Calm breathing
独学ピアノの記録
ちょっと思い出話など
2017年02月25日 (土) 15:54 | 編集
くださんが以前のサイトの小説を読んで感想をくれて、その話になったことから色々と思い出したことがある。
2つ前のサイトのころだった。つまり、ブログを始めたころ。
まずは、ブログをはじめたきっかけからだが・・・
アメリカ留学から体調不良が原因で帰ってきて、これからどうしようかと思っているところで、気分転換にハンゲームの麻雀(当時は実力がはっきり現れるやつで気に入っていた)をやり、麻雀サークルに入ったのがきっかけだった。そこで、麻雀関係の人が訪問するようになったところで、なんとなく、「星の結晶」という小説を書き始めたら面白いとウケた。それから、しばらくして入ったのが小説サークルである。
そこは、本気でプロになりたい人々が多く集まっていて、読み手もそれなりにいた(書き手が20~40、読み手が30くらいだったのかな。居ても参加あまりしない人もいたから良く分からない)。今考えてみれば、だいぶ場違いだったのかもしれない。でも、とにかく書いたり読んだりするのが楽しかったし、純粋に読んでもらえるのが嬉しくて小説を書いて投稿した。そしたら、2作目で、最優秀賞を頂いた。それが、前サイトの「エリート・サラリーマン」だった。
それから、当時はなんでこんな皆こわいんだろう??と素で思っていたが、今思えば、やっかみもあったのかもしれない。小サークルといえど、皆本気なんだから、「趣味で書いてみました^^」で、いきなり賞をとったから風当たりが強くなったのかもしれない。次の作品では、暴言メールまできた。
しかし、代表者の人(とても、真剣に小説を勉強している方で、書評・感想も素晴らしかった、こうすればもっと良い作品になるということをよく書いてくれていて、どれもとても納得だったし、次の作品につなげる参考になっていた。)は、「あの場では言わなかったが、荒削りでまだまだ改善の余地はたくさんあるとしても、あの中では、君の作品がダントツだったと思った。」と言ってくれたのが3作目の「灰色の翼持つ美しき者たち」である。
サークル内でのコメント欄は荒れたし、その後も、ゆきなぎの作品についての別スレッドで、詩なんかも、一般受けしないだの、自分の世界だけのナルシストだのなんだのとごうごうと批判されて怖かった。そんなわけで以前のことを思い出すと憂鬱になるし、また同じことがあってもいやなので、ずっと非公開にしていたが、くださんがエリート・サラリーマンを読んでくれたことからの話の流れで再び公開しておくことにした。今思えば書いてよかったと思うということもあり。
この「灰色の翼~」は他にも、メールでめっちゃ泣いたと感想をもらったこともあった。ある人からもチャットで、「灰色の翼もそうだけど、他の作品の詩(エリート・サラリーマンの小説ではなくて詩のほうで、これも評判が悪かった)を読んだときに、なんだか、いきなり涙があふれてとまらなくなったけれど、そんなこと恥ずかしくてその場では言えなかった。あなたが書いているのはそういう作品なんだ。」と言われたことがあった。たぶん、ヒットする人にはヒットするけど、何も感じない人はどうも思わない。そんな類のものではないか?という話だった。

今読み返してみたら、自分は、適応障害なんかにもなりやすい性格だし、ウツ気質で落ち込むことも多いけれど、ふと、「ああ、こういうこと書いてたなあ、自分を粗末にしたらいかんな。」と少し立ち直れた気がする笑
さて、その後は小説はどうしたか書いていたのか?というと、「死の袋持つサンタクロース」というのを書いて、それ以降、ろくに完結するのは書いてない。すっかりピアノにシフトしてしまったし。
以上、小説を書いていたころの思い出話でした。

↓数年ぶりに今後公開設定にしておきます。まあ、読む人はほとんどいないだろうけれど、自分の心の問題として。





にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
ロマンシングサガ シフ
2017年02月18日 (土) 01:02 | 編集
お久しぶりです。
ロマサガの曲アップもお久しぶりになりました。
この間書いた、ピアノを教えることになった件で、調べ物とかしていたために、なかなか記事が書けませんでした。

ロマンシングサガ よりシフのテーマです。


シフとは、8人の仲間キャラクターの一人。
極寒の地に住み、狩猟生活をしている勇猛な女戦士です。

やはり、ロマサガの曲は、こういう音色が合う曲が多いなあ。
この曲は難しくはなかったけれど、なんとなくの思い込みで弾いていると和音間違えた!となりやすかったです。

ピアノを教えることになったことで、もう少しメジャーなやつや、実質役に立つようなものも一通り弾いておかないとなあ、と思い、今、バーナムを買ってさらっているところです。その他、有名曲にしても、「マイナー厨だから知らんし」じゃ済まないこともあるだろうと思ってですね。
それで名曲集なんかも買ってさらっておこうかと思っているところです笑 もちろん、アップはしません。「思い入れはないけど、音を鳴らしてみました」状態でアップするとかどうかと思うので。(指錬練習曲ならそれでもいいかと思いますが。「バーナムを聴いたら感動して涙が出た」という人はさすがにいないと思うので笑)




にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
Miyoshiピアノ・メソード 4巻 全曲録音終了。ピアノを教えることになった話。
2017年01月25日 (水) 23:53 | 編集

練習曲66 いきかう よろこび
練習曲67 かなしみの うみ、なぐさめの かぜ

「いきかうよろこび」はト長調。1拍遅れて、右手・左手の旋律の受け渡しがくるのは、幸せの受け渡しだと思いました。なかなか2声全ての音を意識するのは難しいように、幸せであることを意識するのは難しい。よろこび、といいつつ複雑な曲なのは、幸せには、要素の重なり合いやタイミングが必要であるから・・・などと考えて弾きました。

「かなしみのうみ、なぐさめのかぜ」はホ短調。左手が海、右手が風、です。

これにて、Miyoshiメソード4巻終了です。次は5巻に続きます。

最近、あまり更新できなかったのは、忙しかったことと、風邪引いたことと、それから、仕事関係の人から「子供にピアノを教えて欲しい」と頼まれ、引き受けたからです。まあ、そんな大げさなことではなく、弾いて楽しい曲を弾く手伝いといったところと、楽譜の読み方を教えるという話をしました。カワイのアップライトを新品で購入したばかりということで、「永遠の豊穣」を弾いてきたのですが、とても弾きやすかったです。手持ちデジピがカワイのCA65だからとりわけ違和感ないのだろうなあと。鍵盤はアップライトの方が少し軽く感じました。




にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
新年あけまして Miyoshiメソード4 練習曲64,65
2017年01月06日 (金) 19:20 | 編集

なかなか更新できず、前回からだいぶ間が開きましたが、まず、「あけましておめでとうございます。」

練習曲64の「みぃつけた川辺のはな」(ト長調)は、花を見つける、近づく、見て嬉しい、摘まずにそっと去っていく、またあした~
って感じを想像して弾きました。
練習曲65の「かなしみ おやすみ」(ホ短調)は、右手が話しかける、左手が共感し頷く、そして、おやすみという感じを想像して弾きました。

なんか、このメソードやっていると、各調が好きになっていきます。この調子で、調合の多いやつにもなじめてくるかなと思います。三善先生がどこかで、他の調を学ぶことは、別の大陸を旅するようなものだ、的なことを言っていた記憶があり・・・ああ、いかんな~、ニュアンスだけでうろ覚えの癖に、その感動と印象だけ心に残っている;・・・とにかく、調は1つ1つ特性・個性があるということなんだなと解釈してました。

このMiyoshiメソード4は次回で最終回です。次は5に続きます。
その前に、永遠の豊穣をアップしたいところですが。

さて、新年の目標だけれど。
現在、弾きたい曲をリストアップしていて、レベル別に分けております。
ピアノをする目的は、好きな曲を弾きたいというのと同時に、技術的にもどこまで弾けるようになるか、というチャレンジの面もあります。

現在は、「あるピアニストの一生」の田所先生のところでのレベル18くらいなんですが、今年は20までチャレンジしてみようと思います。

好きな曲を弾く、というのは目標というよりはピアノやってるなら通常そうだろ、という感じなので、目標としては、この「レベル20クリア」を目指してみようかと。ゲーム好きとしては、数字になっていると燃えます!
ただ、これは、1曲弾いても、たまたま得意なジャンルで弾けたとかでクリアにはならないと思うから、3~4曲くらい違った感じのを弾かないとダメそうですね。4期バラバラとか、表現重視のもの、指回りの必要なやつ、というバラバラさも必要かと。それと、当然、完成度を上げて弾くこと。やたら遅く弾くとかだと「クリアを目指す場合」は無意味なので。

なかなか自分で自分に無茶振りっぽいですが、まあ、やる気があるということです。
まずは、バッハ・シンフォニア2番(レベル19)、現在、譜読み開始してます。
「永遠の豊穣」効果か(今まで弾いた中でダントツ難しくて、練習期間実質5ヶ月というのに未だにミスが多い)、譜読みから易しく感じるけれど、そう思っていると仕上げは別物だったりして、あちこちでつまりかねないので、心して取り掛かってます。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
Miyoshiピアノ・メソード 4巻 練習曲62番、63番
2016年12月16日 (金) 23:18 | 編集

練習曲62 リングの舞い ソロと連弾をそれぞれ
練習曲63 茜色のエレジー ソロと連弾をそれぞれ

弾いて、オーバーダビングしました。
連弾は、先生のパートですね。

「リングの舞い」は、ト長調(好きな調です)で、何か中華風です。やたら、頭に残って、最近もよく歌ってしまいます。
「茜色のエレジー」は、ホ短調ですね。
このあたりの曲、実は、タイトルを自分でつけてみようと書かれていますが、最初に、つけられているタイトルを見てしまうと、ぴったりすぎて、それしか浮かばなくなってしまってます;
あんまり、想像力豊かでもないですからね;
ああ、想像力の勉強もするのがミヨシ・メソードだった・・・
5巻から頑張ってみよう。

しかし、曲が弾くほどにどれも好きになっていき、三善ワールドにはまるどころか、ついには三善晃つながりで、ラヴェルが気になって気になって聴き散らかし、楽譜まで買ってしまった次第です。(三善先生は、フランス印象派の影響を多く受けていて、ラヴェルの楽譜の解説を書いておられます。)

買ったのは「クープランの墓」だけど、弾けるのあるかな~。フランス・バロックのクープランは好きで、弾いたことあるけれど、それとはまったく違う。クープランの墓の3曲目、フォルラーヌあたり、候補に入れておこうかな。しかし、これ、弾くとなると「ジャズ寄り」「舞曲」「官能的」とか書いてあって、ジャンルじゃなくね?と思ったりもしたけど、それでも「新古典主義のフランス印象派」と言われているだけに、そして、聴いた感じとしても、そこまで抵抗なく弾けるんじゃないか(技術が追いつけば笑)・・・と思いました。

そして、さらに、近現代ものつながりで、ショスタコーヴィチを聴いていたら、やっぱり楽譜を買ってしまいました。「24のプレリュード」。どんどん、弾きたい曲がたまっていってます。

でも、長らくかかった、「永遠の豊穣」がラスト・スパートに入り、これ仕上がったらいろいろ弾いていけそうです。


以前、関心を持たなかったブログ村ランキングに参加したのは、Miyoshiピアノ・メソードの紹介を兼ねてのことです。


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
Template by 【投資信託のことなら】投信Web /

Powered by .