Calm breathing
独学ピアノの記録
しばらく記事も書けませんでしたが
2017年03月23日 (木) 09:51 | 編集
3月で多忙です。ピアノを1日10分程度弾くのが精一杯の日々です。
しかし、「永遠の豊穣」の完成度が上がってきてます。実質練習期間7ヶ月近くなります。最初は、ミスいっぱいの不安定演奏でアップが精一杯かと思っていましたが、精度も速度も上がってきました。バッチリ弾けるようになってからアップしようかと思います。
あとは、バーナム・ピアノテクニックについての記事も書く予定です。(読みたい人は少数だろうが、書きたいので書く。)
では、また、しばらく後ほど。
ちょっと思い出話など
2017年02月25日 (土) 15:54 | 編集
くださんが以前のサイトの小説を読んで感想をくれて、その話になったことから色々と思い出したことがある。
2つ前のサイトのころだった。つまり、ブログを始めたころ。
まずは、ブログをはじめたきっかけからだが・・・
アメリカ留学から体調不良が原因で帰ってきて、これからどうしようかと思っているところで、気分転換にハンゲームの麻雀(当時は実力がはっきり現れるやつで気に入っていた)をやり、麻雀サークルに入ったのがきっかけだった。そこで、麻雀関係の人が訪問するようになったところで、なんとなく、「星の結晶」という小説を書き始めたら面白いとウケた。それから、しばらくして入ったのが小説サークルである。
そこは、本気でプロになりたい人々が多く集まっていて、読み手もそれなりにいた(書き手が20~40、読み手が30くらいだったのかな。居ても参加あまりしない人もいたから良く分からない)。今考えてみれば、だいぶ場違いだったのかもしれない。でも、とにかく書いたり読んだりするのが楽しかったし、純粋に読んでもらえるのが嬉しくて小説を書いて投稿した。そしたら、2作目で、最優秀賞を頂いた。それが、前サイトの「エリート・サラリーマン」だった。
それから、当時はなんでこんな皆こわいんだろう??と素で思っていたが、今思えば、やっかみもあったのかもしれない。小サークルといえど、皆本気なんだから、「趣味で書いてみました^^」で、いきなり賞をとったから風当たりが強くなったのかもしれない。次の作品では、暴言メールまできた。
しかし、代表者の人(とても、真剣に小説を勉強している方で、書評・感想も素晴らしかった、こうすればもっと良い作品になるということをよく書いてくれていて、どれもとても納得だったし、次の作品につなげる参考になっていた。)は、「あの場では言わなかったが、荒削りでまだまだ改善の余地はたくさんあるとしても、あの中では、君の作品がダントツだったと思った。」と言ってくれたのが3作目の「灰色の翼持つ美しき者たち」である。
サークル内でのコメント欄は荒れたし、その後も、ゆきなぎの作品についての別スレッドで、詩なんかも、一般受けしないだの、自分の世界だけのナルシストだのなんだのとごうごうと批判されて怖かった。そんなわけで以前のことを思い出すと憂鬱になるし、また同じことがあってもいやなので、ずっと非公開にしていたが、くださんがエリート・サラリーマンを読んでくれたことからの話の流れで再び公開しておくことにした。今思えば書いてよかったと思うということもあり。
この「灰色の翼~」は他にも、メールでめっちゃ泣いたと感想をもらったこともあった。ある人からもチャットで、「灰色の翼もそうだけど、他の作品の詩(エリート・サラリーマンの小説ではなくて詩のほうで、これも評判が悪かった)を読んだときに、なんだか、いきなり涙があふれてとまらなくなったけれど、そんなこと恥ずかしくてその場では言えなかった。あなたが書いているのはそういう作品なんだ。」と言われたことがあった。たぶん、ヒットする人にはヒットするけど、何も感じない人はどうも思わない。そんな類のものではないか?という話だった。

今読み返してみたら、自分は、適応障害なんかにもなりやすい性格だし、ウツ気質で落ち込むことも多いけれど、ふと、「ああ、こういうこと書いてたなあ、自分を粗末にしたらいかんな。」と少し立ち直れた気がする笑
さて、その後は小説はどうしたか書いていたのか?というと、「死の袋持つサンタクロース」というのを書いて、それ以降、ろくに完結するのは書いてない。すっかりピアノにシフトしてしまったし。
以上、小説を書いていたころの思い出話でした。

↓数年ぶりに今後公開設定にしておきます。まあ、読む人はほとんどいないだろうけれど、自分の心の問題として。





にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
永遠の豊穣 途中経過2
2016年11月04日 (金) 23:14 | 編集


他の曲を練習しながらなので、なかなか進まないが地道に練習しております。

元々が黒鍵アレルギーのため、53秒のところからの右手が非常に苦労したのだけれども、そのあたりが一応弾けるようになったのでアップしてみた。左手はオクターブ連打なだけなのでそんなに難しくない。だんだん右手の動きの多い曲が苦しく感じるようになってきたのは本来が左利きのせいだと思う。この続きのところは、ゆっくりになるので問題ないのだが、その前でミスしたので嫌になって止めた。
全体的に速度もアップしたが、ミスタッチはまだ多い。
ただ、黒鍵については、ちょっと指を寝かせて指の腹側で弾く様にするとだいぶ弾きやすくなった。

この曲は、自分の実力でギリギリ仕上がるか仕上がらないかの瀬戸際のような曲だと思う。まあ、あと半年くらいかけてやってみようと思う。たぶん、ヤマ(転調からの黒鍵部分)は越えたと思うので。

カメラは、猫が落としてから時々止まるときがあるのと、古いからか画像も良くない。
個人的には、自分の場合は画面はほとんど見ないで音だけ聴くほうなのだけれども、動画の方がいいという人もいるので、たまには動画にします。でも、カメラが止まってしまった時で撮りなおしたくない時は音源だけのままでいきます。


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
アラベスク改造企画に参加して
2016年10月13日 (木) 22:55 | 編集
びこさんの「ピアノ雑記帳♭」にての企画「アラベスク改造企画」に参加しました。皆の作品、とても面白くて笑いながら聴かせて頂きました。こういう遊び企画、好きですね!

ゆきなぎ編曲・演奏作品↓

こちらについて少し語れば、好きな古典風変奏曲(モーツァルトのきらきら星変奏曲のような)にしようと思ったのがはじまりでした。だが、ブルグのアラベスクはロマン派なので、無理してしようとするとおかしなことになるかと思ったところで、ロマン派的変奏曲、中田喜直さんの「変奏的練習曲」を思い出し、そういう構成をプラスしてと思いました。
それにしても、楽譜を書くのが面倒になって、結局断念して、曲の流れだけ紙に書いて練習しました。なので、途中で「ここイマイチ」とか思って変更して、練習しなおしになったりで時間がかかりました。かなり音が飛ぶので、跳躍失敗とかで録音しなおしたり、同音連打の音ムラが気に入らなくて録音しなおしたり、自分で編曲しといてまともに弾けないとか何やってんだwという気分になりましたね笑
でも、出来上がったときは嬉しく、発表会で他の人の作品を見る・聴くのが何より楽しかった!かなり笑えました。

さて、アラベスクというと、どうしても小学校の頃を思い出します。こんな思い出です。(以前のブログで少し書いたことがあったけれど。)

その時のクラスは、偶然に、ピアノやエレクトーンを習っている人が多いクラスだった。
ある日の音楽の授業の後、クラスのピアノとエレクトーンを習っているAが、アラベスクの出だしを弾いていた。そこに、Bがやってきて、「そのくらい簡単にひけるさ!」と割り込んで出だしを乱暴に高速で弾く。Bは普段から、ムダに競争心強くてウザいやつで、関わりたくもなかったので内心「初めて聴いた、いい曲だけど、なんかだいなしだ」と思ったに過ぎなかった。
その後、しばらく風邪をひいて学校を休んだのだけれど、半分くらい治って登校すると、Aから「ゆきなぎもエレクトーン習ってるんだってね、聴きたいから音楽室に放課後来てくれ。」と言われた。で、病み上がりで厚着した格好でゲホゴホしながら音楽室に行き、待っていたAの前で、最近合格したばかりの曲を弾いた。するとAは、「俺(サマ)はお前よりずっと難しい曲を習ってるんだぜ!」とかなんとか言った。僕は「ふーん、そうか」と言った。Aは鼻息荒く去っていった。僕は、ゲホゴホしながらも音楽室に行ったのが何か空しくなった。
他にも、時期はずれるが、クリスティアン・ペッツォルト作(近年までバッハ作と思われていた)のメヌエットをクラスのCが弾いていたので、「いいなあ」と真似して弾こうとしたら「弾くなよな!」とやたら怒っていたり、「エレクトーンよりピアノが歴史あるから上なんだよ!」とか言われたことがあったので、「なんや?ピアノやっているやつは嫌なやつばっかか?」と思っていた記憶がある。エレクトーン教室は和やかで、発表会の練習の順番待ちの間、バドミントンをして遊んでいたりして楽しかったから、なおさらだった。
しかし、それでも、アラベスクという曲は名曲として、心の中に残っていた。

今思えば、ABCの全員が、ピアノが好きじゃなかったんじゃないだろうか?と思える。
そんなことを思い出しながらも、ピアノを初めることになろうとは、その時は夢にも思わなかった。

ピアノを初める直前でさえ、エレクトーンはもう買えないから、キーボードに足鍵盤で妥協しようかと考えていたところ、電子ピアノが安いし、音色も変えられる!と知ってピアノにしてみたのが最初だったのだから。

そして、現在に至る。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
「永遠の豊穣」途中経過音源
2016年09月08日 (木) 19:33 | 編集
クリックで聴けます→「永遠の豊穣・練習中
今のところ3分の1です。ミスタッチしてて汚いですが、アップしてみました。
最後の部分からが、また第2の難関です。黒鍵だらけで。
弾けない弾けないと思いながら続けていたら、だんだん形になってきました。
この調子で頑張ります!
1か月で3分の1。あと3か月で仕上がるといいな。


Template by 【投資信託のことなら】投信Web /

Powered by .