゴーゴーピアノ&おんぷのおえかきワークブック
・ミッフィーのぴあの絵本
・うたとぴあのの絵本
・ぴあのどりーむ幼児版
・みんなだいすきリズムの本
などの導入教材を経て、オルガンピアノやピアノランド、ぴあのどりーむ1などの教材に入っていくらしい。
ふむふむ。
そして、書店で一緒に中身を確認。この中で、「ゴーゴーピアノ」「ミッフィー」「リズムの本」あたりだろうか、と、妹と相談する。
1.「ミッフィーのぴあの絵本」姪っ子は、ミッフィーが好きらしいから、これは外せないと。
2.「ゴーゴーピアノ」右手ドだけの曲から始まり、3歳前半でも使っている人の情報があった。
3.「みんなだいすきリズムの本」リズムを理解しやすい副教材。親が家で教えるのにも使われているようだ。
「おんぷのおえかきワークブック」は、「ゴーゴーピアノ」とセットで使われているらしいが、妹いわく、「雑な性格で、色塗りはぐちゃぐちゃにしてやる気なしだからボツ」らしい。でも、「記憶力はいいから音符は覚えられるだろう」とのこと。それで、「音符カード」を使うことにした。なんでも、2歳半からひらがなが読めるようになってきたとのことだった。ひらがなが読めるのは平均4歳かららしい。なら、譜読みは問題にならないかもしれない。

で、数日後実践。
ミッフィーは、家で、親が何度も弾かされたというだけに、「クラクション」という黒鍵を押すやつ、「とらんぽりん」というドを両手で跳ねるように弾くやつ、「あひるの行進」(ドレドレと弾く)というやつは出来てた。てか、「あひるの行進」はなぜか最初、左手の2と1の指で弾いていた。「右手だよ」というと、それも出来たけど、どうも、どの曲も、最初に左手が出ている。聞いてはいたけど左利きで間違いない!これは、左手の出てくるやつをはやめに導入したほうが励みになりそうだ。とミッフィーの2巻を購入してもらうことを決定。
次にゴーゴーピアノだが、ことばとリズムがよく合っているために、その感覚でリズムも理解してしまうようで小さい子向きというのがなるほどだった。リズムが正確なのと、ミッフィーの「あひるの行進」でレが弾けているので、ドだけのは飛ばしてレの部分に進むか、もしくは左手の出てくるミッフィー2巻に進むか、というところが現在の状況。
ちなみにこのミッフィーぴあの絵本で、音は何かの様子を表現するものだということを理解しているようで、「あひるの行進」の曲は、立って足踏みしてみたりしてたので、この教本は素晴らしいなと思った。あと、譜読みは予想通りで、カードを使う方法で、まず、ドからミまでは簡単に覚えてしまった。譜読みは得意になりそうだ。
家でも、ピアノの練習をしたがり毎日弾くそうで、これは、なかなかのピアノ弾きになるのではないかという予感がしてきた。これだったら、4歳でピアノ教室に入った時点で、すでにそこそこ弾けてるということにならんだろうか。成長が楽しみになってきた。ゆきなぎなんぞ、あっという間に追い越して欲しいものだ。天才とまでは思えないけれど、プチ天才くらいはあるかもしれない。

左利きのプチ天才ピアニストが小さな体でバッハを弾く、そんな夢を見てしまう。



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
ぼうけんのしょはきえてしまいました
2018年02月21日 (水) 00:23 | 編集
アップしようと録音していたものが消えてしまってました・・・
3曲ほど。
いや、正確には間違って消したのだろう。

しばらく呆然。まあ、覚えてるし弾きなおせばいいか。タイトルほど大げさなことではない。
でも、もし、10年分のピアノ記録データが全部飛んだら、タイトルな感じで、一瞬ピアノやめたくなるのかな~?とか考えた。

で、夜に10年日記を書きながら考えた。これ、間違って捨てたら死にたくなるのだろうか?人生リセット!

・・・くだらないこと考えてないで寝よう。


インフルエンザに罹りました
2018年01月26日 (金) 14:12 | 編集
インフルbに罹っておりました。これがもう、酷い酷い。
熱がしつこくぶり返す、でやっと下がってきたかと思ったら吐き気がする。そんなで5日ほどまともに飯食わず。
今年、とりわけこっち(九州)方面ではbが主流になっているようで。病院は激しく混んでいて、次々にインフルエンザと診断されている声が聞こえている状態。

今年のbはとりわけ重いのか、予防接種していても39度の熱で5日寝込んだ人もいたし、病院で吐いたり、歩けず車椅子に乗った人もいた。
自分は、予防接種してなくても38度台ですんだからまだましなのか。ただ、手洗いとかうがいとか、マスクとかなり気をつけていたのにうつるのは、感染力が強い。まあ、職場で流行ったからなあ。

で、今日やっと回復してきて、少しピアノ弾いてみたが、なんか手が震えている笑
5日まともに飯食ってないから!
未だに食べたくないけど、そんなわけにもいかないか。これじゃまともにピアノも弾けない。犬の散歩もあるし・・・仕事も。

まあ、地道に復活していきます。
Template by 【投資信託のことなら】投信Web /

Powered by .